花フェスタとアルプス山岳郷の春

4月25日から6月16日まで、信州まつもと空港のすぐそばをメイン会場に開催される「信州花フェスタ2019~北アルプスの贈りもの~」。
始まると、会場は700品種55万株の花と緑が会場を彩るはず。
鋭意準備中の会場から空港が見えまくり!けっこう曇ってますが、北アルプスも!
20190309-001 20190309-002

せっかくなので、花フェスタといっしょに北アルプスの春も楽しみたいじゃあ、あ~りませんか。

アルプス山岳郷(北アルプスの南端=松本市の西山エリア)の春について、白骨温泉・山水観湯川荘の斎藤藍さんに聞くと、「順にお花が咲いてきたりする、5月の終わりから6月あたりが魅力的だと思います」とのお答え。
おお。では花フェスタ会期の終わりごろですな。
「新緑もまぶしくて、光を透かす緑が、毎日新しい景色になる」とも。
20190309-003
山水観湯川荘の女将さん・斎藤理恵さんは、「新緑の緑もいろんな緑があって、黄色に近いのや透明感のあるのとか。
お日様が透けて見えるようなキラキラした緑…それに朝露がのると一層きれいに緑が映えるんです」と、おっしゃいます。
20190309-004
宿の入り口の吊り橋の横にカツラの大木があるのですが、その色は特筆すべきものだそうでう。このカツラ、新緑は緑ではなく赤!それが黄色くなってだんだん黄緑になって緑になるんだそう。
「燃えるような春のはじまり」と、女将さんがおっしゃってました。これは見てみたい!
20190309-005 20190309-006
しかもカツラの木は「ちょっと甘い香り」なんです。
藍さん曰く「びっくりするくらいの香り」が楽しめます。
白骨温泉エリアにはカツラの大木が結構あるそうなので、春の香りを楽しむ旅、おすすめしたい。
20190309-007
なお、桜はヤマザクラ。世間の桜が終わって一ヶ月くらいの開花で、葉と花がほぼ同時に出るんだそうです。
信州の春旅、アルプス山岳郷は5月半ばからがよさそうです~。下の写真は6月中旬の湯川荘。
20190309-008 20190309-009
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ アルプス山岳郷 →
https://alps-sangakukyo.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ 山水観・湯川荘 →
http://www.sansuikan-yu.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “花フェスタとアルプス山岳郷の春”


Comments are currently closed.