Monthly Archive for 4月, 2020

来年は「善光寺」「北向観音」、W御開帳!

来年の今頃は、W御開帳ですよ~。国宝・善光寺の御開帳が、令和3年4月4日5月30日の57日間で予定されています。
絶対秘仏のご本尊の代わりである前立本尊(まえだちほんぞん)が本堂に安置され、拝むことができる。
そして、この前立本尊の指に結ばれた糸が綱になり、本堂前に建てられる高さ10mの回向柱と結ばれ、柱を触ることで仏様とご結縁できるというありがた~い期間なのです。
善光寺の御開帳は、数え年の7年に一度=丑年と未年に行われます。
その善光寺以上に御開帳が少ないのが上田市別所温泉にある『北向観音』!
「住職が代わった時に一回だけ御開帳できる」ので、来年、60年ぶりとなるそうです。北向観音本坊・常樂寺の住職・半田真慈さんにお話を伺いました。
前住職就任の際は、東日本大震災の時だったので、御開帳が見送られたとのこと。
それで60年ぶりになるのです。なお、北向観音のご本尊も絶対秘仏。千手観音菩薩だそうです。
本堂正面の厨子の中の前立本尊と本堂前の回向柱が結ばれて…というのは、善光寺と同じです。
20200425-001 20200425-002
実は、「善光寺だけのお参りでは『片参り』。北向観音もお参りして『両参り』」と言われているんだそうです。
半田ご住職にお尋ねしたら、「民間信仰ですが、いつのころからか善光寺と北向観音の両方をお参りしたら『両参り』になると言われていますね。
善光寺の御本尊は阿弥陀如来様なので、来世の御利益をお願いするところ。
こちら北向観音は観音様なので現世の御利益をお願いするところですから、両方お参りすれば来世と現世、より御利益がある…ということになったのでしょう」と。
また「こちらは北を向いているお堂で、善光寺が南を向いているお堂で、“向かい合っている”と言われるようになったようです」とも。
では、このお堂は善光寺に向かって建てられたのか?という疑問が…。それには「ここは観音様の、『夜、歩いて旅する人が北斗七星を指針とするように、私も悩める人々のために北向に安置せよ』というお告げによって始まったお堂です。
善光寺に向けて建てられたか否か、それは定かではないんです。」と、ご住職のお答え。
でも、いわれについてのいろんなお話があるのが素敵です。
観音様がこの地に現れたお話も、すごくいいんですよねえ。
観音様の下から湧いている温泉水が御手水に使われているのも◎。
また山手ですので、上田市街地が眺められて景色も◎。
20200425-003 20200425-004
また、境内にある桂の木=ご神木も大切!川口松太郎の小説「愛染かつら」(田中絹代・上原謙で映画化)は、北向観音のこの桂の木と愛染堂をヒントに、別所温泉で書かれたものです。
1月取材のため写真は枝だけ・シルエットだけです。
すみません。別所温泉エリアは、鎌倉時代から室町時代にかけて作られた国宝や文化財の宝庫でもあります。
ぜひ、ゆっくりお訪ねください。
20200425-005 20200425-006
【放送を聞く】

□ 北向観音・常樂寺 → 
https://www.kitamuki-kannon.com/
□ 別所温泉観光協会 → 
http://www.bessho-spa.jp/
□ 信州上田観光協会 → 
http://www.ueda-cb.gr.jp/
□ 国宝・善光寺 → 
https://www.zenkoji.jp/
□ ながの観光Net → 
https://www.nagano-cvb.or.jp/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ 信濃大町観光なび → 
https://kanko-omachi.gr.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

「手作り味噌@マルコメ美麻高原蔵」完成!

昨年12月の「富永倫子と行く信州ツアー」で、体験した手作り味噌が仕上がりました~。
仕込みが12月12日。九州の気温から考えて4ヶ月くらい…GW前後を完成予定にしておりました。
おもしろいことに、同じ材料、同じ手順で仕込んだのに、仕上がり具合が違うんです。
写真左がコーナープロデューサー仕込み分(一軒家の床の間)、中央が富永倫子仕込み分(一軒家の玄関近く)、右が中島仕込み分(マンションの収納スペース)。
平均気温が最も高かったであろうマンション保存が、色も味も一番熟成が進んでる感じです。
やはり味噌は生きもの!
20200418-001
私たちが味噌づくりを体験したのは、大町市の「マルコメ美麻高原蔵」。
標高1000mのひんやりした場所です。長野市内のマルコメ本社工場で作られた味噌が運び込まれ、2年、3年と味噌が熟成されている場所です。
蔵の容量は2000トン。25mプール5つ分だそうです(笑)。
20200418-002 20200418-003
マルコメ(株)広報宣伝課の堀内紗綾香さんと技術伝承室の富永聡さんの指導の下、みんなで味噌づくり。
まずは、厚手のビニールに入れられた大豆=長野県産の「ナカセンナリ」を蒸したものを、手のひらですりつぶします。
ほんのりあったかくて気持ちいい~。大豆が、もふっ、もふっとつぶれていきます。
20200418-004 20200418-005

