9月15日「鮭きのこあんかけ」

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「秋のきのこあんかけ」です。
あんかけにすると、とろみの効果でおいしさがアップします。そのことを皆さんに知っていただきたくて、このテーマを選びしました。

 

9月15日のお料理は・・・、『鮭きのこあんかけ』

44hal_20190822-5R3A4062_Canon

では、〈鮭きのこあんかけ〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・生鮭(切り身)    2切れ
・椎茸         2個
・しめじ       30グラム(1/3パック)
・舞茸        30グラム(1/3パック)
・えのき       30グラム(1/3パック)
・長葱       1/3本
・小麦粉     小さじ1
・サラダ油       適量
【出汁】      200cc
※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、削り節5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の出汁昆布を1分間浸して濾す
・淡口醤油    大さじ2(30cc)
・みりん     大さじ1(15cc)
・おろし生姜   小さじ1
【水溶き片栗粉】
・片栗粉     大さじ1.5
・水       大さじ2(30cc)

44hal_20190822-189A4119_Canon

作り方
1)鮭は薄く塩をふり10分置き、表面に出てきた水分を洗って水気を拭く。
2)椎茸は石突きを落としスライスし、しめじは石突きを落とし適当な大きさにほぐし舞茸は手で小房にほぐす。えのきは、石突きを落とし半分の長さに切る。きのこ類を全て合わせ、熱湯にサッと浸してザルに上げ、水気を切る。
3)長葱は小口切りにして布巾に包み、流水の下でもみ洗いをして絞り、洗い葱を作る。
(※洗い葱・・・細かく刻んだねぎを、水でさらし、ぬめりを洗い流して水分を切ったもの)
4)鮭に小麦粉をまぶし、フライパンに薄く油をひき両面をゆっくり焼き上げる。
5)大さじ2の片栗粉を大さじ1.5の水で溶いて、水溶き片栗粉を作っておく。
6)鍋に出汁、淡口醤油、みりん、きのこ類を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、あんをつくる。
7)器に鮭を盛りあんをかけ、洗い葱、おろし生姜を添える。

44hal_20190822-189A4128_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
あんの作り方は、出汁に対して、およそ7分の1の淡口醤油とさらにその半分のみりんを合わせて火にかけ、片栗粉でとろみをつけるだけです。
淡口醤油があるだけで、家庭料理が簡単に作れます。使わない手はないですね。
今回は、季節の魚を使いました。生鮭なので、ちょこっと塩をします。
きのこは湯通しすることで、雑味が取れます。

44hal_20190822-189A4113_Canon

お味見くにまる
前回は、揚げ豆腐で、今回は鮭。主役が変わるとあんかけの味わいも変わりますね。
料理を1ランクアップさせるなら、きのこの湯通しが大切なんですね。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190822-189A4108_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

9月8日「揚げ豆腐きのこあんかけ」

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「秋のきのこあんかけ」です。
あんかけにすると、とろみの効果でおいしさがアップします。そのことを皆さんに知っていただきたくて、このテーマを選びしました。

 

9月8日のお料理は・・・、『揚げ豆腐きのこあんかけ』

44hal_20190822-5R3A4042_Canon

では、〈揚げ豆腐きのこあんかけ〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・豆腐      400グラム(1丁)
・椎茸        2個
・しめじ      30グラム(1/3パック)
・舞茸       30グラム(1/3パック)
・えのき      30グラム(1/3パック)
・長葱      1/3本
・片栗粉    小さじ1
・サラダ油      適量
【出汁】      200cc
※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、削り節5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の出汁昆布を1分間浸して濾す
・淡口醤油    大さじ2(30cc)
・みりん     大さじ1(15cc)
・おろし生姜   小さじ1
【水溶き片栗粉】
・片栗粉     大さじ1.5
・水       大さじ2(30cc)

