安曇野「おはなスイーツプロジェクト」

6月16日まで開催される「信州花フェスタ2019」に合わせて、サブ会場のある安曇野市では「おはなスイーツプロジェクト」を展開しています。
私は安曇野の方々を『食のチャレンジャー』とお呼びしております。
なぜなら、食べ物でいろんな取り組みを楽しんでらっしゃるから。
毎年秋に、テーマのお野菜を決めて、それを使ったスイーツをいろんなお店が提案する「おやさいスイーツ」や、特産のりんごを使ったナポリタンスパゲティをお店ごとに提供する「りんごナポリタン」などの取り組みが、単年でなく継続して行われているんです。
ゆえに当然の流れといえるかもしれませんが、さすがです。
担当の安曇野市都市計画課公園緑地係の中嶋信行さん曰く「見た目にお花のデコレーションがしてあったり、食べられるお花を入れたりしたものを広く『おはなスイーツ』としています」とのことで、市内の18店が参加されるそう。
全国都市緑化フェアがお花のイベントであることから、過去、女性の参加が多かったことから企画なさったとのこと。
「甘いおやつとおいしいコーヒーを安曇野で楽しんでほしい」とおっしゃいます。
「午前はメイン会場で、午後は安曇野!」というのが中嶋さんの思いだそう。
参加店舗のひとつ「サントゥールムラカミ」では、美しいクリームのお花が載ったケーキを提供なさいます。
ピンクの濃淡が重なったベース部分は、サクランボの生地、アーモンドの生地、ホワイトチョコクリームにサクランボフィリング、そして軽いサクランボのムース!
お花は本物のバターを使ったバタークリームなので、軽くて風味があっておいしい!
20190427-001
パティシエの村上昇平さんは、作る時に安曇野の春の風景を思い描いたそう。
「田んぼの畦や土手に芝桜を植えてる方が結構多くて、とてもきれいなんです。
そのイメージで」と、おっしゃってました。今年はお花を見て、お花を食べる!そんな安曇野の春になりそうです。
また、5月になると、豊科近代美術館のバラ園が見事に花を咲かせ始めるそう。
「バラの美術館」として有名なこの美術館の館長、荒深重徳さんが「まさにバラで埋めつくされます。
特に5月末~6月初めは一番見事です」と、すすめて下さいました。
子供用ドレスの貸出なども行って、記念撮影ポイントとしても人気なんですよ~。
20190427-002 20190427-003
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 安曇野市観光協会 → 
https://www.azumino-e-tabi.net/
□ サントゥールムラカミ → 
http://senteur-m.com/sp/spindex.html
□ 豊科近代美術館 → 
http://www.azumino-museum.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “安曇野「おはなスイーツプロジェクト」”


Comments are currently closed.