松本「あめ市」

松本市の中心市街地で、毎年1月第二土・日曜日に行われるお祭りが「あめ市」。
20191130-00120191130-002

歩行者天国になった街なかで、飴が売られるのはもちろんですが、辻々に商売の神様がお祀りされ、それがそのままお神輿になり街を練り歩きます。
20191130-003 20191130-004

20191130-005 20191130-006

20191130-007 20191130-008

20191130-009 20191130-010
七福神が飴を配りながら歩く時代行列も行われ、太鼓の演奏や鍋のふるまいなど、賑わいまくりの二日間です。
20191130-011 20191130-012
また、地元の子供たちが「福だるま」や「福あめ」を売り、地域交流を行っている九州(福岡県や佐賀県)の物産なども販売されてもいます。
20191130-013 20191130-014
もとは1月10・11日に行われていた、この「あめ市」。歴史は古く、江戸時代から続いているお祭りで、新年の初市にお祭りが重なっていったようです。
江戸時代初め、1月11日の市始めの行事の時に、市の神様をお祭りしていた宮村天神(今の深志神社)の神職さんが、“縁起物としての塩”を売りだし、そこから「塩市」と呼ばれるようになったようです。
「塩の市」として定着していくうちに、江戸時代後期、戦国時代のエピソードが加えられます。
戦国時代、松本を支配下においていた武田信玄への経済封鎖の意味合いで、今川が太平洋側からの塩のルートを止めてしまいます。
そのため、一般市民が困窮する羽目に。これに激怒したのが、同じく武田と対立していた上杉謙信。
「それは卑怯だ。仁義の道に反する」と、日本海側の塩を届けされました。
その塩=「義塩」が届いたのが1月11日。それを記念して「塩市」が始まり、今の「あめ市」に繋がっているというお話。
松本市役所・博物館事務員の原澤知也さんにいろいろ教えていただきました。
20191130-015
どうやら義塩伝説は後付けの創作のようですが、楽しいネタです。
江戸時代から語り継がれている、そのことがとても重要だと思います。
塩を運んできた牛をつないだ石が「牛つなぎ石」として残されているくらいですし。
また、現在のあめ市では、この義塩伝説にちなんで、武田方・上杉方
に分かれて綱引きが行われます。その名も「塩取り合戦」。一般人も当日参加させてもらえます。
20191130-016
私も、RKBラジオの法被を着用して、いざ参戦。武田方に入れてもらいました。大将=信玄公に鼓舞されながら真剣に綱引き!楽しい!
20191130-017 20191130-018
参加賞もいただきました。
20191130-019
市の名前の「塩」がいつのまにか「飴」になったのは、おそらく貴重品つながりでしょう。
そして、今も100年を超える老舗飴屋が三軒もあるくらい、松本が飴の名産地だったから。
そのひとつ「山屋御飴所」代表の太田喜久さんにお話を聞きました。
「うちが346年、飯田屋が220年くらい、新ばし飴が160年くらい…一番若くて160年という老舗が3軒集まってるというのは、なかなかめずらしい都市かな」と、笑っておられました。
「松本は、もともと気候的にも乾燥していたり、米どころの安曇野もあるし、市内の湧き水もあり、あめを作るのに適した地域なんですね。
明治時代には20軒以上の飴専門店があったようです。
そのころは、飴の生産量が日本一だった時期もあったんですよ」というくらい、松本は飴の街なんです。
20191130-020
水あめをベースに、引いて飴玉にした「白玉あめ」、それにミルクとバターを混ぜた「堂々飴」、薄く伸ばしてピーナツが入った「板あめ」など、山屋の飴はどれも美味!そして、あめ市の時には「福良(ふくら)」という飴も登場します。
枕状のふっくらした形で、これは「義塩伝説から始まったもので、塩を入れる俵というか“塩がます”を模したもので、縞々になっているのは、縄をかけた跡を模したもの」なんだそうです。
信毎ガーデンでは限定の飴とジェラートのメニューも出てました!
20191130-021 20191130-022

20191130-023 20191130-024
個人的にもお気に入りの新年のお祭り「あめ市」。
ぜひタイミングを合わせて、松本の文化を楽しむ旅に挑戦してくださいませ。

(放送を聞く)

□ 新まつもと物語 → 
https://visitmatsumoto.com/
□ 山屋御飴所 → 
https://www.yamaya-candy.com/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “松本「あめ市」”


Comments are currently closed.