20200418-006 20200418-007
さらに、米麹と塩を入れ混ぜ、種味噌を入れ混ぜ、混ぜ、混ぜ…。
20200418-008 20200418-009

20200418-010 20200418-011
まとめて、ケースに納めて、自分の名前と仕込み日を記入。
20200418-012 20200418-013

20200418-014 20200418-015
手の動きより口の動きの方が多い富永・中島でしたが、ツアー参加者の皆様は手も口も動く!実習室内がわいわい大賑わいでした。
20200418-016 20200418-0017

20200418-018 20200418-019
「仕込みから約4ヶ月後、できあがってすぐは“あっさりした味”」だと、堀内さん。
「味見してみて『この味が気に入ったからこの味をすっと食べたい』と思ったところで冷蔵庫に入れてください。
長く保存するなら冷凍庫でも大丈夫です。お味噌は凍りませんから。」とも。
ほかにも、「買ってきたパック入りのお味噌のてっぺんに載ってる紙と脱酸素剤はすぐ捨てて、ラップを味噌の上にぴったりくっつけておくのが正しい保存法」とか、「味噌にとって水分が大敵なので、味噌をすくう時は乾いた道具を使う」など、お味噌を傷めないための情報もたくさん教えていただきました。
20200418-021 20200418-021②

20200418-021③
手作り体験だけでなく、二年味噌と三年味噌の食べ比べも楽しい。
20200418-022 20200418-023
事前のレクチャーでも、味噌ができるまでの工程や日本の味噌文化についてもいろいろ教えてもらいましたよ~。
日本の8割は米味噌文化。麦味噌は0.5割。豆味噌も0.5割。合わせ味噌が1割。で、8割の米味噌のだいたい半分が長野県から出荷されているそうなんです。
長野県の味噌がシェアを広げたきっかけは関東大震災。
味噌屋が被災してつぶれてしまった関東圏に救援物資として送ったことから広がっていったんだそうです。
麦味噌文化の九州人にとって、信州味噌はしっかりorしょっぱいイメージかもしれません。
でも、いつものみそに信州味噌を混ぜると、これがいいんですよ~。
特に野菜たっぷり系の味噌汁には信州×九州味噌をおすすめしたい。
お近くのスーパーなどで、マルコメ味噌、買ってくださいませ。
20200418-024 20200418-025

20200418-026 20200418-027
【放送を聞く】

□ マルコメ美麻高原蔵 → 
https://www.marukome.co.jp/miasa/
□ マルコメ → 
https://www.marukome.co.jp/
□ 長野県公式観光サイト → 
hwwttps://w.go-nagano.net/
□ 信濃大町観光なび → 
https://kanko-omachi.gr.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

長野県県歌 「信濃の国」

『さわやか信州リポート』のコーナーテーマ曲は、「長野県人のほとんどが歌える!」といっても過言ではない「信濃の国」。
1番から6番まで、歌詞に長野県の自然、歴史、文化、偉人が網羅された、すごい歌です。
曲調は行進曲を思わせる歯切れのよいメロディーですが、4番だけは曲調が優雅なメロディーに変わります。
パーソナリティの山口たかし曰く「クイーンの『ボヘミアンラプソディ』みたいだ。逆ボヘミアンラプソディ」と。
そうそう。言えてる~。
20200411-001
県歌に制定されたのは昭和43年(1968年)。ですが、曲ができたのはもっと前。
明治33年(1900年)に完成しお披露目されています。ですから、今年は「信濃の国」ができて120年の記念の年なんです。
作詞は浅井洌(れつ・きよし)、作曲は北村季春(すえはる)。
二人が長野県師範学校の先生だった時に手がけた曲です。師範学校を出て教師になった人々が、長野県全体にこの曲を運び、浸透させていったのは間違いないでしょう。
20200411-002 20200411-003
曲が作られた背景には、もともと別の県が合わさってできた長野県ゆえ、県民全体の意識の一体感を下支えするものが必要とされていた…ということもあったようです。
実際、県を分かちかねない案件で県議会がもめた時に、傍聴席の市民が「信濃の国」を歌い出し、それが大合唱になっておさまった…ということもあったそうです。
20200411-004 20200411-005
また、長野オリンピックの日本選手団入場時の曲としても使われました。
今も、信州大学教育学部付属長野小学校の校歌として歌い続けられています。
長野県庁の新入職員さんの入庁式でも歌われるそうです。
そして、宴会の締めにも!福岡の長野県人会の集いでもフルコーラス歌ってます。
というか歌うことが会の目的のひとつです(笑)。
20200411-006 20200411-007
長野県出身の人に出会ったら、「信濃の国、歌える?」と聞いてみてください。
歌詞をフルコーラス憶えている人は少ないようですが、1番はその場で歌えるはず。
歌詞カードがあれば、6番までいけるでしょう。
なお、カラオケにも入ってるらしいです。
20200411-008 20200411-009
新型コロナウイルスの影響で、お出かけもかなわない日々です。
長野県観光機構が「家で過ごす時間を少しだけハッピーに…」という思いで、「家に居ながらにして少しでもお出かけした気分になれたり、この苦境が終息した後に行こうと計画している旅行のアイデアを膨らませていただいたり」できるプロジェクトを実施しています。
それが、SNSでの『#おうちでながの』プロジェクト。
長野県の美しい風景をいろんな方が投稿してます。ぜひ、ご覧くださいね。
20200411-010 20200411-011
【放送を聞く】

