ハナマルキ 工場見学!

信州といえば「信州みそ」!と連想する人も多いはず。信州の味噌出荷量は全国1位です。
そのシェアは46%。年間で約19万トン出荷しているそうです。
さらに、全国展開している味噌メーカーの本社がある事も特徴といえるでしょう。
そんな企業のひとつ、♪おみそな~らハナマルキ♪のCMでもおなじみのハナマルキの本社工場が長野県伊那市にあります。
中央アルプスと南アルプスに囲まれたエリアの小高い丘に工場が建っているのですが、ここに昨年秋、ハナマルキの創業100周年を記念して『みそ作り体験館』がオープンしました。
味噌ができるまでのレクチャーを受けたり、みそ作りを体験する部屋は、横9m×縦3mの窓から、南アルプスが眺められます。
私がおじゃました日はあいにくの、かなりの曇り。晴れてると南アルプスの山々がどーんと広がるのだそうです。
20190615-001 20190615-002
案内してくれたハナマルキ(株)伊那工場総務課の小林佳奈美さんは「南信州といえば仙丈ケ岳!なんですが、3000mを超えてる山で、地元の私達が見ても、本当に壮観で、めっちゃきれい」とおっしゃいます。
しかも、季節によって『顔が違う』とのこと。
冬は雪化粧してるので、陽が当たったところが輝くし、夏は夏で、雪がなくなった山肌に太陽が差し込んできて、夕方、赤く色づくんだそう。
「この大自然のなかで、手仕込みで味噌が生まれてるっていうのを体感してほしい」と、小林さん。
20190615-003
工場見学もできますよ。食品ですから生産ラインの中に入れないので、大きなモニター画面に映し出される映像と窓ごしに工場の施設が見られます。
映像もわかりやすいし、大規模に仕込まれる味噌や麹の様子には大興奮間違いなし!1日に仕込む量は90トンタンク1本。
ビルの4階部分から原料を入れて、1階部分から出来上がったものを取り出す…という規模です。
それに使う約20トンの麹を仕込む容器は直径13m。表面の模様が枯山水の砂紋のようでした。
機械類の写真は撮影禁止なのでごめんなさい。
20190615-004
主力商品の並ぶコーナーでは、今大人気の「液体塩こうじ」の存在なども教えてもらいました。
“無添加”という商品は、「酵母の活性化を抑えるアルコールと、香りやコクを出すために使われる乳酸菌が入っていない味噌のこと」とか、「味噌の色は、熟成期間が短いほど白っぽくて、長くなるほど赤っぽくなる」とか、「長期間置いておくと“色が変わった”という事があるけど、これは酵母が活性化して反応が進んだだけで、悪くなっているわけではない。
むしろ美味しさが増している状態。
それが嫌なのであればラップをして冷蔵庫で保存するといい」とか、いろんなお味噌情報を教えてもらえて、楽しい!
20190615-005 20190615-006

20190615-007 20190615-008
ちなみにお味噌作り体験は、基本、月・水・金と第2第4土曜日に行われています。個人でも参加可能です。
みそ1パッケージ=2kgで2000円。小学生から体験できますが、保護者同伴です。
保護者1人で小学生2名まで無料です。詳しくは公式サイトをご覧くださいませ。
(放送を聞く)

□ ハナマルキ → 
https://www.hanamaruki.co.jp/
□ みそ作り体験館 → 
https://misotaiken.jp/
□ 伊那市観光協会 →  
https://inashi-kankoukyoukai.jp/
□ 長野県観光機構 →  
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

清水牧場チーズ工房(奈川高原)

信州に行くと、牛乳や乳製品がおいしい!空気や水のおいしさも関係しているのかもしれません。
そのおいしいラインナップの中でも私のお気に入りは、松本市奈川にある「清水牧場」で生み出される乳製品。
アルプス山岳郷(北アルプスの南端エリア)と呼ばれる、標高1400mに位置しています。
ここで飼っている牛と羊のお乳が、とびっきりの乳製品になるんです。
牛乳のおいしさはもちろん、飲むヨーグルトが超美味!そして、チーズに至っては、もう至高の一品!って感じです。
過去に日本経済新聞の「NIKKEIプラスワン」で、日本一に選ばれたチーズやヨーグルトですもの~。
20190608-001 20190608-002
ご主人の清水則平さんは「ここでできるチーズしかつくらない。ここで飼える牛、そしてその牛乳から出来るチーズしか作らない、ということです」と、穏やかに力強くおっしゃいます。
「山を守る、地域を守るのに適した牛がいるんです。ここの牧場は標高1800mくらいまであります。そういうところまで平気でのそのそ歩ける牛が『ブラウンスイス』。歩きながら、短い草でも食べて、しっかり乳を出してくれる。しっかりといってもホルスタインよりはるかに少ないけど。滋味豊かな大地をしっかり食らいこんだ牛が出したミルクを使うんです」と、教えて下さいました。
春から秋は山で放牧され、冬は体育館みたいな広い牛舎で、牛たちは過ごします。
秋、遠くから牛たちを見せてもらいましたが、斜面と緑と牛に羊…リアル『アルプスの少女ハイジ』の風景です。
20190608-003 20190608-004

20190608-005 20190608-006
清水牧場の牛乳やヨーグルトをいただくと、乳成分が高いのにすっきりした抜け感を感じます。
このおいしさ、味の違いは牛の力だけではない?その疑問への清水さんの答えは、「牛の力、エサの力、水の力、あとは空気。
この空気によって菌の生息が変わってきちゃいますから」とのこと1400~1800mだから生息できる木や草に囲まれて、牛たちは育ってるんですね。
牧草地は、牛が食べて、フンをして、歩いて耕して…というサイクルで育つ“永年草”に覆われているそうです。
20190608-007 20190608-008
清水牧場の熟成タイプのチーズは、10ヶ月熟成させた硬質の『バッカス』、ウォッシュタイプで半硬質の『山のチーズ』、ウォッシュタイプでクセの強い『森のチーズ』。
フレッシュタイプのチーズは、お豆腐みたいな『プティニュアージュ』、クラッカーに載せるクリームみたいな『クワルク』など。その味わいは、ミルクが取れた(出された?)時期によって変わるんだそう。
「春はまだ屋内での飼育なので、乾草を食べて出したミルクからのチーズなので淡い感じの風味。放牧が始まると、青草をもさもさ食べてくるから濃厚な風味になります」と、清水さん。
じゃあ、秋は枯れ草系?と思ったら、「標高が高いと、秋に草が枯れないんです。フレッシュな風味が続きますね」とのお答え。
そして「冬は屋内で乾草を食べますので、また淡い感じになります」と。ほほう。
20190608-009 20190608-010
ゆえに奥さまの清水晴美さんは「チーズにも旬があります」と、おっしゃいます。
10カ月熟成をさせる『バッカス』だと、青草を食べてる5~10月のミルクをチーズにして10カ月後の4~7月、ってことですね。
20190608-011
全て手作り、皇帝の半分以上は手作業とのこと。
乳を搾った、その日のうちにチーズの形にして、そこから10カ月…。ひっくり返したり、磨いたり。すごく手がかかってます。
『山のチーズ』や『森のチーズ』は一日たりとも目が離せないと、ご主人がおっしゃってました。
お取り寄せできる商品もありますが、ぜひ、奈川まで行って、あの空気を吸ったうえで食べてほしい、おいしい清水牧場の乳製品です。
冬は雪深~い!スタッフが雪かきしてお迎えしてくださいます。
20190608-012 20190608-013

20190608-014 20190608-015
(放送を聞く)

□ 清水牧場チーズ工房 → 
http://www.avis.ne.jp/~svarasa/
□ ながわ観光協会 → 
https://nagawa-vill.jp/
□ 新まつもと物語 →  
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

泊まってこその上高地!ザ・パークロッヂ上高地

5月13~15日、16人の旅の仲間とでかけた「富永倫子と行く信州旅“春の上高地と信州花フェスタ”」。
日本有数の山岳景勝地=上高地。“特別名勝”“特別天然記念物”、ふたつの称号を持つ特別な場所なんです。
20190601-001
泊まったからこそ!のお楽しみ。RKBラジオツアー名物・早朝散策に出かけました。スタートは朝4時半。
すでに薄明るくなってます。そして、あいにくの曇り…のおかげで寒くない!8~10℃を覚悟してましたが、出発時で13℃くらいはありました。
そして、穂高連峰の山の稜線も、見えた!
20190601-002 20190601-003
河童橋から明神、穂高神社の奥宮=明神池、岳沢湿原などを歩く7.2km。森の中に入ると、四方八方から鳥のさえずりが聞こえます。
しかも、透明な空気に響き渡る!
20190601-004 20190601-004-2
歩き始めて約1時間。朝5時40分の集合写真なんて…(笑)。上高地でなけりゃ撮りませんね(苦笑)。
20190601-005 20190601-005-2
5月に入って冷え込みが続いたせいか、まだ新緑には早かった上高地。
冬から春に動きだす、気配がそこかしこに感じられます。
名前は不明ですが桜、そして、ニリンソウが咲いてました。
20190601-006 20190601-007

20190601-008 20190601-009
和佐野美智子さんは「山に雪が残っている景色がすごかった。自然、特に木が、九州とは違うのに感動しました。
九州の山だと木が低い所でなくなっちゃうんですよね。
上高地の山は、高い木がたくさんあって、ちっちゃい松ぼっくりみたいなのがあって、もう、木に感動」と、おっしゃってました。
20190601-010 20190601-011
また、野中美津子さんは「朝、散策した時の空気が、ほんとに新鮮に感じました。
私が住んでいる所も田舎なんですけど、違うんですね。ちょっと標高が高い所の空気がよかった~。」と。
旦那さんの重成さんは「奥宮の池=明神池が最高。水が澄んでて、山が湖面に映って…。ほんとに最高。
普通の庭園の庭石とかに見えるけど、自然のものなんだよねえ」と、おっしゃってました。
20190601-012 20190601-013

