富永倫子と行く信州旅~アルプス山岳郷で雪と温泉を楽しむ③

今回のツアー、雪と温泉だけでなく、おいしいものもたくさんいただきました。
そのひとつが信州ならではのおそばの食べ方=「とうじそば」。“とうじかご”という小さな竹籠に、ひと椀分くらいのおそばを入れて、鍋に突っ込んでしゃぶしゃぶして温めます。
これをお椀に入れ、上から具とお汁を入れていただきます。「とうじ」とは、「投じる」からきているとか、「冷やし温める」という意味があるとか、言われているようです。
今回は、とうじそば発祥の地といわれる松本市奈川にある「仙洛」というお店で、本来なら二日前に終了していたキジ入りのとうじそばをいただきました。
20200229-001 20200229-002

20200229-003 20200229-004

どのテーブル…というか鍋も、しゃぶしゃぶ→ずるずる…。すごい盛り上がりと食欲です。
20200229-005 20200229-006

20200229-007 20200229-008
また、おそばそのものが光っててきれいなんですよ~。驚き。そして自家製の保平かぶのお漬物が超美味~!
20200229-009 20200229-010
締めの雑炊がまた…得も言われぬ幸福をもたらしてくれるお味でございます。特別にキジのとうじそばを準備してくれたのは、「仙洛」の看板娘・直美さん。
ありがとうございました~。
20200229-011 20200229-012
また、松本市街地には湧き水がたくさんあります。
今回のツアーでは酔い覚ましに湧き水ツアーを実施。
30分ほどかけて、4つの井戸を巡りました。
元料亭跡にある「鯛萬の井戸」、善哉酒造という酒蔵の店先にある「女鳥羽の泉」、農民救済に尽くした鈴木伊織の墓の前にある「伊織霊水」、そして、平成の名水100選にも選ばれた硬度140の「源智の井戸」。
みんな、ペットボトル片手にぐびぐび飲んで、好きな味の湧き水をペットボトルに入れていきます。
「こっちの方が好き」「2番目と4番目が好き」「この水を持って帰ろう」と、みんな、楽しそう。
ちなみに富永さんは全4種の湧き水をお持ち帰り…。
重かったろうに。よかったね、大きなキャリーケースを買ってきて。
(放送を聞く)

□ 仙洛 → 
http://www.azm.janis.or.jp/~n-okuhara/
□ 奈川観光協会 → 
https://nagawa-vill.jp/
□ 白骨温泉 →  
http://www.shirahone.org/
□ 新まつもと物語 → 
https://visitmatsumoto.com/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “富永倫子と行く信州旅~アルプス山岳郷で雪と温泉を楽しむ③”


Comments are currently closed.