Monthly Archive for 10月, 2018

朝日村で木ざんまい

信州まつもと空港近くの朝日村。レタスの名産地であり、東日本側の50ヘルツと西日本側60ヘルツの電力の周波数を変換する変電所がある村です。
この村の役場がすごい!村で育った木をふんだんに使って作られています。正面玄関のこの柱!天井も!ほら、自動ドアも!
20181027-001 20181027-002
中に入っても、オブジェ的に村産木材の柱がどーーーん!
20181027-003
階段に、ベンチに、内装に…。
20181027-004 20181027-005

20181027-006 20181027-008
壁材にも使われて、ちゃんと注釈文字も入ってますよ~。
20181027-008 20181027-009

20181027-010 20181027-011
会議室などの机も、村産木材を加工してもらったんだそう。
20181027-012
ぱっと見だけではわからない、建物そのものにも、ふんだんに木材が使用されているそうで、これは、視察向きの物件でございます。
「きっと日本一いい香りの役場だと思います~(よそは知りませんが…)」と、感動している私を、職員さんが案内してくださったのが「クラフト体験館」。
ここでは木工体験が楽しめます。お箸やスプーンなどの1~2時間でできるものから、二段ベッドの大物まで、みなさんいろんな木工を楽しまれるそう。
私も、スタッフの田内秀幸さんの指導のもと、お箸を作ってみました。原料はヒノキ。
6~7mm角の材をジグにセットして、カンナで削る・削る…。
20181027-013 20181027-014
最初は、「もご。もごご。」という感じでしたが、だんだん「しゃ~っ」という感じに近づいていきます。
が、汗だく…。でも、意外に立派なお箸ができました。
20181027-015 20181027-016
次は削るのがもう少し難しい「朝日村特産の木“カラマツ”のお箸に挑戦してみてください」と、田内さん。
なお、「ヒノキの削りくずは、洗濯ネットなどに入れて浴槽に投入すると、ヒノキの香りのお風呂になりますよ」と、アフター木工のお楽しみも教えてくださました。
20181027-017 20181027-018

放送を聴く


□ 朝日村 →
http://www.vill.asahi.nagano.jp/
□ 松本地域観光ガイド(松本広域連合) →
http://www.m-kouiki.or.jp/tour/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

RKBラジオまつり

今年も、信州ブースでは、長野県の観光・物産をみなさまにお届けいたしました。
お馴染の信州りんご、今年は、長野県のオリジナル品種「リンゴ三兄弟~秋映(あきばえ)・シナノスイート・シナノゴールド」がどーんと並びました。
20181020-1
こちらもおなじみ、長野市鬼無里「いろは堂」のおやき。舞茸人気がすごかった!冷凍おやきも大人気。
許可まち20181020-2 20181020-3
信州みそ、おそば、漬物に花豆など、信州ならではの味を届けてくれた三立醸造。もう、RKBラジオファンには定番の味。
20181020-4 20181020-5
塩尻市のワイナリーから選りすぐりのワイン達が並びました。ミスワイン2017ファイナリストの柳瀬史子さん(福岡出身)もご案内役で登場~。
20181020-6 20181020-7
松本平の日本酒もずらり。ラジオまつりでは、きりっと辛口系が毎年大人気ですが、今回はにごりやどぶろく熱もすごいことに。
20181020-8
安曇野のおいしい米と水で醸された「大雪渓」は、すでに信州ブースの鉄板商品。安曇野わさびの醤油漬けも最高でした。
20181020-9 20181020-10
初企画その1は、松本の名物料理「山賊焼」のサンプリング。試食して下さったみなさん、ありがとうございます。味の感想や、来年のお値段の希望など山賊焼応援団にお届けください。
20181020-11 20181020-12
初企画その2の信州ワインの角打ちコーナーも大盛況。私も小銭片手に何度も…(笑)。
20181020-13 20181020-14
放送は、塩尻市観光課課長で塩尻観光ワインガイドでもある上條吉直さんと、ミスワイン2017グランプリで福岡市在住(佐賀県出身)の済木南希(さいきなつき)さんがご出演。日本一のワイン女子が福岡にいるって、すごく嬉しい!ミスワインはファイナリストになると、出場年次を超え、継続してワインのPR活動をするんですって。今回は安藤さんと伊央ちゃんのために、おすすめワインを提案してもらいましたよ~。聞いて参考にしてみて下さいね。
20181020-15