20190601-014 20190601-015

20190601-016 20190601-017

今回、私達が泊めていただいたのは『ザ・パークロッヂ上高地』。今年、五千尺ロッヂから名前が変わりました。
20190601-018 20190601-019
副支配人の中條太郎さんは「泊まった人にしか味わえない静けさ」があると教えてくれました。
「夕方、食事前の時間には河童橋の上、誰もいないでしょ?日中はすごく混雑しますけど。
この静けさは泊まった人にしか味わえないですね」と。
20190601-020
確かに。ひんやりとした空気にしみるように薄闇がすこしずつ広がり始めるなか、梓川の流れる音がこだまする…とでも言いましょうか。そんな静けさです。
20190601-021 20190601-022
また、「都会とは全然違う星空」も、泊まった人だけの楽しみだと中條副支配人がおっしゃいます。
「夜、遅くなるほど、周りが暗くなって、星がよく見えます。河童橋の上から見上げると“天の川”が見えたりしますし。普段見えないような小さな星まで見えるんです」と。
そうそう。天の川が見えて、流れ星が見えた日にゃあ、もう感動でぷるぷるしちゃいますよ。今回のツアーは曇り空ゆえ星空は叶いませんでしたが、次への宿題!ということで。
また、梅雨時のお出かけ先としても、上高地は最高の場所です。雨が降っても美しい。
雨だからこその輝きも楽しめる、特別な場所です。
20190601-023
素敵な時間を過ごせる心強い拠点が「ザ・パークロッヂ上高地」。
ビュッフェスタイルの食事はメニューが豊富なうえにとーっても美味!
20190601-024 20190601-025

20190601-026 20190601-027
また、一部屋限定ですが、100周年記念の名称変更を機に、すてきなツインのベッドルームができてますので、ここに泊まるのも幸せ度アップですね。
20190601-028 20190601-029
まつもと市民芸術館のバックステージツアーを楽しんだり、
20190601-030 20190601-031
松本市美術館で草間彌生を感じたり、中継を見守ってもらったり、
20190601-032 20190601-033
もちろん松本城にもおでかけして、信州満喫の3日間でした~。
20190601-034 20190601-035
(放送を聞く)

□ 上高地公式 →
https://www.kamikochi.or.jp/
□ ザ・パークロッヂ上高地 →
https://lodge.gosenjaku.co.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

安曇野でわさび漬け作り体験

5月13~15日、16人の旅の仲間とでかけた「富永倫子と行く信州旅“春の上高地と信州花フェスタ”」。
信州まつもと空港の真横で開催されている「信州花フェスタ」で花とたわむれてみました。
20180525-001 20180525-002

20180525-003 20180525-004

移動のバス内では富永倫子はバスガイドに…。ネタはベタですが、結構いい感じです(笑)。(
放送を聞く)をクリックすると、まさにこの写真のガイド音声が聞けますよ。
20180525-005
今回は、安曇野特産のわさびを、自分でわさび漬けにするという体験にチャレンジ。
会場は安曇野市の「ビレッジ安曇野」。わさびの芋を酒粕に漬けたものですが、なかなか馴染のない物なので、まずはビレッジ安曇野の臼井さんが試食をさせてくれました。
20180525-006 20180525-007
調理の指導は、臼井慶子さんと等々力康紀さん。
20180525-008 20180525-009
わさびの芋を細切りにします。
20180525-010 20180525-011

20180525-012 20180525-013
これに塩して水分を出し、酒かすと砂糖、水あめを合わせます。
作ってすぐは苦味があるので、2~3日おくと食べられます。
20180525-014 20180525-015

20180525-016 20180525-017
がんばって細切りを試みたものの、なんだか太い…。でも、「うん。大丈夫。わさびの芋を食べてる感じになるから」と、等々力先生。
『先生…ありがたい』と、思っていたら、「そうそう!食べごたえのある大きさにしとかんといかんけん!」と、富永発言。おいおい、君が言うか(笑)?
20180525-018 20180525-019

20180525-020 20180525-021
出来上がりは、三人三様。写真は左が中島理恵、真ん中が等々力先生、右が富永倫子作。富永さんのはちょっと辛みが軽め。
中島のは辛みが強め。先生のは辛みが冴えているうえに酒粕の甘みが絶妙に絡んでて、すごくおいしい!なぜ?同じ材料なのに~???
20180525-022 20180525-023
そのまま食べてもOKですが、「油との相性がいい」と、先生方のアドバイス。
臼井先生は「焼肉やステーキ、天ぷらなんかの揚げもの。油と一緒だといくらでも食べられますね」と。
等々力先生は「野沢菜に付けて食べるのが一番」と。ほかにも、普通のわさびのように醤油にといて、かまぼこや海苔をつけて食べるのもおいしゅうございます。
「一度に食べ消えないなら、冷凍したらいいのよ。
粕は凍らないから」と、臼井先生の教えもいただきました。自分で作るお土産「わさび漬け」。
とっても楽しい+おいしい!
20180525-024
(放送を聞く)

□ ビレッジ安曇野 → 
http://www2.dango.ne.jp/villagea/
□ 安曇野市観光協会 → 
https://www.azumino-e-tabi.net/
□ 長野県観光機構 → 
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

花とハーブの里・池田町

安曇野市のちょっと北側にある池田町。ここはハーブの栽培が盛んです。
池田町観光協会・チーフマネージャーの内山三重さんによると、5月半ばから6月初めごろは、カミツレ=カモミールがきれいだとのこと。
「あたり一面、真っ白な花が咲きほこるんです。真ん中が黄色で周りが白の小さな可憐な花で、青りんごのような香りがします」と。
カミツレ畑が楽しめる場所のひとつに、ハーブ農園「夢農場」があります。春はヤマザクラ→カモミール→ラベンダーと、お花が咲くんだそう。
ここは体験も充実していて、今回は、最近人気のハーバリウム=植物標本を作らせてもらいました。
ビンの中にドライフラワーや葉っぱを入れて、ミネラルオイルを注いだものです。
指導して下さったのは、「夢農場」マネージャーの水野道子さん。
20190518-001
「なるべく池田町のものを使いたい」と、素材を準備なさってます。
ミモザにユーカリの葉、スターチス、ラベンダー、そしてアジサイなど。
20190518-002 20190518-003
ビンに好みの葉っぱやドライフラワーをバランス良く(?)入れまして、
20190518-004 20190518-005
静かにミネラルオイルを注ぎます。ちょっと浮いてくるのをうまく落ち着かせて…
20190518-006
できあがり~。人によって選ぶ素材が違うので、雰囲気が違って面白いです。
20190518-007 20190518-008
仕上がったら、夢農場オリジナルのラベンダーティーでひと息。体験の感想などを語り合う楽しい時間でございます。
20190518-009
夢農場のラベンダーは、6月の早い時期から咲く「イングリッシュラベンダー」と、7月から咲く「ラバンジン系」と2タイプ。
イングリッシュラベンダーは紫色が濃くてきれいなので、ドライフラワーに向いているそう。香りは少し甘い感じ。
ラバンジン系は花の色は薄めだけど、大きくて香りが強いので、ラベンダーをリボンで編みこんで作る「ラベンダースティック」にもってこいなんだそう。
7月になると、「ラベンダースティックが作りたくて作りたくて…」という人がたくさんやってくるんだそうです。
だって、紙コップにいっぱいラベンダーを摘んで入れて、たったの500円。
あとは好みのリボンの料金と講習料200円。うーむ。サービスよすぎ?
「ここのラベンダーの香りが一番!」って、お客様からお墨付きをいただくくらいのラベンダー。
斜面全体がラベンダー畑です。6月は甘い香りが、7月はすーっとする強い香りが農場に、満ちるそうです。
20190518-010 20190518-011

20190518-012 20190518-013
(放送を聞く)

□ 池田町観光協会 →
http://www.ikeda-kanko.jp/
□ 夢農場 →
http://www.yume-farm.co.jp/yumefarmHP/index.html
□ 長野県観光機構 →
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

国宝・松本城

黒がメインながら、白と黒のコントラストがかっこいいお城、松本城。白い部分は漆喰壁で、黒い部分は漆塗りの板です。
しかも、毎年漆を塗り直しているんですよ~。

20190511-001
1593年から94年に完成したと言われる、五重六階建て(外から見ると五階建てに見えるけど実際内部は六階建て)の現存天守としては日本最古です。
が!が、が、が!条件なしでの「日本最古の天守」の可能性が出てきたんです。
これまで外観や建築様式から“最古の天守”とされてきたのは福井の丸岡城ですが、部材の柱などの調査結果(年輪や放射性炭素年代測定)で、1620年代以降の建築だった事が判明したのです。
松本城の天守建築は1590年代となっていますが、これは、「木を多く伐採した」などの記述がある古文書がベース。丸岡城のような科学的調査は行われていません。「乾小天守だけ先に造られた」とか「天守は江戸時代に入ってからなど研究者によっても見解が違うようですし、犬山城の天守の途中までは1537年にできていたという意見もあるようで…。これは楽しい謎が湧きあがってきますねえ。より松本城を見て、撮って、登って、が 楽しくなります。天守最上階から西を見ると北アルプス。
20190511-002
東を見ると美ヶ原高原が見えまする。
20190511-003
その松本城は六つの家が城主を務めておりましたが、二つ目の小笠原家は、豊前藩・小倉城主の小笠原家と一緒なんです。今も各家に伝わる『ぬか床』で漬けられる『床漬け』も、小笠原の殿様が持ち込んだ文化です。大切に床の間に置いていたから『床漬け』の名前が付いたといいますからね。これが無けりゃ『じんだ煮』も生まれてませんからねえ。
また、小倉南区の安倍山公園駅からTOTOのほうに進むと高架の下に「湯川の方言」というのが描かれてるんですが、そこに「かけっこ=とびくらべ」と記されております。実は、信州・松本では「走る」ことを「とぶ」といいます。かけっこは「とびっくら」。元は「とびくらべ」。なかなかシビレますでしょ?
取材当時は松本市博物館学芸員の高山直樹さんに教えていただきました。「大坂の陣で当主と嫡男が亡くなってしまう小笠原の本家ですが、弟の血筋が家督を継ぎ、加増になって播磨の国明石に入り、その後、豊前小倉に入り、ずっと家の名を残していく事になります。」と。
20190511-004
小笠原家といえば、小笠原流礼法や弓馬術でも知られる家。今も、礼法を学ぶ方や流鏑馬のお稽古をなさってる方もたくさんいらっしゃいます。もとは室町幕府で将軍に、弓馬の故実=儀礼・作法の習わし=を指南していた小笠原家のノウハウを、信州の小笠原家が研究大成させたのだそうです。弓の構造や用語集、矢の作り方の図解、作る時の決まりごとや的を射る訓練会の会場図面、勝利を呼び込む軍扇のデザインなどはもちろん、馬の訓練方法や鞭の当て方、馬の治療方法、さらに料理や折り型など多岐にわたる資料が残されていて、驚きです。高山さん曰く「武田勢に追われた小笠原を、上杉勢がかくまったりするのですが、彼らもただただかくまってあげたわけではなく、こういった知識や技術をもった家だったというのが大きい点だったと思います。ライバルだった武田が家として滅びるけど、小笠原が九州に移って、長く歴史を継いできているということのひとつに弓馬の専門家だったというのがあると思います」と。かくまわれていても、移動になっても、弓馬の故実が小笠原家の武器だったんですねえ。
そんなこんなで、北九州・豊前エリアのみなさまにはぜひぜひ松本城にお出かけいただきたい!のでございます。夜は22時までライトアップされてます~!
20190511-005 20190511-006

