さわやか!峰の原高原

須坂市・峰の原高原も、白樺の木立に囲まれた美しいところです。標高は1500mくらい。ゆえに、涼し~いっ!50軒ほどのペンション村があるのですが、どこもエアコンはありません。必要ないんですねえ。どんなに暑くても27℃くらいとか…。しかも、上信越高原国定公園の中に作られたペンション村なので、ペンションとペンションの間に塀がないんです。だから、ステキなお庭と木立とお隣のペンションが絶妙な間合いでつながってるんです。と、いうことを教えてくださったのは、「ペンションガーデンストーリー」のご主人、山下大輔さん。山下さんのペンションをはじめ17軒が参加しているのが、須坂市が展開している「オープンガーデン」です。地域の花づくり・街づくりの一環として、住民が自分の庭を開放し、そこを人々が訪れる…というもので、そのネットワークは全国的に広がっています。私がお話を聞いている時も、「ちょっと見せてもらっていいですか~?」と、お客さんが車で訪ねていらっしゃいましたよ。
ちなみに、「ペンションガーデンストーリー」のお庭は、芝生と花壇にアーチやベンチ、しゃれた道具小屋などが配されて、でも、作りこみすぎてないナチュラルな空間で、すごーく居心地がいいんです。山下さん曰く、「自然な雰囲気だけど、きちんと手入れしている」そして「峰の原高原に自生している山野草をうまく取り入れながら庭造りをしている」とのこと。ヤナギラン・ウバユリ・シダ類などの自生している山野草ガーデン、アップルミント・レモンバウムなどの香りも楽しいハーブガーデン、ズッキーニ・ルバーブ・いんげんなど食卓にも並ぶものがそろったキッチンガーデン、とひとつひとつ見ても楽しいお庭になってます。お庭の作りも各ペンションで違うので、散策してみるのも楽しいですよ。
     

そして、山下さんのもうひとつのおすすめが峰の原高原からの眺望!北アルプスから北信五岳、さらに木曽の御嶽山まで一望できるんです。なかでも夕陽が特にすごいらしいです。「冬至にかけて、夕陽の沈む位置が違うわけですよ。今日は槍(ヶ岳)、明日は穂高…って具合に。地元の僕らはそれで季節を感じてる部分もあります。なかでもここは“槍に刺さる夕陽”って言って、槍ヶ岳のとんがった先のところに夕陽が涼む日があって、その日はやっぱり写真に撮りたくなりますね」とのこと。すごーーーい!見てみたいっ!ペンション村の中の見晴らしのいいところに「サンセットテラス」が設定されてます。どれがどの山かわかるようになってますので、安心です。ここは、朝の眺めも良いそうですよ。朝日を浴びた北アルプスがきれいなんですって。私は曇りでしたが…。もう一度来なさいってことでしょうね(苦笑)。

□ 峰の原高原 → http://www.minenohara.info/
□ ペンションガーデンストーリー →  http://www.janis.or.jp/users/v.yama/
□ FDA フジドリームエアラインズ → http://www.fujidream.co.jp/

   

0 Responses to “さわやか!峰の原高原”


Comments are currently closed.