44hal_20190822-189A4100_Canon

作り方
1)豆腐は8つに切り、ザルに乗せて水切りをする。
2)椎茸は石突きを落としスライスし、しめじは石突きを落とし適当な大きさにほぐし、舞茸は手で小房にほぐす。えのきは、石突きを落とし半分の長さに切る。きのこ類を全て合わせ、熱湯にサッと浸してザルに上げ、水気を切る。
3)長葱は小口切りにして布巾に包み、流水の下でもみ洗いをして絞り、洗い葱を作る。
(※洗い葱・・・細かく刻んだねぎを、水でさらし、ぬめりを洗い流して水分を切ったもの)
4)豆腐に小さじ1の片栗粉をまぶして170度の油で揚げる。
5)大さじ2の片栗粉を大さじ1.5の水で溶いて、水溶き片栗粉を作っておく。
6)鍋に出汁、淡口醤油、みりん、きのこ類を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、あんをつくる。
7)器に揚げた豆腐を盛り、あんをかけ、洗い葱、おろし生姜を添える。

44hal_20190822-189A4103_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
あんを乗せるのと乗せないのでは、美味しさが全然違います。なめらかさが出て、美味しさは倍増します。これが普通の液体のたれだとこうはなりません。
きのこあんかけと揚げ豆腐、2層を一体化させて味わえるごちそうなんですね。
あんの色も淡口醤油だから美しく仕上がります。普通の醤油だとこの色は出せません。味も淡口醤油がバランスよくまとめてくれます。
素材の色が出ますよね。淡い味がおいしい時代になってきました。昔は物流が良くなかったので、濃い味つけでした。今は、物流が良いのさっぱりした味わいが良いんです。

44hal_20190822-189A4097_Canon

お味見くにまる
淡口醤油だからあんの色が鮮やかで美しいですね。
淡味(たんみ)、淡い味わいです。
洗い葱を添えるだけで、品が良くなりますね。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190822-189A4091_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

9月1日「夏の冷やしス―プおさらい」

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の冷やしス―プ」です。
栄養もしっかりと摂れて、作るのも簡単!冷蔵庫に冷やしておけばいつでも食べられるので、ぜひ、皆さんに作っていただきたいレシピをお教えしていただきました。

44hal_20190717-5R3A3960_Canon

8月4日のお料理は・・・、『冷やしトマトスープ』

44hal_20190717-5R3A3981_Canon

8月11日のお料理は・・・、『豆乳冷や汁』
44hal_20190717-5R3A4000_Canon

8月18日のお料理は・・・、『枝豆冷やしスープ』
44hal_20190717-5R3A4011_Canon

8月25日のお料理は・・・、『冷やし胡瓜スープ』
44hal_20190717-HF7A0475_Canon

邦丸:夏の冷やしスープ、淡口醤油との相性も良かったですね。

野崎:夏野菜との相性も良いです。素材の味を邪魔しないし、スッキリしていて口離れが良い味に仕上がります。
44hal_20190717-HF7A0481_Canon

邦丸:夏の冷やしスープというと作るの難しそうに思いましたけど、どれも簡単でしたね。

野崎:特に豆乳冷や汁は、豆乳、水、淡口醤油を合わせて火にかけ、冷まして具材を入れるだけ。作らない手はないです。

邦丸:どれも以前のブログに作り方が載ってますので、ぜひ作ってみてください。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190717-HF7A0468_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

8月25日『冷やし胡瓜スープ』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の冷やしス―プ」です。
栄養もしっかりと摂れて、作るのも簡単!冷蔵庫に冷やしておけばいつでも食べられるので、ぜひ、皆さんに作っていただきたいレシピをお教えしていただきました。

 

8月25日のお料理は・・・、『冷やし胡瓜スープ』

44hal_20190717-5R3A4011_Canon

では、〈冷やし胡瓜スープ〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・胡瓜                  1本
・じゃがいも(茹でて裏ごししたもの) 100グラム
・出汁                200cc
※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、削り節5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の出汁昆布を1分間浸して濾す
・淡口醤油               10cc
・蓴菜(じゅんさい)           適量
・なめこ(缶詰/ボイルしてあるもの)   適量
・長芋                  適量

44hal_20190717-HF7A0454_Canon

作り方
1)胡瓜はすりおろして水気を絞る。じゃが芋は皮をむいて茹でて裏ごしする。
2)ボウルに出汁、淡口醤油と裏ごししたじゃが芋を加え、すりおろした胡瓜を加えて混ぜる。
3)蓴菜は熱湯に入れてひと煮立ちさせ、ザルに上げ氷水に取り、水気を切る。
4)長芋は1センチ角に切り、なめこは汁気を切る。
5)器に汁を張り、蓴菜、なめこ、長芋を乗せる。