(放送を聞く)

□ 国宝・松本城→
https://www.matsumoto-castle.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

乗鞍高原の春

北アルプスの一番南にある乗鞍岳。その山すそに広がるのが乗鞍高原です。
標高は1200~1500mくらい。
今年はちょっと春の訪れが遅いようです。
いつもならGWに見ごろのミズバショウも遅れてるみたいです。
20190504-001
プチホテルアルムの斎藤まゆみさんは、「春は小さくてかわいい花が顔を出してくれるんです。
ニリンソウとかヤマエンゴサクとか。スプリングエフェメラル=春のはかなきものって言われていて、春先だけ姿をあらわして、他の草木が出てくる頃には姿を完全に消しちゃう。
そんな春のはかない花を見つけるのが、すごく楽しみな時期」と、おっしゃいます。
20190504-002
雪が溶けても、緑が見られるようになるまで長い、という乗鞍高原の春。
5月半ばに一気に目覚める木々は…。「ほんとに若緑色。黄緑よりもっと黄色くて、透きとおっているようなほんとにきれいな緑がばっ!と萌えだす」感じなんだそうです。
川中みゆきさんが歌った「ニリンソウ」は、二股に分かれた茎の両先に可愛い白い花が咲きます。
20190504-003
ヤマエンゴサクは、5~7cmの背丈の半分くらいが花で、咲く場所によって青紫~ピンクなど色が違うんだそう。5月半ばには、桜とヤマスモモがほぼ同時に咲くそうです。歯ブラシっぽい尾っぽ状の白い花が咲くウワミズザクラやミヤマザクラなども楽しみ。5月下旬には小梨(ズミ)の小さい釣鐘状のつぼみが、最初はピンク、だんだん白になっていくそう。6月に入るとミズキ科のヤマボウシの白い花が新緑に映える美しさです。
20190504-004 20190504-005 20190504-006
まゆみさん曰く「いろんな生き物が一気に動き出す準備をしているのが肌で感じられる、生命力を感じる季節」を、ぜひぜひ、楽しみにお出かけ下さい。

(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ のりくら観光協会 → 
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 →  
https://visitmatsumoto.com/
□ プチホテルアルム →  
https://alumu.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

安曇野「おはなスイーツプロジェクト」

6月16日まで開催される「信州花フェスタ2019」に合わせて、サブ会場のある安曇野市では「おはなスイーツプロジェクト」を展開しています。
私は安曇野の方々を『食のチャレンジャー』とお呼びしております。
なぜなら、食べ物でいろんな取り組みを楽しんでらっしゃるから。
毎年秋に、テーマのお野菜を決めて、それを使ったスイーツをいろんなお店が提案する「おやさいスイーツ」や、特産のりんごを使ったナポリタンスパゲティをお店ごとに提供する「りんごナポリタン」などの取り組みが、単年でなく継続して行われているんです。
ゆえに当然の流れといえるかもしれませんが、さすがです。
担当の安曇野市都市計画課公園緑地係の中嶋信行さん曰く「見た目にお花のデコレーションがしてあったり、食べられるお花を入れたりしたものを広く『おはなスイーツ』としています」とのことで、市内の18店が参加されるそう。
全国都市緑化フェアがお花のイベントであることから、過去、女性の参加が多かったことから企画なさったとのこと。
「甘いおやつとおいしいコーヒーを安曇野で楽しんでほしい」とおっしゃいます。
「午前はメイン会場で、午後は安曇野!」というのが中嶋さんの思いだそう。
参加店舗のひとつ「サントゥールムラカミ」では、美しいクリームのお花が載ったケーキを提供なさいます。
ピンクの濃淡が重なったベース部分は、サクランボの生地、アーモンドの生地、ホワイトチョコクリームにサクランボフィリング、そして軽いサクランボのムース!
お花は本物のバターを使ったバタークリームなので、軽くて風味があっておいしい!
20190427-001
パティシエの村上昇平さんは、作る時に安曇野の春の風景を思い描いたそう。
「田んぼの畦や土手に芝桜を植えてる方が結構多くて、とてもきれいなんです。
そのイメージで」と、おっしゃってました。今年はお花を見て、お花を食べる!そんな安曇野の春になりそうです。
また、5月になると、豊科近代美術館のバラ園が見事に花を咲かせ始めるそう。
「バラの美術館」として有名なこの美術館の館長、荒深重徳さんが「まさにバラで埋めつくされます。
特に5月末~6月初めは一番見事です」と、すすめて下さいました。
子供用ドレスの貸出なども行って、記念撮影ポイントとしても人気なんですよ~。
20190427-002 20190427-003
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 安曇野市観光協会 → 
https://www.azumino-e-tabi.net/
□ サントゥールムラカミ → 
http://senteur-m.com/sp/spindex.html
□ 豊科近代美術館 → 
http://www.azumino-museum.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

安曇野で「いわさきちひろ」の世界を!

5月13日から2泊3日で、西日本新聞旅行とのコラボレーションツアー『富永倫子と行く信州旅』でも出かける「信州花フェスタ」。
4月25日からいよいよ開幕ですが、信州まつもと空港の真横にある『メイン会場』のほかに、『サブ会場』として安曇野会場と大町会場が、また、北アルプスの裾野に広がる地域には『サテライト会場』が設定されています。
さらに『グリーンシェアスポット』なる場所も、花と緑を楽しめる場所としてオススメされています。その『グリーンシェアスポット』のひとつが、安曇野エリア・松川村の「安曇野ちひろ公園」。「安曇野ちひろ美術館」の敷地を含む広大な公園で、大きな花壇があるんです。
この花壇、地元のみなさんが協力して作っています。
春はパンジーが中心。その後はブルーサルビアが夏じゅう咲き誇ります。
20190420-001 20190420-002
中心になっているのは「花が咲いてる村づくりの会」のみなさんで、20年以上活動を続けてらっしゃるそう。
リーダーであり、松川村農家民宿連絡協議会の会長もなさっている榛葉良子さんがお話を聞かせてくれました。
公園の花壇の他にも、主な道路の両脇にベゴニアのプランターを並べてらっしゃるとのこと。
その数、約1000個。仲間で苗を作り、地元の中学生と一緒に植え込みをして、水やりなどプランターの管理は道路沿いの各家庭にお願いしているんですって!
1軒あたり5つくらい面倒を見てるそう。
すごい。村じゅうを巻き込んでのお花大作戦!「普通は自分の家に向かってきれいな花を育てるけど、松川村の人は外に向かって見せて下さる」と、村外からのお客様に言われるとか。
しかし、信州はほんとうにお花の色がキレイなんです。
その理由を尋ねると「寒暖の差」と榛葉さん。夜の寒さと昼の暖かさの差が花の色を決めてくれるようで「あったかいだけとボーッとした色合いになるけど、寒さのせいで花の色がでるんでしょうね」と、おっしゃってました。
20190420-003
信州花フェスタの開催に合わせて、「安曇野ちひろ美術館」では、5月17日から特別展「ちひろ 花とともに生きて」が始まります。
「今回は、“花のある暮らし”や“花とこども”をテーマにして、花とこどもの画家・いわさきちひろを改めて紹介します」と、ちひろ美術館の入口あゆみさん。
いわさきちひろの9500点の作品のなかには、80種類もの花が作品として残っているんだそう。
「赤ちゃんと花、など、みずみずしい命の象徴として描いていると思います」と、入口さん。
またタブローと呼ばれる一点モノより印刷美術で活躍した画家なので、雑誌や教科書の挿絵としての花だけのカットも多いのだそう。
入口さんは「ちょっとした花のカットも、とてもいい作品が多い。
小さいけど花びらの質感を感じるような作品など、今回は花に注目して」と、おっしゃってました。
また、期間中は館内に生花があしらわれて、花三昧のちひろ美術館になりそうです。
20190420-004 20190420-005
さらに、この春は福岡でもいわさきちひろを満喫できます。
今日=4月20日から福岡アジア美術館で「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです」が始まってます。
青春時代から晩年(といっても55歳で亡くなってますが)までの200点の作品を通して、絵本画家としてよりも画家としてのいわさきちひろが紹介されていくそうです。
美術界での位置や制作の背景など、知ってるつもりだったいわさきちひろの、知らない部分が見つけられるかも。
入口さんは「色の画家として認識されているかもしれませんが、そのベースにある線に注目してほしい」と、おっしゃってました。
東京、京都に次いでの福岡開催。この企画展の最終開催地となります。5月26日まで。
20190420-006
(放送を聞く)

□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 松川村観光協会 → 
https://www.matsukawamura.com/
□ 安曇野ちひろ美術館 → 
https://chihiro.jp/azumino/
□ 生誕100年 いさわきちひろ、絵描きです → 
http://www.nikkei-events.jp/art/chihiro/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

乗鞍高原で山の幸!