 

放送を聴く

□ JA全農長野 →
https://www.nn.zennoh.or.jp/
□ いろは堂 →
https://www.irohado.com/
□ 三立醸造 →
https://sanritsu-jozo.jimdo.com/
□ 塩尻市 →
http://www.city.shiojiri.lg.jp/wine_shikki/index.html
□ 大雪渓酒造 →
http://www.jizake.co.jp/
□ 松本山賊焼応援団 →
https://www.sanzokun.jp/
□ 信州NAGANO WINE →
http://www.nagano-wine.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ 塩尻市観光協会 →
https://tokimeguri.jp/
□ 安曇野市観光協会 →
http://www.azumino-e-tabi.net/
□ 大町市観光協会 →
http://www.kanko-omachi.gr.jp/
□ ながの観光コンベンションビューロー →
https://www.nagano-cvb.or.jp/
□ 長野県観光機構 →
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

松本名物料理・山賊焼

タレに付け込んだ鶏のモモ肉や胸肉を1枚、豪快に揚げたのが山賊焼。山賊ですから、この大きさ豪快さが大切。
タレは醤油ベースに酒、しょうが、にんにくを入れますが、店によって味噌やタマネギ、リンゴのすりおろしを入れたりと違っているのが特徴でもあります。
写真は、松本山賊焼応援団団長の志賀丈師さんのお店「居酒屋一歩」のもの。
味噌入り系。深みのある旨みがGOODな山賊焼です。カレーとだって組み合わせられるんです。
181013-001 181013-002
山賊焼、もとは塩尻(松本市の南・ワインの生まれ育つところ)が発祥の地と聞いてましたが…なぜ松本名物として売り出しているのでしょうか。
「山賊焼のネーミングの由来~“鶏”を“揚げる”=とりあげる=取り上げるのが山賊~にちなんで、塩尻から取り上げたという感じです」と、志賀さん。
今では信州各地で提供され、盛り上がる山賊焼。
「松本からさらに“とりあげられ”てるのは、山賊だけにOKです」とも。これからは世界も視野に入れています。
まずは、今年のラジオまつり「信州ブース」で、試食PRを展開しますよ~。お楽しみに。
181013-003
放送を聴く

□ 松本山賊焼応援団 →
https://www.sanzokun.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

香る!紅葉 @乗鞍高原

9月30日。乗鞍高原~乗鞍岳=標高2000m~2500m=は紅葉が始まってました。
台風が近づくなかの曇天+ときどき霧雨、にもかかわらずの美しさ。
濃い緑を背景に赤~オレンジ~黄色がグラデーションになっていて色数がすごい!
181006-001 181006-002

181006-003 181006-004

近付いてみると、ナナカマドの赤~オレンジ具合の変化や、オオカメノキの透明感ある赤みにワクワクが止まりません。
181006-005 181006-006
そして、ぐずついたお天気だからこそ出会えたのが「紅葉が香る」という真実。しかも4~5mの道路を渡る間に匂いが変わるんです。
ふわっと甘い匂いから濃い甘い香りへ、そしてグレープ味のガムみたいな甘さへ。
ちょっと酸味も加わった甘さも。沢など、水の流れのところはことさらに強い。
生まれて初めての体験。のりくら観光協会イベント企画部の村瀬基行さんと中原由紀子さんに案内していただきました。
181006-007 181006-008
放送を聴く

□ のりくら観光協会 →
https://norikura.gr.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/