44hal_20190717-HF7A0460_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
水分の多い夏野菜は、冬の根菜類と違ってじっくりと火を通す必要はありません。野菜を中心にした食事をするほうが食べやすく、暑さを乗り切る体作りにも役立ちますし、水分量が多いので、熱中症対策にもなりますね。
淡口醤油を加えることで、味がすっきり仕上がります。

44hal_20190717-HF7A0444_Canon

お味見くにまる
きゅうりはすりおろしてあるゆえに、食感がいいですね。
さっぱりしてます。
わずか10ccの淡口醤油味で味が整ってしまうんですね。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190717-HF7A0442_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

8月18日『枝豆冷やしスープ』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の冷やしス―プ」です。
栄養もしっかりと摂れて、作るのも簡単!冷蔵庫に冷やしておけばいつでも食べられるので、ぜひ、皆さんに作っていただきたいレシピをお教えしていただきました。

 

8月18日のお料理は・・・、『枝豆冷やしスープ』

44hal_20190717-5R3A4000_Canon

では、〈枝豆冷やしスープ〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・枝豆        150グラム
・牛乳        150cc
・水         100cc
・淡口醤油       15cc(大さじ1)
・粉ゼラチン       2グラム
・長芋(あられ切り)  15グラム
・胡瓜(あられ切り)  15グラム
※あられ切りとは…霰のように小さい立方体に切ること。

44hal_20190717-HF7A0431_Canon

作り方
1)枝豆は茹でて薄皮をとり、フードプロセッサーにかけて裏ごしする。
2)鍋に牛乳150cc、水100cc、淡口醤油15ccを合わせて火にかける。ひと煮立ちしたら枝豆を入れ、水(分量外)でふやかした粉ゼラチンを加えて煮溶かし、冷ます。
3)冷めたら器に張り、あられに切った長芋と胡瓜を散らす。

44hal_20190717-HF7A0424_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
枝豆は薄皮を取らないと渋味が残るので、取ってください。
このスープ冷蔵庫に入れておけば3日くらい持ちます。
日本料理は、なんでもかんでもかつお出汁を使えばよい、というものではありません。
今回は、食材と牛乳が出汁になっています。前回の豆乳冷やしスープでは豆乳が出汁になります。調味料をたくさん入れようとするからまずくなるんです。淡口醤油が少しの量で、おいしく仕上げてくれるんですよ。
44hal_20190717-HF7A0419_Canon

お味見くにまる
これはフレンチですね。
今回もうれしい裏切りです。 このとろみがちょうどよいですね。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190717-HF7A0415_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

8月11日『豆乳冷や汁』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の冷やしス―プ」です。
栄養もしっかりと摂れて、作るのも簡単!冷蔵庫に冷やしておけばいつでも食べられるので、ぜひ、皆さんに作っていただきたいレシピをお教えしていただきました。

 

8月11日のお料理は・・・、『豆乳冷や汁』

44hal_20190717-5R3A3981_Canon

では、〈豆乳冷や汁〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・豆乳(無調整)     100cc
・水           200cc
・淡口醤油         12cc(軽めの大さじ1杯)
・赤・黄・緑 パプリカ  各20グラム(それぞれ1/6個)
・玉葱           20グラム(小さい玉ねぎ1/8個)

44hal_20190717-HF7A0403_Canon

作り方
1)鍋に豆乳、水、淡口醤油を合わせて火にかける。
2)70度くらいになったら火から外し、冷ましておく。
※70度は、細かい泡が上がるぐらい
3)三色のパプリカは4㎝の長さにしてスライス、玉葱は横に半分に切りスライスしてサッと水洗いをし、水気を切る。
4)器に汁を張り、野菜(パプリカ、玉葱)を浮かべる。

44hal_20190717-HF7A0410_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
清涼感を感じませんか?
味付けが塩だと物足りないですが、淡口醤油をちょっと使うとちょうどよいです。
豆乳、淡口料理、水の割合さえ覚えておけば誰でも作れます。
パプリカや玉葱の代わりに、別の具材を入れてもよいですね。
44hal_20190717-HF7A0398_Canon