松本市・乗鞍高原は、「アルプス山岳郷」と称されるエリアにあります。標高は1100~1800m。
白樺の林に、ゴールデンウィークはミズバショウが咲き、5月下旬になるとオレンジ色のレンゲツツジが鮮やかな高原です。
そして、見るだけではない、食べる方「山の幸天国」でもあるのです。
20190413-001 20190413-002

乗鞍高原のお宿の女将さん達、20名ほどが参加している『乗鞍うまいもの工房』は、修学旅行のお弁当やイベント開催時の料理の提供などをなさっています。
それぞれ、自分の宿を切り盛りしながらなんですよ~。
2019年のRKBラジオツアーの時は、くにえさん=ペンションオレンジペコ、まきこさん=青葉荘、たかこさん=静山荘、あきこさん=中道、代表のかずこさん=唐松荘が担当してくださいました。
20190413-003
春は山菜の天ぷらが一番のおごちそう!「低い温度でじっくり揚げるといい」らしいです。
20190413-004 20190413-005
タラの芽、ふきのとう、行者ニンニクにミヤマイラクサ、ハンゴンソウ(反魂草)、山ウド、ヨモギ、コゴミ、コシアブラ、山ぶどうの芽…。
春の進み具合によって、どの山菜に出会えるかは違うので、まさに一期一会。
そして、その山菜も女将さん達が自ら採ってきてくれるんです。「どこにでもあるわけじゃない。
秘密じゃないけど、みんな自分の好きなところがあって、そこに行くの。
“じっけた所”に生えてるのよねえ」と、女将さん達。
20190413-006 20190413-007
「わらびはどこにでもある」とまで言い切る女将さん達。そのくらいみんな年季の入った山菜採り名人なのですが、納得の情報を入手しました。
乗鞍高原地域の子供達は、学校の遠足でわらびを採って採って採りまくる(?)「わらび遠足」なるものが、毎年学校行事として設定されているのだそう。
しかも、採るだけでなくお金に換えて、本を買うんです。
それが『わらび文庫』!女将さん達が子供の頃からあるそうなので、もう5~60年くらいは確実に続いてるらしいです。
ちなみに平成30年度の収量は50kgほどもあったそうですよ~。
年季の入った山菜ワザを、5月13日からお出かけする、西日本新聞旅行とのコラボレーションツアー「富永倫子と行く信州旅~春の上高地と信州花フェスタ」では、2日目の昼食にいただきます。
世の中の10連休が他人事のあなた!ぜひ一緒に信州にでかけましょう。
20190413-008 20190413-009

20190413-010 20190413-011
(放送を聞く)

□ 西日本新聞旅行 →
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ のりくら観光協会 →
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

今度のツアーは、富永倫子さんの信州デビュー!

4月からの「さわやか信州リポート」は、「電リクじゃんけん」の番組内にお引っ越し!
パーソナリティの山口たかしさんは、高校時代はスキー部員だったので、何度も長野県に出かけた事がある上に、お母さんが登山部だったので、子供の頃に「穂高」に登ったこともあるそう。
仕事でも上高地に行き、アップルパイを食べた思い出があるとのこと。
一方、富永倫子さんは…。信州、未体験!これは…いいじゃないですか。結構な大人になって、日々、心にオリが溜まってしまう今、あの、信州の透明でキラキラのス―スーした空気デビューができるなんて。
190406-000
「さわやか信州」の代名詞ともいえるのが松本市・上高地。標高1500mの位置に存在する「スイスよりスイスのイメージを持つ」と、スイス人に言わせるほどの景勝地です。
許可車以外はバスとタクシーしか入れない上高地の森は、歩いていると360°の鳥の声に包まれます。
鳥の名前を知らないのが悔しくなるくらいなんです。
きつつき(=“なんとかゲラ”っていうらしいですね…)の木をつつく音と姿を見た時は大興奮しました。
20190406-001
もちろん九州にも山のリゾート地がありますが、上高地との最大の違いは「山の大きさ、高さ」。
上高地のシンボルでもある河童橋のそばにあるリゾートホテル『五千尺ホテル上高地』の総支配人・田中寿穂さんは「目の前に3000mのアルプスがあるかないか」と、おっしゃいます。
上高地の周りは3000mだらけ、なんですよね。
ちなみに、山口さんは、五千尺の絶品アップルパイを食した事があるそうな。
ほんとに美味しくて、幸せになる味ですもんねえ。
富永さんと行く信州旅では、五千尺グループのカジュアルなお宿で山小屋風の『ザ・パークロッジ上高地』に泊まりま~す。
20190406-002 20190406-003
ツアーは5月13日(月)からの2泊3日。
そのころの上高地の様子について、同じく河童橋にほど近い西糸屋山荘の御主人奥原宰さんは「山は雪で真っ白なのに、上高地には春の花が咲き始めるころ」だとおっしゃいます。
桜が咲き、地面にもかわいい花々が咲き、淡い萌黄色みたいな新緑が見られるんだそうです。
それが5月の中旬から終わりにかけて。うむ。どハマり。
20190406-004 20190406-005
4月25日から始まる「信州花フェスタ2019」のメイン会場でのお花も楽しむツアーになってます。
詳しくは西日本新聞旅行のホームページをご覧ください。
20190406-006 20190406-007

20190406-008 20190406-009
(放送を聞く)

□ 西日本新聞旅行 →
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 上高地公式 →
https://www.kamikochi.or.jp/
□ 五千尺ホテル上高地 →
https://www.gosenjaku.co.jp/
□ ザ・パークロッジ上高地 →
https://lodge.gosenjaku.co.jp/
□ 西糸屋山荘 →
http://www.nishiitoya.com/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

鋭意準備中!信州花フェスタ!大町会場

4月25日の開幕までひと月を切った「信州花フェスタ2019~北アルプスのおくりもの~」。
ここへきて寒さが和らぐどころか早朝は氷点下になってますが、準備は着々と進んでいます。
メイン会場の信州スカイパーク以外に、サブ会場として国営アルプスあづみの公園があります。
北アルプスの山すそに広がる広大なこの公園は2地区に分かれていて、その両方とも花フェスタのサブ会場です。
大町会場(大町・松川地区)は、北アルプスのふもとの森をまるまる活かした公園になってます。
標高800mくらいに位置するこの公園の楽しさは、空中回廊!公園内をめぐる、高さ8~9mの位置にある全長640mの遊歩道です。
普通、森を散策している時は、木々の幹のそばを歩くわけですが、この回廊だと木々の枝葉のそばを歩くことになるんです。
「長野県は緑が豊かなので、花はもちろん華やかさがあっていいけど、緑が持つやさしさとか包み込んでくれるような…そういったものも感じていただきたい」と、第36回全国都市緑化信州フェア実行委員会の大村一さん。
20190330-001 20190330-002

20190330-003

また岩を活かした広場のようなエリアには、岩と岩の間に水仙が植えられているとのこと。
取材した3月13日の時点では、まだ、指の先っぽくらいしか出てないけど、その数なんと98万本!「5月にいっせいに花開きますよ~!」と息巻く大村さんに、「え?5月?九州、福岡だと年明けてすぐ咲くのが水仙…」と告げると「…え?……そうなんだ~」と、大村さん。
この気候の違いがおもしろい!九州で水仙楽しみそこなった方にもおすすめしたい!
20190330-004 20190330-005
さらに北アルプス餓鬼岳を見上げる広場には、「シェードガーデン」が作られています。
NHK趣味の園芸の矢澤秀成さん監修だそうで、木陰を利用して作る日陰で育つ植物の花壇です。
緑だけでなく黄色や赤など色とりどりの葉をもつ「ギボウシ」が木の根元一面に春の芽吹きを見せてくれるんだそう。
上が3月13日。下は昨年のシーズン中(育成中ですが)の写真です。
20190330-006 20190330-007

20190330-008 20190330-009
さらに、「最初は力強い緑の芽吹きを見て、それが新緑に移り変わって、最後に花が開くという一連のストーリーを見ていただくという思いで庭が作られていますが、やっぱり花フェスタですから花を見たいですよね。
この中に、アジア唯一の原種”チベタヌス”というクリスマスローズの苗が入っていて、4月の中頃から花が咲きます」と、大村さん。
今年は雪が少なかったので、途中で軽トラック12台分の雪を運びこんで、30cmくらい雪をかぶせた御苦労もあったそうです。
春の信州旅は、ぜひ信州花フェスタの会場も楽しみましょう。
20190330-010 20190330-011
さて、リスナーさんと出かけるツアーで、13回も信州を旅した安藤さんに信州リポートをお届するのも今週が最後。
安藤さんは、「九州と180度違う自然。温泉のよさ、食べもの…特にそば。あと、山菜。そして人情!信州の人の自然や歴史を愛する心、そして信州自慢とうんちくはすごい!それだけ郷土愛が深いので、おもしろい」と、おっしゃってました。
お別れに、「安藤さんのさわやか信州リポート<生放送>」と名シーン「穂高と豊」をどうぞ。
20190330-012 20190330-013
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 国営アルプスあづみの公園 →
http://www.azumino-koen.jp/
□ 信州大町なび →
http://www.kanko-omachi.gr.jp/
□ 松川村観光協会 →
http://www.matsukawamura.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

鋭意準備中!信州花フェスタ!

4月25日に開幕する「信州花フェスタ2019~北アルプスのおくりもの~」。
ちょっとずつ寒さも和らぐ中(といっても福岡の12~1月くらいには寒い!)、メイン会場の信州スカイパーク以外に、サブ会場として国営アルプスあづみの公園があります。
北アルプスの山すそに広がる広大なこの公園。
2つに分かれていて、その両方とも花フェスタのサブ会場です。
安曇野会場(穂高・堀金地区)では「『段々原っぱ』が見どころ」と、第36回全国都市緑化信州フェア実行委員会の大村一さん。
20190323-001
もともとの、扇状地に広がる段々畑を活かして作られたこの公園の大花壇が花フェスタ用にパワーアップするんだそうです。
例年10万球植えられるチューリップの球根が、なんと38万級になってると!しかも段々畑のてっぺんの平らな部分は走ったりできるようにスペースとして残されており、段々畑の土手の部分=斜面の所にだけチューリップが植えてあるんですって。
残雪の北アルプスに向かってチューリップが一面に咲いているように見える予定だそう。
ちなみに咲いてる写真は、去年の様子。この4倍近い勢いになるわけですねえ。
20190323-002 20190323-003