□ 信濃の国県歌制定50周年特設サイト → 
https://shinanonokuni.com/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

農産物王国・長野県

信州の農協=JA全農長野・福岡販売事務所所長の三澤謙一さん曰く「果物、野菜、きのこ、花…と、いろんなものがバランスよくそろってる感じ」という信州の農産物。
202000404-001

バランスよい中でも突出しているのが、まず、生産量が全国第2位のリンゴ。
さらに生産量全国1位なのが、レタス、白菜、セロリ、えのき!
202000404-002 202000404-003
福岡県を含め九州も農産物王国なので、だいたい地元+近県産でまかなえる…はずだけど、結構長野県産の農産物の存在感って大きいぞ。
その理由は「信州産の農産品の栽培期間が夏場が主」だということ。
7・8・9月そして10月くらいまで、全国的に長野県産のシェアが高くなるのだそう。
同じ品目でも出荷の時期が違うので、九州の産地が終わったあとを追いかけるように長野県産が始まる状況=「産地リレー」ができてるんです。
暖かくなるのが遅いので野菜の植え付けのタイミングも遅いでしょうし、果物類は花の咲く時期が遅いので、必然的に実がなるのも遅くなりますね。
果物は、スモモ系のプラムやネクタリン、さらにプルーン、ブルーベリー、桃、りんご、梨、ぶどう…と出荷されてきますが、「信州の果物は味が濃い」気がするんです。
その理由は「標高が高いので、涼しい。
と同時に昼と夜の温度差が大きいこと」だと、三澤所長。昼間、光合成によって作られた養分が、夜、蓄積されるのですが、涼しさゆえ十分蓄えられておいしさの元になるんですって。
これは野菜も同様だといえる。
202000404-004
取材中のJA全農長野の会議室で、気になるポスターを見つけてしまいました。
「りんご三兄弟」と「ぶどう三姉妹」。「りんご三兄弟」は、ラジオまつりでもおなじみになった長野県のオリジナル品種=『秋映(あきばえ)』、『シナノスイート』、『シナノゴールド』です。
しかし「ぶどう三姉妹」!?担当のJA全農長野・福岡販売事務所係長の久保田浩貴さんが「2022年、メジャーデビューです」と、にやり。
長女は、長野県オリジナル品種の『ナガノパープル』。巨峰から生まれた黒系ぶどうです。
次女は、長野県が全国一数量をもっているシャインマスカット。
さわやかな黄色系の人気品種ですが、長野県の場合は「見た目が35粒前後。
糖度は18度以上。基準を満たさず出荷したら、圃場すべて出荷停止」という、厳しい基準を設けてあるんだそうです。
そして三女が長野県オリジナル新品種の赤系ぶどう『クイーンルージュ』!まだ店頭に並んでない、市場も通ってない状況ですが、長女・次女を上回る糖度と次女並みの粒の大きさが期待されているそうです。
三姉妹とも種無しで皮ごと食べられるタイプ。
ぶどうファンならずとも要チェックの三姉妹です。
現在、三女を絶賛育成中ですので、三姉妹そろって出てくるのは2022年の予定です。楽しみ!
202000404-005
【放送を聞く】

□ JA全農長野 → 
https://www.nn.zennoh.or.jp/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/