4月7日『菜の花とあさりのお浸し』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「春のお浸し」です。
春の食材といえば、菜の花、独活、筍、蕗などがあります。みずみずしい野菜の新鮮な苦味は消化を助ける成分が多く、これらの食材に共通するのは「苦味」。そこで今回はその美味しさを知って頂くレシピをご紹介します。

4月7日のお料理は・・・、『菜の花とあさりのお浸し』

44hal_20190319-5R3A3662_Canon

では、〈菜の花とあさりのお浸し〉の作り方です。※2人分
用意するもの
〈菜の花とあさりのお浸し〉
・菜の花          8本
・独活         長さ8センチ
・あさり        200グラム
・胡椒          少々
浸し地
・水          300cc
・淡口醤油        20cc
・酒           20cc
・出汁昆布(4センチ角)  1枚
・塩           少々

44hal_20190319-189A3925_Canon
作り方
1)菜の花を穂先と下茎に分け、5センチ長さに切る。2パーセントの塩を加えた70度の湯に菜の花の下茎の部分を1分浸してから穂先を入れ、1分茹でて水に取り、粗熱を取り、水気を絞る。
※70度のお湯は1000ミリリットルの沸騰したお湯に、その半分の500ミリリットルの水を足すと簡単にできる!
2)独活は皮を厚めにむいて縦半分に切り、縦3ミリ幅の短冊に切る。
3)あさりの殻を水の中でこすりながら洗う。
4)鍋に水、淡口醤油、酒、出汁昆布とあさりを入れて火にかける。あさりの口が開いたら布で濾す。
5)濾した汁に独活を加えてひと煮立ちさせて火を止め、あさりの身を殻から外したものを加えて一緒に浸しながら冷ます。
6)粗熱が取れたら、菜の花も加えて一緒に浸す。
7)これを器に盛り、胡椒を振る。
44hal_20190319-189A3928_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
「アクと苦味があるからまずい!」ではない!
調理によってアクと苦味を適度に抜くことが大事!
適度なアクと苦味がうまみに変わる!
茹ですぎるとまずくなります。
70度でさっと茹でることで、ちょうどよい苦味と辛味を感じられます。
おひたしにすることで、春らしい食感を感じられますよね。

44hal_20190319-189A3922_Canon

お味見くにまる
うまい!
菜の花から苦味と辛味が感じられますね。

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

うまみを殺さないのが、淡口醤油。淡口醤油が素材のうまみを見事に引き出してくれています。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190319-189A3919_Canon

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。