Mt.乗鞍スノーリゾート

北アルプスの一番南側、乗鞍岳の山麓に広がるスキー場、Mt.乗鞍スノーリゾート。
アルプス山岳郷と呼ばれる、松本市の西側の山エリアで一番の(個人の感想)スキー場です。
20181229-001
ゆるるっ…と曲がれる程度の初心者スキーヤーの私を指導してくださったのは、のりくら観光協会イベント企画部で、ペンションウインズのご主人・村瀬基行さん。
スキーシーズンは子供たちからシニアまで引き受けて、オフィシャルのスキー教室でインストラクターもなさっています。
20181229-002 20181229-003
標高1500m地点から4人乗り高速リフトに乗って、標高1800m地点へ。
ここから上は、見た目「壁」。上級者コースです。私が滑る初~中級者コースは広くて緩やかな見た目。
でも上級者がハイスピードクルージングを楽しめる、懐の深~いコースなんだそう。
で、このコースの両側の森の木々がかっこいいんですよ!シラビソやドイツトウヒといった、ノルウェーの黒い森と同じ種類の木が並んでるそう。
20181229-004 20181229-005
また、降ってくる雪が軽い!しかも雪印!細かいけばけばした部分まで見えるんです。
20181229-006
村瀬コーチの後を追って、ゆるーりゆるーりと滑ります。
体重のかけ方、目の置き方…、全然難しいことは言われてないのに、だんだん、何だか滑れている私!うききっ!しかもスキー板から伝わってくる雪の感触が何とも気持ちがいいのです。
片栗粉のベッドの上を転がってるとでもいいましょうか、そんな感じ。
20181229-007
調子に乗ってると、ざっくり転倒!でも痛くない。ゆえに怖くない。
あふあふ…と立ち上がる私の横を、ランチをいただいた「プチホテルアルム」のお嬢さん(幼児)が、すすすいーーと滑って行きます。
ううむ。さすが地元っ子。でも転んだおかげで、全く音がしない世界を体験!「この静けさ、静寂が乗鞍の特徴だ」と村瀬さん。
上から雪がさらりふわりと降ってきて、足元の雪面まで含めて360°雪に囲まれて、雪に音が吸いこまれてしーんとしてて、自分がどこにいるのかわからなくなるような不思議な感覚です。
20181229-009
1時間ほどで2000m+800mくらい滑ることができました。「半日で5本=10kmは行けますよ」と、村瀬さんがおっしゃってました。
正直、先生がいいと、どんくさい私でも何とか「滑る楽しさ」が味わえました。
村瀬マジックでスキーデビュー、もしくは再デビュー、おすすめします。ウエアや道具は全部レンタルOKです。
掲載写真が少ないのは、低温の影響で、カメラがバッテリー切れしちゃったから(汗)。すみません。
また、スキーではなく、スノーシューで森を散策して、凍った滝を見に行く「安藤さんツアー」を、1月30日~2月1日の2泊3日で実施します。
ある意味、スキー以上の楽しさがありますよ。詳しくは西日本新聞旅行のサイトをご覧ください~。
(放送を聞く)

□ Mt.乗鞍スノーリゾート → 
https://www.brnorikura.jp/
□ ペンションウインズ → 
http://winds.jp/
□ のりくら観光協会 → 
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 → 
https://visitmatsumoto.com/
□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

0 Responses to “Mt.乗鞍スノーリゾート”


Comments are currently closed.