乗鞍高原の春

北アルプスの一番南にある乗鞍岳。その山すそに広がるのが乗鞍高原です。
標高は1200~1500mくらい。
今年はちょっと春の訪れが遅いようです。
いつもならGWに見ごろのミズバショウも遅れてるみたいです。
20190504-001
プチホテルアルムの斎藤まゆみさんは、「春は小さくてかわいい花が顔を出してくれるんです。
ニリンソウとかヤマエンゴサクとか。スプリングエフェメラル=春のはかなきものって言われていて、春先だけ姿をあらわして、他の草木が出てくる頃には姿を完全に消しちゃう。
そんな春のはかない花を見つけるのが、すごく楽しみな時期」と、おっしゃいます。
20190504-002
雪が溶けても、緑が見られるようになるまで長い、という乗鞍高原の春。
5月半ばに一気に目覚める木々は…。「ほんとに若緑色。黄緑よりもっと黄色くて、透きとおっているようなほんとにきれいな緑がばっ!と萌えだす」感じなんだそうです。
川中みゆきさんが歌った「ニリンソウ」は、二股に分かれた茎の両先に可愛い白い花が咲きます。
20190504-003
ヤマエンゴサクは、5~7cmの背丈の半分くらいが花で、咲く場所によって青紫~ピンクなど色が違うんだそう。5月半ばには、桜とヤマスモモがほぼ同時に咲くそうです。歯ブラシっぽい尾っぽ状の白い花が咲くウワミズザクラやミヤマザクラなども楽しみ。5月下旬には小梨(ズミ)の小さい釣鐘状のつぼみが、最初はピンク、だんだん白になっていくそう。6月に入るとミズキ科のヤマボウシの白い花が新緑に映える美しさです。
20190504-004 20190504-005 20190504-006
まゆみさん曰く「いろんな生き物が一気に動き出す準備をしているのが肌で感じられる、生命力を感じる季節」を、ぜひぜひ、楽しみにお出かけ下さい。

(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ のりくら観光協会 → 
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 →  
https://visitmatsumoto.com/
□ プチホテルアルム →  
https://alumu.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “乗鞍高原の春”


Comments are currently closed.