乗鞍 星と月のレストラン

アルプス山岳郷よよばれる、松本市の西の山エリアの乗鞍高原。ここで、夜になると、とっておきの、ここだけのレストランが開店します。
場所は、標高1300m前後の中部山岳国立公園の「どこか」。
昼間はただの野原ですが、お天気や地面の具合を見て、その日の開店場所が決められます。
そこにグランピング用テントでは最大クラスの直径8mほどのテントが張られ、「乗鞍 星と月のレストラン」が整えられるんです。
私がおじゃました日のコンシェルジュ・村瀬基行さんが「テーブルから外を見上げると、夕方、乗鞍岳の夕映えが見えて、夕食が始まります。
で、1時間ほどすると真っ暗になりますので、そこから目の前に天の川がばーーーっと見えて、星々もいっぱい見える…というプログラムです」と、おっしゃいます。
レストランの照明、調理器具(メインの鍋料理加熱用)、冷蔵庫など必要な電気は、すべて電気自動車で賄われているんですよ~。
20190914-002 20190914-003 20190914-001

レストラン内で調理をするわけではないので、完成したお料理が白木の箱に入れられて提供されます。
前菜は、「信州サーモンとアボカドの塩麹和え イクラのせ」、「人参とレーズン、クコのマリネ」、「リンゴとじゃがいも、セロリのサラダ」、信州自慢の素材を使った本日の一品「ササゲのゴマ和え」。
料理の監修は、京都の料亭「菊乃井」の常務さんですが、調理は地元乗鞍のおかみさんなので、なんとなくほっこりする、優しい味わいです。
どれも超美味!お酒もすすむ!あ。アミューズとして、奈川・清水牧場のチーズが出されました~。美味。
20190914-004 20190914-005
メインは「信州プレミアム牛 トマトすきしゃぶ鍋」。
リンゴを食べて育った信州プレミアム牛は、まろやかな柔らかさ!脂も軽い!で、肉質が柔らかいのに肉感がしっかりしてて…ああ、幸せ。
リブロースとモモ、合わせて200gもいただきますよ。
乗鞍周辺で採れた新鮮野菜を元にしたブイヨンのお鍋はスープがおいしく、肉にも負けないし、野菜ももりもりいただけます。
「スープをおいしく飲めるよう、卵とか用意せずそのままお召し上がりいただいてます」「牛肉の下に敷いているのは、乗鞍高原の山ぶどうの葉っぱです。抗菌作用があって、この葉っぱでお寿司を包む“ぶどう葉寿司”という地元料理もあります」と、もう一人のコンシェルジュ・斎藤藍さん。
料理のことや星のこと、乗鞍高原のとっておき情報などを、地元の人であるコンシェルジュにいろいろ聞けるのも、このレストランのおごちそうです。
20190914-006 20190914-007

20190914-008 20190914-009
〆の一品は、山形村の名物で山芋を使った「やまっち風そば」。
デザートも嬉しいのですが、かなり呼吸が浅くなるほどの満腹状態…。でも、いただきますよ~。
20190914-010
ドリンクもこだわりの信州産が並ぶうえ、飲み放題!ビールは、こだわりの素材と松本のおいしい水で仕込んだ「松本ブルワリー」のクラフトビール。
これがねえ、めっちゃおいしいんですよ、ほんと。
ワインは、乗鞍高原出身のソムリエ・村瀬直人さんのセレクトです。
白は「山辺ワイン シャルドネ樽熟成」。松本市の東側の山すそで作られていて、さっぱり、かつきれいに膨らむ感じが前菜の箱モノの全部に合う!
赤は「グランポレール 安曇野池田 ヴィンヤード メルロー」。以前、池田町に取材に行った時に「すごい評判なんですよ」と、観光協会の方に聞いていたワインだったので、テンションあげあげです。
地酒は「大信州」と「笹の誉」。両方とも辛口系で、風穴で貯蔵したものが選ばれていてステキ。
ソフトドリンクも、信州産のグレープジュースとリンゴジュースが用意されています。
20190914-011
運営している『信州未来づくりカンパニー』の松嶋さんは、「これまでの乗鞍高原の楽しみ方でもあるキャンプやハイキング、スキーやスノーボードといったアクティブなものに、癒しと食をコンセプトにした過ごし方を提案しました。」とおっしゃいます。
「自然のなかで、こうやってゆっくりごはんを食べることでも癒されるって感じてほしくて」とも。
キャンプと違って、出されたものをゆっくりいただく。食事と自然の中のロケーションを楽しめる希有なプランなんです。
BGMは木々や風、虫の音。食後は、外にリクライニングチェアを出して、星空を見上げます。
降ってくるような星空に包まれて、まさに天然のプラネタリウム状態だそう。しかも、ほろ酔い(笑)。
電気自動車で電気が供給されてますので、静かなうえに、みんなで声をそろえてカウントダウンして、ストン!と照明が消えて満天の星空が広がる…なんて演出も楽しめるんですって~。
今回は雨だったので、いつかリベンジしたいなあ。星空や輝く月夜まで、快適なテントのなかで食事して過ごせるなんて、めっちゃぜいたく!しかも、食事の後、このレストランはあとかたもなく消えるんです~。
このレストランを利用できるのは、白骨温泉か乗鞍高原に宿泊しているお客さんだけ。
宿までコンシェルジュがお迎えに来てくれて、レストランでのサーブも担当してくれます。
特別な日のために、特別な人のために、こういうプランを実行してみるのはいかがですか?
20190914-012

(放送を聞く)


□ 乗鞍 星と月のレストラン → 
http://shinshu.miraidukuri.jp/program/alpsev/
□ のりくら観光協会 → 
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 → 
https://www.nagano-cvb.or.jp/
□ 長野県観光機構 →  
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “乗鞍 星と月のレストラン”


Comments are currently closed.