20190323-004 20190323-005
また、「『チューリップからユリへの開花リレー』も見どころ」とのこと。
チューリップの見ごろはゴールデンウィーク前後。
しかし、花フェスタの会期は6月16日まで。そこで、チューリップの球根の少し下に5月末~6月に咲く予定のユリの球根を植えてあるのだそう。
時間差攻撃ですねえ。ううむ。庭づくりは戦略ですな。
また、この花フェスタ、地元のみなさんの参加具合がすごいんです。
安曇野会場の公園までのアプローチになる道路の両サイドに、パンジーのプランターを100個並べてお客様をお出迎えしようとしているのが、南安曇農業高校の生徒さん達。
代表のグリーンサイエンス科2年の丸山歌穂さんが「オレンジ、黄色、白に真ん中が黒のブリッジ…という配色にしました。
全国から来られた方をおもてなしするということで、道路の脇でも目立つように明るい色を選んでます。
お手伝いできて嬉しいし、来た方に喜んで欲しいと思ってます」と、話してくれました。
また、数が多くても水やりがたいへんじゃないように工夫したプランターを採用してるそう。いろいろ考えてるんですねえ。
20190323-006
さらに、南安曇農業高校環境クリエイト科3年の石田花穂さんが、そのアプローチ道路の入り口あたりに枯山水庭園を作っています。
テーマは「安曇族」。
古代、北部九州(福岡市~粕屋郡~宗像付近?)を本拠地に活動していた海の民で、日本海から新潟の姫川を遡って長野県の旧南・北安曇郡エリアに移り住んだ人々です。
石田さんは庭のテーマを探すなかで、穂高神社の御船祭にめぐりあったのだそう。
「過去の安曇族と今の安曇族を組み合わせました。奥の石積みは常念岳を、白川砂は安曇野の地名の由来になった安曇族の拠点の海を表現しています。
石組みも、右は手前の石で船首、後ろで帆をイメージしました。
左の石は安曇族が目指した島をイメージしています。」と。
おお。見えますねえ。伝わりますよ~。
20190323-007 20190323-008
地元の高校生の想いもたくさん詰まった「信州花フェスタ2019」。
春の信州旅の回遊先にぜひ加えて下さいね。
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 国営アルプスあづみの公園 →  
http://www.azumino-koen.jp/
□ 安曇野観光協会 → 
https://www.azumino-e-tabi.net/
□ 南安曇農業高校 →  
http://www.nagano-c.ed.jp/nanno-hs/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

鋭意準備中!信州花フェスタ!

4月25日に開幕する「信州花フェスタ2019~北アルプスのおくりもの~」。
ちょっとずつ寒さも和らぐ中(といっても福岡の12~1月くらいには寒い!)、メイン会場の信州スカイパークは、準備と工事が進んでます。
ヘルメット着用で、現場をみせていただきました。取材には鹿児島MBCラジオのパーソナリティ・柴さとみさんもご一緒です。
20190316-001
案内してくれた第36回全国都市緑化信州フェア(これ、正式名称)実行委員会の篠原槙介さんは「残雪の北アルプスを背景にこれだけの大規模な花が見られるのは、長野県内ではここだけです。
北アルプスと花々のコントラストを見に来ていただければ…」と、おっしゃいます。
20190316-002
篠原さんが個人的に一番お気に入りの「北アルプスと花の丘」は、15万株の花が裾からてっぺんに向かって、青→黄色・オレンジ色にグラデーションしていくんだそう。
この丘は昨年から、地元の小・中学生や起業・団体のみなさんが作ったものだそう。
しかし、びっくりするくらい目の前に空港!タイミングが合えば、花の丘の向こうに「今日は何色?」というのが楽しみなFDAの飛行機、そしてその向こうに残雪の北アルプス…となるんでしょうねえ。
20190316-003
また、入口から入ってすぐの「はじまりの花庭」は、高さ3m・横23mの壁面緑化だそう。まだ、骨組みのみで~す。
20190316-004
どこでもドアっぽいドア枠が並ぶ「芸術と花の森」は、ドアごとに全国の自治体の作品がてんかいされるんだとか。
20190316-005
また、「しあわせ暮らしの庭めぐり」エリアでは、若手造園家さんたちが、『町』『里』『高原』『山』をテーマに庭を展開します。
『里』の庭作りは、日本造園組合連合会長野県支部青年部が担当。
42名のメンバーがローテーションで作業にあたっています。
庭のテーマは「昔の農家」。古材を使った木造の水車小屋に水路、井戸にふきのとうや菜の花が入ります。
若い人には「昔はこういう感じが里山だったんだなあ」と、年配の方には「なつかしいなあ」というような風景を作るのだそうで、この日作業を担当していた、小池造園の小池健太郎さんは「自分達も40代で、昔の里山を知らないけれど、みんなで調べて、『昔はこういう暮らしだったんだね』と想像しながら作ってます」と、おっしゃってました。
屋根の上に載せた苔の生育や、寸法が合わない古材など、結構苦労なさってるとのことでしたが、いやいや、お顔は輝いてました。
20190316-006 20190316-007
また、『町』の庭づくりは洋の庭が作られていました。県産木材を活かし、「松本てまり」のデザインを取り入れたこの庭。
「九州から来た人への見どころポイントは?」との問いに、担当なさっている奥原造園の野村聡さんは「長野県といえば白樺。垣根の向こうに白樺を入れて、さわやかさを出していきます。
長野県=さわやかというイメージでもあるし。
あんまりごちゃごちゃしなんで、風が吹き抜ける感じをイメージしてやってます」と、おっしゃってました。
20190316-008 20190316-009
メイン会場は入場無料。LDHとコラボレーションしたコーヒーショップや飲食コーナーも入るし、イベントもあり、展示も劇団四季やいわさきちひろ、西畠清純氏提案の信州産サボテンなどがあり、いろんな体験も用意されています。
「ただ見るだけじゃなく、体験・体感して、花や緑を知っていただきたい」と、実行委員会の篠原さんがおっしゃってました。
飛行機を降りてすぐ、もしくは帰る直前に、ぜひぜひ信州花フェスタに行きましょう。

(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

花フェスタとアルプス山岳郷の春

4月25日から6月16日まで、信州まつもと空港のすぐそばをメイン会場に開催される「信州花フェスタ2019~北アルプスの贈りもの~」。
始まると、会場は700品種55万株の花と緑が会場を彩るはず。
鋭意準備中の会場から空港が見えまくり!けっこう曇ってますが、北アルプスも!
20190309-001 20190309-002

せっかくなので、花フェスタといっしょに北アルプスの春も楽しみたいじゃあ、あ~りませんか。

アルプス山岳郷(北アルプスの南端=松本市の西山エリア)の春について、白骨温泉・山水観湯川荘の斎藤藍さんに聞くと、「順にお花が咲いてきたりする、5月の終わりから6月あたりが魅力的だと思います」とのお答え。
おお。では花フェスタ会期の終わりごろですな。
「新緑もまぶしくて、光を透かす緑が、毎日新しい景色になる」とも。
20190309-003
山水観湯川荘の女将さん・斎藤理恵さんは、「新緑の緑もいろんな緑があって、黄色に近いのや透明感のあるのとか。
お日様が透けて見えるようなキラキラした緑…それに朝露がのると一層きれいに緑が映えるんです」と、おっしゃいます。
20190309-004
宿の入り口の吊り橋の横にカツラの大木があるのですが、その色は特筆すべきものだそうでう。このカツラ、新緑は緑ではなく赤!それが黄色くなってだんだん黄緑になって緑になるんだそう。
「燃えるような春のはじまり」と、女将さんがおっしゃってました。これは見てみたい!
20190309-005 20190309-006
しかもカツラの木は「ちょっと甘い香り」なんです。
藍さん曰く「びっくりするくらいの香り」が楽しめます。
白骨温泉エリアにはカツラの大木が結構あるそうなので、春の香りを楽しむ旅、おすすめしたい。
20190309-007
なお、桜はヤマザクラ。世間の桜が終わって一ヶ月くらいの開花で、葉と花がほぼ同時に出るんだそうです。
信州の春旅、アルプス山岳郷は5月半ばからがよさそうです~。下の写真は6月中旬の湯川荘。
20190309-008 20190309-009
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ アルプス山岳郷 →
https://alps-sangakukyo.jp/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ 山水観・湯川荘 →
http://www.sansuikan-yu.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

信州まつもと空港のすぐそばに…

4月25日~6月16日まで、「信州花フェスタ2019~北アルプスの贈りもの~」が開催されます。
これ、全国都市緑化フェアのことです。
去年は山口県で開催でしたね。雪を頂いた北アルプスを背景に、お花と緑に囲まれた空間で、いろんな催しが楽しめそうです。
メイン会場は「信州スカイパーク」。ほんとに信州まつもと空港のすぐそば!なんです。
ターミナルを出てちょいと歩いて左に曲がったら…はい会場~、って感じだと予想中。実は信州まつもと空港って、日本一標高の高い空港なんです(658m)。
そのくらい空に近いと…おひさまがまぶしいっ!で、陽に輝くお花がきれい!なんです。
そんでもって空気がきれい!で、お花や木々の色がきれい!なんです。これは、行かなきゃです。信州花フェスタ。

で、もうひとつ、信州まつもと空港のすぐ近くでおすすめなのが「道の駅 今井恵みの里」。
安藤さんと行く信州ツアーでも行程最後の仕上げに立ち寄ることが多いのです。
ここは農産物はもちろん、加工品のラインナップがすごいんです。その数90種以上。
道の駅今井恵みの里・社長の犬飼公紀さんが「俺、農産物を見ると、すぐ、加工したくなるもんで…」と、笑いながらその理由を説明してくれました。
今まで畑で捨てたり腐らせていたものを、付加価値を付けて加工品になさるのだそうです。
20190302-001
私のお気に入りは『長いも入りマヨネーズ』。あっさり系のマヨネーズの中に、2~3mm角の細切れの長いもがゴロゴロ入っているんです。
口に入れると“しゃきしゃき”いい音。そのまま野菜につけてもおいしいですけど、パンに塗ってオーブントーストで焼き焼きしてもおいしいんです~。
もとは、長いもを箱詰めする時、箱からはみ出すので切り落とされてしまう、いもの両端なんだそう。
長いもマヨネーズ製造開始以前は畑で捨てていたんだとか。
20190302-002
「企業秘密は嫌いだから何でも教える」という犬飼社長のもとには、他の道の駅や産直販売所、社会福祉法人などが見学や研修にやってきます。
「ジュースやジャムを作っても全然売れない」という悩みに対して「日本じゅう、どこに行っても農産物の加工っていうとジュースとジャムっていう概念しかない。
それはもう捨てなきゃいけない。ただのジュースやジャムじゃなくて、健康とか栄養機能とかそういうものを前面に出して加工品を作らなきゃいけないというのがうちの考え方」と、犬飼社長は答えます。
りんごの搾りかすから作った、高血圧や肥満糖尿病、骨そしょう症対策に人気の『しぼりんご酢』や、滋養強壮におすすめという『すいか糖』など。
スイカの名産地=波田をかかえるこの地域は、ブランドスイカゆえに二番果までしか出荷せず、3つめ以降は全部廃棄になっていたのだそうです。
他にもスイカジャムなんて商品も生まれてます。
20190302-003
犬飼社長は「今までの農業から脱皮しないと。今までの農業ってのは7~8割を金に換えて2割を廃棄する…だった。
でも廃棄している2割を金に換えていかないと、これからの農業は持続できない」と、おっしゃいます。
「農家が農業だけで生活ができる仕組みを作る」「農家と消費者が共存しなくては」とも。
今井地区では、高齢者に「換金作物=すぐお金に換える作物を作れ」と勧めています。
65歳以上限定でらっきょうの種を無料配布し、労力も手間もあまりかけず育ててもらい、今井恵みの里で売ってもらうとのこと。
おじいちゃんおばあちゃんのお小遣い稼ぎにしてもらうのだそう。だから、大きな面積で作っちゃう若者には作らせません(笑)。
取材時はツルニンジンが出ておりましたね。
20190302-004 20190302-005
リンゴのジャムだって品種別だったり、バターを入れたバタージャムだったりいろいろ。
青トマトやかぼちゃのジャムも登場しています。
ジュースも各種ミックスジュースや梅ジュースなどバラエティ豊か。
リンゴや梨の薄切りドライチップもありますよ~。
買い物はもちろんですが、農業関係や直売所の関係者の方の研修旅にもおすすめしたい『道の駅 今井恵みの里』でございます。
20190302-006 20190302-007