お味見くにまる
茶碗蒸しみたいです。
豆乳と水と淡口醤油だけ!なのに味わいが深い!
コクがあって深みがあるスープですね。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190717-HF7A0389_Canon

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

8月4日『冷やしトマトスープ』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の冷やしス―プ」です。
栄養もしっかりと摂れて、作るのも簡単!冷蔵庫に冷やしておけばいつでも食べられるので、ぜひ、皆さんに作っていただきたいレシピをお教えしていただきました。

 

8月4日のお料理は・・・、『冷やしトマトスープ』

44hal_20190717-5R3A3960_Canon

では、〈冷やしトマトスープ〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・トマト(小角に切ったもの)  200グラム
・水              200cc
・出汁昆布(3センチ角)      1枚
・淡口醤油            10cc(小さじ2)
・酢               10cc(小さじ2)
・大葉               適量
・生姜               適量
・長葱               適量

44hal_20190717-HF7A0385_Canon

作り方
1)鍋に小角に切ったトマトと出汁昆布と水を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を弱め5分煮て、火を止める。そのまま冷ます。
2)冷めたらトマトを潰したり無理に押したりせずに静かに細かいざるで濾す。
3)濾した汁を鍋に戻し、酢と淡口醤油を入れて味を調え、火にかけ酢を飛ばしてから冷まして、冷蔵庫で冷やす。
4)これを器に注ぎ、千切りに刻んだ大葉と長葱、生姜を盛る。

44hal_20190717-HF7A0378_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
酸味があるので、夏に持ってこいのメニューです。
夏は食欲が減退する時期。淡口醤油が美しい色に仕上げてくれるから食べたくなりますよね。
普通の醤油を使うと真っ黒くなりますが、淡口醤油だとそうはなりません。味も夏らしくスッキリしています。これも淡口醤油だからこその仕上がりです。
ゼラチン入れて、プルプルにして食べても良いですよ。
44hal_20190717-HF7A0373_Canon
お味見くにまる
皆さんもお作りになったら驚かれると思います。
味わいがめちゃくちゃ深いです。
見た目はかつおだしのお吸い物に見えますが、口に含むとしっかりトマトの味がします。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190717-HF7A0372_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。
 

 

7月28日『夏の簡単丼おさらい』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の簡単丼」です。
暑さで体力を消耗しやすい夏は、料理を作るのが億劫になりがちなので、夏は簡単に作れるものが良いですよね。そこで、時間をかけずに作れる夏の丼をお教えしていただきました。
44hal_20190620-5R3A3923_Canon

7月5日のお料理は・・・、『海老天玉丼』

44hal_20190620-5R3A3932_Canon

7月12日のお料理は・・・、『茄子そば丼』

44hal_20190620-5R3A3942_Canon

7月19日のお料理は・・・、『トマト豆乳ご飯』
44hal_20190620-189A4074_Canon

邦丸:今回は、暑い夏にご飯を食べようということで簡単丼を教えていただきました。

野崎:夏は冷たいものを食べると胃に負担がかかります。あったかいご飯が自分の体を温めるエネルギーになります。

邦丸:夏は食欲を減退するシーズンですけど、見た目が美しいから食欲がわきますね。

44hal_20190620-189A4080_Canon

野崎:くどくないですし、あっさり食べられます。淡い味で夏をさわやかに乗り越えましょう。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆]

44hal_20190620-189A4084_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。
 

7月21日『トマト豆乳ご飯』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の簡単丼」です。
暑さで体力を消耗しやすい夏は、料理を作るのが億劫になりがちなので、夏は簡単に作れるものが良いですよね。そこで、時間をかけずに作れる夏の丼をお教えしていただきました。

7月21日のお料理は・・・、『トマト豆乳ご飯』

44hal_20190620-5R3A3942_Canon

では、〈トマト豆乳ご飯〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・トマト   100グラム
・豆腐    1/3丁(100グラム)
・大葉      3枚
・生姜     20グラム
・分葱      1本
・卵       2個
・ご飯      2杯分
・豆乳    100cc
・水      50cc
・淡口醤油   20cc

