生坂村で信州の空を飛ぶ!

信州の空を飛びました。FDAの飛行機で飛んでいっただけでなく、生身で飛びました。
パラグライダーです~!!!場所は生坂村の生坂スカイスポーツ公園。
20191005-001 20191005-002

パラグライダーって、山の上から飛び出して空中に出た後、上昇するんですよ~。スタート地点より上空に上っていくんです。
20191005-003 20191005-004

20191005-005 20191005-006
バルーンに吊り下げられている…ような状態なので、足元が「すーん」としますが、目の前の空、足元の山、森…涙が出そう。
いや、涙がにじんでました(笑)。
さらに上昇気流に乗りながら旋回すると、正面に北アルプスが見えます。
あいにく山頂ラインは雲がかかってましたが、肉眼で目の高さにアルプスが見えるなんて!パラグライダーで飛ぶ高さは、地上から200mくらい上なんだそう。
風がよければ地上1000mくらいまで上がれることもあるんだそうです。
時間が経ってちょっと慣れると、何とも言えない浮遊感に満たされていきます。
旋回する時にちょっと斜めになるんですが、それがまた!音で言うなら「うほ。うほほほほ」って、なります。
風を受けてほぼ停止=ホバリング状態になると、「鳥はこうやって生きてるんだ~」なんて考えたり。
最初は緊張で全身ガッチガチでしたが、落ち着くと、足元の森の木々がしっかり見えてきて、足元の森からセミの鳴き声も聞こえてきます。
足の下からセミの声が聞こえるのって、すっごく不思議な感覚ですよ。
なーんてことを偉そうに書けるのも、すべて、インストラクターの小宮山雄二さん(生坂スカイサポート)が、パラグライダーを操縦してくださっているからです。
私は、ぼーっと吊られているだけ(苦笑)。
にもかかわらず、あまりの緊張で何かしらやっちゃったらしく、空に持って行ったカメラが動きを停止。
よって、写真がほとんどない…。ごめんなさい。
20191005-007 20191005-008
「前に向かって、ずんずん進め!」「空中に出ても、止められるまで足を動かしとけ。
それだけ!」と指示を受けていたスタートも、一度失敗。
その焦りであわてまくりの私でしたが、小宮山さんの言うとおりにしてればちゃんとテイクオフできちゃう。
ああ、ありがたや、ありがたや。思わず哲学的な言えるくらい生坂の空を満喫できました。
20191005-009 20191005-010
春は、足元に点在する山桜を空からお花見。夏は涼しく、秋は紅葉。
冬は一面銀世界なんだそう。そして、生坂スカイサポートでは、車いすで飛べるんです。
車いすごとパラグライダー!できるんです。
車いすを使ってる方だけでなく、高齢者の方々のパラグライダーチャレンジとしても大人気だそうです。
「座ってるだけで、何もしなくてOK。やるのは操縦してる私だから」と、小宮山さんが笑っておっしゃってました。
20191005-011 20191005-012

(放送を聞く)


□ 生坂スカイサポート → 
http://ikusakaskysupport.blogspot.com/
□ 生坂村観光協会 →  
http://www.village.ikusaka.nagano.jp/kankou/
□ 松本地域観光ガイド → 
http://www.m-kouiki.or.jp/tour/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “生坂村で信州の空を飛ぶ!”


Comments are currently closed.