20190302-008 20190302-009
(放送を聞く)

□ 信州花フェスタ2019 →
https://shinshu-hanafesta2019.jp/
□ 道の駅 今井恵みの里 → 
https://www.imai-megumi.com/
□ 新まつもと物語 →  
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

高遠石工

桜の名所高遠城址のある伊那市。江戸時代、「高遠石工」と称される石大工集団の本拠地だったそうなんです。
詳しいお話を、一般社団法人 高遠石工研究センター事務局長の熊谷友幸さんに教えていただきました。
高遠の石工は、江戸城の建築などにも携わってますが、江戸時代=災害や病気の多かった時に、庶民の信仰のよりどころとしての石人石仏を、今の青森県から山口県まで、旅稼ぎ石工として全国に出向いていたのだそう。
しかも名前がわかっているだけで約1400人。
名前が記されているのは石工のリーダーでしょう。
基本は五人一組で動いていたので、×5。
高遠石工人口、すごい数です。「高遠石工の派遣は、高遠藩が推進していました。
なぜなら、確実に年貢が取れるから。内藤のお殿様が派遣を奨励した時期は、全国各地で庶民がお墓や石仏を作りたがった時期とうまく重なった」のだそうです。
年によっては、高遠藩全体の年貢の3分の1は高遠石工が納めていたほどだとか。
藩財政の柱だったんですねえ。
20190223-001
それら高遠石工の中でも、名工といわれたのが『守屋貞治(もりやさだじ)』。
この人の作品がたくさんあるのが伊那市高遠の建福寺です。
寺に至る階段のそばに「西国三十三カ所観世音菩薩」が並びます。
20190223-002 20190223-003
「円空や木喰といった近世的自己表現をした人に比べるとクラッシックな仏師ですが、ところどころに数珠や獣をしのばせたり、阿修羅のような顔に仕立てたり」といった特徴もあるそうです。
施主さんの家に長期滞在して石を彫り続ける石工だからこそ、施主さんの思いをしっかり聞き取り、像に反映させたのだそう。
20190223-004 20190223-005

20190223-006 20190223-007
「石仏の命は顔。季節、時間によって表情が違う」と、熊谷さん。
「ライトアップの時期にもぜひ見てほしい」と、おっしゃいます。
「ちょっと忙しすぎる現代人に元気を与えてくれると思いますよ」とも。
石仏と同時に、中央アルプスと南アルプスの仙丈ケ岳の山並み(伊那市民の好きな山)も見て、春だと桜もだーっと咲くのが楽しめるそうです。
20190223-008 20190223-009
(放送を聞く)

□ 高遠石工研究センター → 
http://site.takato-ishiku.com/
□ 伊那市観光協会 →  
https://inashi-kankoukyoukai.jp/contents/archives/34795
□ 長野伊那谷観光局 → 
http://www.inadanikankou.jp/
□ 長野県観光機構 → 
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

お気に入りの旧開智学校

私のお気に入りでもあり、今回の「安藤さんと行く、アルプス山岳郷で雪と温泉を楽しむツアー」に参加の石崎さん・米倉さん姉妹の感動ポイントでもあった「旧開智学校」。
明治6年に建てられた、擬洋風建築の小学校校舎で、国の重要文化財です。
今回、前夜の雪が積もったので、珍しい「白開智(by学芸員の遠藤さん)」が見られました。
20190216-001 20190216-002

安藤さんツアーでは、しばしば案内をお願いする学芸員の遠藤正教さんによる、明治時代の小学生が受けていた内容の模擬授業をみなさん体験。
20190216-003 20190216-004
小学校1年生が習ってた漢字が難しすぎて、みなさん、すっごく真剣!かわいい!
20190216-005 20190216-006
いつも山登りで信州に来ていたという米倉さんは「ずっと憧れてたけど、いつも山に行くだけで素通りしてた。
趣味が合うか気になって山の人と来た事がなかった。来て良かった~。」と、大満足のご様子。
亡くなられたおじい様が、高い教育を受けていたわけではなかったのに、自身の日露戦争での従軍記録を漢文で記録なさっていたそうで、「明治の人達の受けた教育のレベルの高さがわかった」とも。
20190216-007 20190216-008
明治から昭和38年まで現役の小学校校舎として使われたので、ここには教育資料がたくさん残されています。
特別学級や林間学校、幼児教育や定時制の起こりも見ることができます。
中でも、子守り奉公に出された女の子たちのために放課後時間帯で行われた「子守り教育」の内容と、卒業生の答辞には涙が出ちゃいます。
松本市内、長野県内だけでなく、周辺の県にも評判が届き、「松本に奉公に行けば、学校に通える」と、県外出身の子供達も通ったそうです。
20190216-009 20190216-009-2
教育関係者はもちろん、「教育」「学ぶ」ということについて思いがある人は、絶対訪れてほしい旧開智学校です。
20190216-010 20190216-011

20190216-012 20190216-013

20190216-0014 20190216-015
(放送を聞く)

□ 旧開智学校 → 
http://matsu-haku.com/kaichi/
□ 新まつもと物語 →  
https://visitmatsumoto.com/
□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

アルプス山岳郷の雪と温泉

北アルプス(=飛騨山脈)の一番南側の山~山麓エリアは、アルプス山岳郷と称されます。
松本市の西側の山々・峰々…ということになりますので、標高3000m級の槍ヶ岳や穂高連峰も入るのですが、そこは訪ねるのではなく眺める場所!ということで(笑)。
実際には、上高地や乗鞍高原、白骨温泉や奈川高原、さわんど温泉などで、アルプス山岳郷を満喫する事になります。
西日本新聞旅行とのコラボレーションツアー「安藤さんと行く信州旅 アルプス山岳郷で雪と温泉を楽しむ3日間」でも、ご夫婦で参加の重松さんが「最高。また来たい。体がほぐれた」と絶賛したのが白骨温泉。
泊めていただいた「山水観湯川荘」の内湯も露天も入りまくりだったそう。
20190209-001

20190209-002 20190209-003
私の部屋のベッドの上に毛布がかけてあって、お風呂に入る前は「ああ、ありがたい」と感じてたのに、湯あがりは「これ、いらない」に…。
暖房も切ってしまうほどなんです。二重サッシの外は、出しておいた保冷剤が凍るくらいの寒さなんですけどね。それを湯川荘のご主人・斎藤元紀さんにお伝えすると「そうなんだよねえ。入ってみないとわかんないんですよねえ。
1月の一番寒い時に、館内を浴衣だけで茶羽織を着ないで歩いてらっしゃるお客さん、いらっしゃいますもんね。
『ああ、あったかいんだな~』と、思いますね」とのお返事。そうなんです。
湯川荘の茶羽織は薄手なのに、湯あがりに着てられないんです。そのくらいあったまるんです。
20190209-004
さらに、温泉のお湯を使った鍋や山の幸満載の食事で、お腹の中からデトックス~。
20190209-005 20190209-006

20190209-007 20190209-008
朝ご飯の「温泉がゆ」や自家製「凍み豆腐」のお味噌汁も体にじゅわじゅわしみまする。
20190209-009 20190209-010
ほーら、みんなピカピカ元気に仕上がります。
20190209-011 20190209-012

また、乗鞍高原には冬限定の飲み屋、「雪と氷のEVスナック」が、週末(金~日)の夜に登場しています。
20190209-013 20190209-014
EVとは電気自動車のこと。スナックの照明、電子レンジ、おでんの保温、冷蔵庫などの電力を電気自動車の電源でまかなっているのです。
20190209-015
直径8mの巨大なテント内はミラーボールのきらめきと昭和歌謡で、まさに「スナック」。
暖房器具で室内はそこそこ暖か(といっても0~1℃前後らしい。外はマイナス8℃くらい)ですが、隅のほうに雪が見えます。
服装は外着のまま。帽子とマフラーは大切。運営スタッフの一員でもある、のりくら観光協会イベント企画部の村瀬基行さんが、「ここ、雪の上に建ってるんです。
20cmくらい雪が積もった上に人工芝を敷いて、テントを立ててるんです。
だから、営業が終わると全部たたんでしまうので、2時間後には雪原に戻ります」と、教えてくれました。
20190209-016 20190209-017
ドリンクメニューは、定番ものから信州産のウイスキーや地酒、ホットワインにカクテルもあります。
凍った善五郎の滝をイメージした「Zengoro Fall=善五郎フォール」というカクテルも!
乗鞍高原の宿の女将さん特製のおでんや、村瀬さんが自分のペンションでスモークしたチーズなども供されてます。
どれもおいしい!
20190209-018 20190209-019
村瀬さん曰く「夕飯食べて、20時くらいからスナックに来る間に星を見るときれいなんですよ」と。
これまでと違う乗鞍高原の夜遊びが楽しめます。

(放送を聞く)

□ アルプス山岳郷 → 
https://alps-sangakukyo.jp/
□ 白骨温泉 → 
http://www.shirahone.org/
□ 山水観湯川荘 → 
http://www.sansuikan-yu.com/
□ のりくら観光協会 → 
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 →  
https://visitmatsumoto.com/
□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

雪遊び!~アルプス山岳郷で雪と温泉を楽しむツアー

西日本新聞旅行とのコラボレーションツアー「安藤さんと行く信州旅 アルプス山岳郷で雪と温泉を楽しむ3日間」。
乗鞍高原で、6~70歳代の参加者のみなさまが、見事に雪まみれで楽しい時間を過ごしました~。
今年はキノコ採り名人への道に目覚めた・リトルピークス代表の小峰邦良さんと、新登場ガイドのサムさんに案内してもらい、スノーシュ―を装着して、凍った「善五郎の滝」をめざしてスノーシュ―ウォーキングです。
準備体操から気合い十分!