44hal_20190620-189A4063_Canon

作り方
1)トマトは熱湯で皮をむいて一口大に切る。豆腐は手で崩してザルに上げる。生姜は粗みじんに切り、分葱は3センチの長さに切って水に放し、水気を切る。大葉は千切りにして水で洗い、水気を切る。
2)鍋に豆乳、水、淡口醤油を合わせ、トマト、豆腐、分葱、生姜を入れて火にかける。全体が温まったら溶き卵を回し入れ、半熟状になったら大葉を散らし、ご飯を盛った丼の上に乗せる。

44hal_20190620-189A4069_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
出汁を取るのがめんどくさいという人でも豆乳を水で割って淡口醤油を入れるだけ。これで簡単に作れますから作らない手はないと思います。
夏の食材の生姜はうまみと苦味があります。春の食材の苦味とは違いますよね。
水分の多い夏野菜は、冬の根菜類と違ってじっくりと火を通す必要もありません。
野菜を中心にした食事をするほうが食べやすく、暑さを乗り切る体作りに役立つと思います。
44hal_20190620-189A4054_Canon

お味見くにまる
トマトと豆乳で、こんな風になるんですね。
これは、ワンランク上のごちそうですね。

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、これまでのいろんな料理を簡単に作ることができます。淡口醤油がある食卓で、健康的な生活を送ってください。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190620-189A4052_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。

7月14日『茄子そば丼』

■毎週日よう日・11:05~11:15ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

野村邦丸アナ
毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

今回のテーマは、「夏の簡単丼」です。
暑さで体力を消耗しやすい夏は、料理を作るのが億劫になりがちなので、夏は簡単に作れるものが良いですよね。そこで、時間をかけずに作れる夏の丼をお教えしていただきました。

7月14日のお料理は・・・、『茄子そば丼』

44hal_20190620-5R3A3932_Canon

では、〈茄子そば丼〉の作り方です。※2人分
用意するもの
・茄子       4本
・蕎麦(乾麺)  40グラム
・オクラ      4本
・サラダ油     適量
・七味唐辛子    適量
・塩        少々
・ご飯       2杯分
【水溶き片栗粉】
・片栗粉   大さじ1.5
・水     大さじ2
【煮汁】
・出汁     150cc
※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、削り節5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の出汁昆布を1分間浸して濾す
・味醂    大さじ1(15cc)
・淡口醤油  大さじ1(15cc)

44hal_20190620-189A4042_Canon

作り方
1)茄子はガクを切って縦に4つに切り、3センチ幅に切る。
2)蕎麦はキッチンはさみで2センチ長さに切る。
3)オクラはガクを切って塩をこすりつけ、熱湯で茹でて小口切りにする。
4)フライパンにサラダ油をひき、茄子を炒める。
5)蕎麦は熱湯で硬めに茹でて冷水で洗い、水気を切る。
6)片栗粉を水に溶かして水溶き片栗粉を作る。
7)鍋に出汁、淡口醤油、味醂を入れ、茄子、蕎麦を加えて火にかける。ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみを付ける。ご飯を盛った丼の上にのせ、オクラを乗せて、七味唐辛子を振る。

44hal_20190620-189A4046_Canon

野崎さんからのワンポイント・アドバイス
夏はみょうが、しょうが、大葉など香り野菜がたくさん出てきます。鼻にスッと抜けるような香りと刺激のある苦味は、夏の暑さに負けそうな体をしゃきっとさせてくれます。
出汁と淡口醤油と味醂、これが日本人の好きな味なのです。そばは短くしてあるから食べやすいですよね。
44hal_20190620-189A4045_Canon

お味見くにまる
食べてみないとわからないですね。
おそばのあんかけと白いご飯は、合います。

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
夏は、キレの良いさっぱりした味やさらりと喉を通る料理が良いですね。淡口醤油ならスッキリした味わいに仕上げてくれます。

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

44hal_20190620-189A4036_Canon
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
メールの方は、usukuchi@rkbr.jpまで。

お葉書でもご応募いただけます。

あて先は

〒814-8585 RKBラジオ ヒガシマル醤油のうすくち道場プレゼント係まで。

来週もお楽しみに。