20190202-001 20190202-002

20190202-003 20190202-004
道路標識と安藤さんの頭の位置で、積雪量がお分かりいただけるかと思います。
20190202-005
スノーシュ―ダウンヒル=スノーシュ―で丘を駆け下りる=滑り降りる<滑り落ちる=尻で滑るひととき!最高に楽しい!
20190202-006 20190202-007

20190202-008 20190202-009
小峰さんの「八甲田山ごっこやりますよ~」の意味が全員わかる、大人チームご一行です。
20190202-010 20190202-011
楽しすぎて、雪の上で転げまわる6~70歳代。石崎さん米倉さん姉妹は「滑ったり転んだり、尻スキーも楽しい」と。
20190202-0012 20190202-013
ご夫婦で参加の谷井さんは「童心に…小学生くらいに帰ったねえ。滑り落ちてもケガしないし楽しい」と、満面の笑み。
20190202-014
ご夫婦で参加の重松さんは、楽しすぎて「もっともっと山坂があってもよかった」と、力強い発言。
20190202-015
今冬の善五郎の滝は、凍り方が美しい!気がしました。水の流れを感じさせる形に、そして水色に見事に凍っています。
20190202-016 20190202-017
ご夫婦で参加の三角さんは「自然の中に入って、もう何もない素の姿で自然の中に入って…。こんなに癒されたことはなかったですねえ」と。
20190202-018
そして、元気に雪食(笑)。
20190202-019
そう、生まれ変わっちゃうんですよね。乗鞍高原の雪遊び。一晩雪が降れば、まっさらな雪原が甦ります。
春が来る直前まで、雪にまみれてくださいませ。
たっぷり遊んだ後は、「プチホテルアルム」のごはんが、よりおいしい!のでありました。
20190202-020 20190202-021

20190202-022 20190202-023
(放送を聞く)

 

□ アルプス山岳郷 →
https://alps-sangakukyo.jp/
□ のりくら観光協会 →
https://norikura.gr.jp/
□ リトルピークス →
http://www.littlepeaks.jp/
□ プチホテルアルム →
https://alumu.com/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ 西日本新聞旅行 →
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

ざざ虫~昆虫食

※今回の写真は、虫が苦手な方は、じっくりご覧にならないほうがいいかもしれません。ごめんなさい。

海無し県の長野県。昔からタンパク源として昆虫が愛されてきたそうです。
そのなかでも高級珍味なのが「ざざ虫」。主に長野県南部で食されます。
イナゴや蚕のさなぎ、ちょっとお高い蜂の子と比べてもお値段が高いので、私も食べたことがありません…でした。
その「ざざ虫」、これが結構イケるんです。おせち料理の中のエビの佃煮っぽいお味。ただ、飲み込んだ後、ちょっとお習字の時間の匂いがする…なあ。
しかし、甘さとタンパク感がすごい!安藤さんも「おいしい」と。武田伊央さんは…。ごめんね、伊央ちゃん。
20190126-001
さて、この「ざざ虫」。実は冬が漁のシーズンだというので、取材させていただきました。
場所は伊那市、天竜川です。諏訪湖から始まって、長野県内を南下し、愛知~静岡~太平洋へと流れていく川です。
天竜川下りでも有名ですね。ざざ虫を獲っていいのは12月1日から2月末日まで。
漁師の中村明彦さんとお手伝い(“おてこ”とおっしゃってました)の中條さんが、川に入ってらっしゃいます。
20190126-002
「ざざ虫なんて見たことねえんだろうけど…」と言って、中村さんが網の中を見せてくれました。
20190126-003
わを!フナムシを思わせるような体の硬さのビジュアルもあれば、アオムシっぽいのもいるし…。何の虫の子供なんでしょう?「アオムシだよ、これ。」と中村さん。
「これはヘビトンボの幼虫で、これはカワトビケラの子で…」。「ええっ?ざざ虫って一種類じゃないんですか?」「ああ。川の中にいる虫の総称だね。」「じゃ、川にいるのはみんな『ざざ虫』?」「いや、みんなじゃない。食べれるやつと食べれないのがいるで」と、中村さん。衝撃の問答でした…。
しかしなぜ『ざざ虫』って名前になったのか。「こういう浅瀬のところを『ざざ』っていう。
そう言うで、名が付いたと思う。音がするでしょ?こういうザーザーザーザーって。
こういう虫、全国どこにでもいるよ。ただ食べる習性があるのがここだけだから」。
中村さん…習性って…。ニコニコしながら「これ、ヤゴ。ヘビトンボの子。
孫太郎っていうけど。この茶色いでっかいの。これ、一番おいしいんだよ。香ばしい」と、続けます。
20190126-004 20190126-005
しかし、虫獲りではなく「ざざ虫漁」というのはおもしろいなあ、と思っていたところ、中村さんの帽子に付けてある許可証を見て驚きました。
「虫踏許可証」。
20190126-006
ええっ?虫「踏み」?理由は虫の取り方で納得。道具はくわと『よつで網』という名の屋外用ちりとりみないなカゴ。
まず「よつで網」を据え付け、その上流の川底の石をクワで掘り起こします。
そしてその石を足で踏む!そうすると石の裏にくっついていた『ざざ虫』たちが川の流れに流されて「よつで網」に流れ込む。
20190126-007 20190126-008
これを繰り返しながら、少しずつ上流へ進んでいくんです。そして、少しずつ網の中の虫が増える、と。
そして、選別用の網で虫だけを取り出して完了!あとは自分で調理するんだそう。
20190126-009 20190126-010
35年くらい「ざざ虫漁」をなさってるという中村さん。実は昔より虫の量が少ないとおっしゃいます。
川の汚れが原因かと思ったら、「川は昔よりきれいになってるんだよ。
でもね、河川敷がうんと整備されすぎちゃってね。かえってよくなくなっちゃった」とのこと。
また、去年は台風が何回か来たので、荒れて大雨で川底の方まで浚われて、虫が死んじゃったんだそう。
すべては自然のバランスなんですねえ。しみじみ感じながら、もうひとつ、ざざ虫を口に入れた中島でした。
20190126-011
(放送を聞く)

□ 信州伊那谷観光情報 →
http://www.inadanikankou.jp/
□ 長野県観光機構 →
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

小正月行事「三九郎」

日本全国、小正月の行事はその土地ごとに特徴があると思ってます。特に火を使うものも多いですよね。松本地域もそう。私たちが「どんど焼き」と言ってるものを「三九郎(さんくろう)」と呼んでいるのですが、これがまた!形、大きさ、数…。すごいんです。素材は各家々からのお正月飾り、竹、わらなど。三本の柱を支えに円錐型に作っていきます。高さは2~3mくらい。そこに、一年間みんなの願いを叶えるべく飾られていたダルマが、トッピングされるので、見た目はまるでクリスマスツリー。てっぺんにダルマを飾っているものもありました。
20190119-001 20190119-002

20190119-003 20190119-004

しかも、これが町会ごとに作られるので、河原に、三九郎がずらーり並びます。近いと20mくらいしか離れてない!川沿いで、もくもくと三九郎の燃やされた煙が連なって上がります。なお、各町会の事情で点火時間が決まるようです。
20190119-005 20190119-006
今回、松本市の北源池町会の三九郎に参加させていただきました。
20190119-007
点火するのは町会で一番上の学年の子。今年は源池小学校4年の賢斗くん。今年は竹が多かったそうで、ぱん!ぱん!すっごい音がして、正直びびった中島です。三九郎のそばには、しっかり消防団の方々が付いていてくださるんですよ~。
20190119-008 20190119-009 20190119-010
燃やし始めてから「ああ。間に合った~」と、正月飾りを持ち込んで焼いてもらう人も(笑)。火がオキになると、柳の枝に米粉で作った色とりどりの小餅を刺した「繭玉」と呼ばれるものをかざして焼き始めます。これを食べると1年間元気でいられると言われているそうです。よくよく見ると、ウインナーを刺したものも登場(笑)。現代的というか。町会の人もみんな集まって、おやつやおつまみ、お酒もふるまわれます。
20190119-011 20190119-012
松本市博物館学芸員の高山直樹さんによると、起源は平安時代から行なわれてきた「左義長」という小正月の火まつりであり、全国的に行われているものだとのこと。でも、やっぱり「三九郎」という名前は珍しいのだそう。「定説というのがなくて、『人の名前』という説もあるし、『凶作・重税・病気とか三つの苦労を焼いちゃう』という説もあるし、『作り物自体が三つの木で枠を作って九段に重ねて、それが三と九で作り物の名前だ』という説もあります」と、高山さん。「旧松本藩が治めていた地域に『三九郎』というところが多いらしく、松本城の設立に関係がある石川康長という人物の幼名が三九郎だったという説もあるんです」とも。

20190119-013
近年は成人の日がらみの連休の土日に行われることが多いようです。三九郎と松本の「あめ市」と併せて小正月の城下町を楽しむ旅、おすすめしたい!

(放送を聞く)

□ 松本市博物館 →
http://matsu-haku.com/matsuhaku/
□ 新まつもと物語 →
https://visitmatsumoto.com/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

大町市・鹿島槍スキー場

鹿島槍スキー場、とにかく圧倒されるような鹿島槍の山姿にしびれる…そんな場所です。
スキー場に入ると、手前の山の奥にどーーーーーん!って感じ。
20190112-001
鹿島槍スキー場の戸田峻也さんがこのスキー場の特徴について「初級・中級・上級とコースがあって、斜度に富んだ、いろんなコースになってます。
その上で、壁を使ったコース作りとか、ツリーランコースっていって森の中を滑るコースを作ってます。
起伏や凸凹を我々でオリジナルで地形を作って。敢えて自然のものと人工のものを織り交ぜながら、上手な人でも初めての人でも楽しんでもらえるようにしています。」と、教えてくれました。
20190112-002
第10リフトに乗って、一番山頂まで行くと、大町市の3つの湖の中で一番透明度が高い青木湖が一望できるそう。
また、第5リフトの上に行くと中綱湖が見えて、景観自体もお客様の楽しみになっているとのこと。
せっかくですから、ちょっと無理して湖の見える中級コースにチャレンジ。
20190112-003 20190112-004
大町市役所の遠藤さんをコーチに、老野さんを付き添いにがんばってみました(汗)。
20190112-005 20190112-006
景色は最高!
20190112-007 20190112-008
滑りは…しっかり転倒を経て、怖いトコは歩いちゃいました。
20190112-009 20190112-010
鹿島槍の戸田さん曰く「朝がきれいなんですよ。晴れの日はすごくいい。日によって、雲海が…雲が下に見えるような景色が見えたりします。
日によって、来るタイミングで見られる景色が変わってくるので、そういう意味でもおもしろいゲレンデだと思います」と。そう。雪のお山は一期一会ですよねえ。納得。
また、鹿島槍スキー場に向か途中の森で、カモシカに遭遇!これにもびっくり+すごく嬉しかった~。
やっぱり信州の冬は最高です。
20190112-011

(放送を聞く)

□ 鹿島槍スキー場 →
https://www.kashimayari.net/snow/
□ 大町市 → 
http://www.city.omachi.nagano.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

諏訪湖の御神渡り(おみわたり)

「御神渡り(おみわたり)」とは、全面結氷した諏訪湖の湖面に、せりあがった氷の筋道が走る自然現象のこと。
見た目はゴジラの背びれみたい…とでもいいましょうか。
近年では、諏訪大社上社の男神(タケミナカタノカミ)が下社の女神(ヤサカトメノカミ)のもとに通った恋の路…なんて俗説も生まれました。
この御神渡り、氷の筋ができただけではダメなんです。
八剱神社の判定を受けて初めて「御神渡り」となるのです。判定を担当する宮司の宮坂清さんにお話を伺いました。
20190105-001 20190105-002

標高759m、周囲16kmの諏訪湖。深さが一番深いところでも7mくらいしかないから全面結氷するそうで、本州ではほとんどないとのこと。
御神渡り出現の可能性がある=観察する期間は、暦の上で「小寒」から「節分」の間だそう。
期間中、宮坂宮司は毎朝6時半に氏子総代さんたちと観察に出かけます。
「僕ねえ、みんなそうでしょうけど、寒いのと朝早いのってあんまり好きじゃないんですよ。ところがね、『氷が張った』となるとわくわく通うんです。最初の小寒の頃は氷が張ってなくて波打ってますから、そうするとね、カモが泳いでるんですよ。でもそれが、昨日まで波打ってた湖がね、一夜にして鏡のように凍りますよ、これは不思議だなあと思いますよ。」とのこと。
また、八ヶ岳から朝日が差し込んで、光の筋になる時もあって、思わずみんな手を合わせるんだそう。ほんの少しの時間で消えてしまう、特別な時間だそうです。
20190105-003 20190105-004
御神渡りの高さは6~80cmくらい、最大で1mほどになるのだそう。
「最初、蛇が這ったように見えるんですよね。それが今度は龍の背中のようにね、ゴツゴツとなって対岸に行くでしょ?くねくねしながら。そうするとね、いにしえ人は『これは湖の中に主がいるんではないか?』『龍かもしれない』と。今は科学的なことがわかってるから、なんか諏訪湖の冬の風物詩、みたいな形でとらえられるんですけど、たぶんいにしえ人にとってはね、これは怖ろしい現象が湖上で起きてる、と。で、それ以上湖、氷が荒れ狂わないようにと、いう意味で、こちらのほうの岸、向こうのほうの岸に、大地の、湖の、怒りを鎮めるような祭りの庭が設けられる。それがたぶん諏訪大社の上社と下社のご鎮座につながっていくんではないか、と言われてますね。」と、宮坂宮司。
なるほど!そう考えると、上社と下社の位置に納得がいきます。
しかも、一番古い記録が1397年。
その後、1443年から今日に至るまで、全575年間の記録がすべて残されているのだそう。
これは世界的にも類がないので、気象学者が注目しているんですって。いつか、御神渡り、見てみたいです~。

(放送を聞く)

□ 諏訪大社 → 
http://suwataisha.or.jp/
□ 諏訪市観光ガイド → 
https://www.suwakanko.jp/
□ 信州諏訪観光ナビ → 
https://www.suwa-tourism.jp/
□ 長野県観光機構 → 
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

Mt.乗鞍スノーリゾート

北アルプスの一番南側、乗鞍岳の山麓に広がるスキー場、Mt.乗鞍スノーリゾート。
アルプス山岳郷と呼ばれる、松本市の西側の山エリアで一番の(個人の感想)スキー場です。
20181229-001
ゆるるっ…と曲がれる程度の初心者スキーヤーの私を指導してくださったのは、のりくら観光協会イベント企画部で、ペンションウインズのご主人・村瀬基行さん。
スキーシーズンは子供たちからシニアまで引き受けて、オフィシャルのスキー教室でインストラクターもなさっています。
20181229-002 20181229-003
標高1500m地点から4人乗り高速リフトに乗って、標高1800m地点へ。
ここから上は、見た目「壁」。上級者コースです。私が滑る初~中級者コースは広くて緩やかな見た目。
でも上級者がハイスピードクルージングを楽しめる、懐の深~いコースなんだそう。
で、このコースの両側の森の木々がかっこいいんですよ!シラビソやドイツトウヒといった、ノルウェーの黒い森と同じ種類の木が並んでるそう。
20181229-004 20181229-005
また、降ってくる雪が軽い!しかも雪印!細かいけばけばした部分まで見えるんです。
20181229-006
村瀬コーチの後を追って、ゆるーりゆるーりと滑ります。
体重のかけ方、目の置き方…、全然難しいことは言われてないのに、だんだん、何だか滑れている私!うききっ!しかもスキー板から伝わってくる雪の感触が何とも気持ちがいいのです。
片栗粉のベッドの上を転がってるとでもいいましょうか、そんな感じ。
20181229-007
調子に乗ってると、ざっくり転倒!でも痛くない。ゆえに怖くない。
あふあふ…と立ち上がる私の横を、ランチをいただいた「プチホテルアルム」のお嬢さん(幼児)が、すすすいーーと滑って行きます。
ううむ。さすが地元っ子。でも転んだおかげで、全く音がしない世界を体験!「この静けさ、静寂が乗鞍の特徴だ」と村瀬さん。
上から雪がさらりふわりと降ってきて、足元の雪面まで含めて360°雪に囲まれて、雪に音が吸いこまれてしーんとしてて、自分がどこにいるのかわからなくなるような不思議な感覚です。
20181229-009
1時間ほどで2000m+800mくらい滑ることができました。「半日で5本=10kmは行けますよ」と、村瀬さんがおっしゃってました。
正直、先生がいいと、どんくさい私でも何とか「滑る楽しさ」が味わえました。
村瀬マジックでスキーデビュー、もしくは再デビュー、おすすめします。ウエアや道具は全部レンタルOKです。
掲載写真が少ないのは、低温の影響で、カメラがバッテリー切れしちゃったから(汗)。すみません。
また、スキーではなく、スノーシューで森を散策して、凍った滝を見に行く「安藤さんツアー」を、1月30日~2月1日の2泊3日で実施します。
ある意味、スキー以上の楽しさがありますよ。詳しくは西日本新聞旅行のサイトをご覧ください~。
(放送を聞く)

□ Mt.乗鞍スノーリゾート → 
https://www.brnorikura.jp/
□ ペンションウインズ → 
http://winds.jp/
□ のりくら観光協会 → 
https://norikura.gr.jp/
□ 新まつもと物語 → 
https://visitmatsumoto.com/
□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

安藤さんと行く信州たび~諏訪大社四社めぐり

12月16~18日の2泊3日で諏訪湖エリアと松本市内を中心にお出かけした今回のツアー。
朝の気温は0℃くらい、お昼は7~8℃くらいですが、湿度が低い+お日様が近いせいか、数字で見るより体感温度は高いんです。
立石公園から諏訪湖の天竜川の始まり方面を見たり、諏訪湖の対岸に広がる八ヶ岳を堪能。
20181222-001 20181222-002
諏訪湖の周りにある四つのお宮で成り立つ諏訪大社。
上社の前宮・本宮、下社の春宮・秋宮、と、諏訪湖エリアまちなか観光案内人の宮坂源重さん=源さんの案内でお参りしてきました。
20181222-003 20181222-004

20181222-005 20181222-006
四本の大きな御柱(おんばしら)に囲まれて立つ社殿や、その中の精緻かつ生き生きとした彫刻に感嘆の声をあげ、独特の空気にこころが洗われた、すばらしい時間でした。
20181222-007 20181222-008

20181222-009 20181222-010
源さんがいたからこそ分かる…「拝殿と神様の降りる位置の方向が違うから、こっちに向かってお参りだ」とか「こっちは温泉水のお手水」とか、「この門を通ると、これまでの穢れがリセットされる」とか、諏訪大社のなるほどがたくさん!さらに、「参道の真ん中は歩かない」、「時計回りに進む」、「鏡は写真に撮っちゃダメ」「正しいお手水の使い方」など、神社参拝の“基本のき”も教えて下さいます。
20181222-011 20181222-012

20181222-013 20181222-014
寅年と申年に行われる天下の奇祭「御柱祭(おんばしらさい)」で柱と人が滑り落ちる『木落とし坂』で、その奇祭っぷりを体感したり、資料館「おんばしら館よいさ」で、長持行列などの『神賑わい』と呼ばれる華やかな御柱祭の部分を学んだり…。
20181222-015 20181222-016
岡谷蚕糸博物館~シルクファクトおかや~は、養蚕・製糸業に関する博物館と、稼働している製糸工場を同時に楽しめる、日本でも唯一の博物館。
20181222-017
岡谷市ブランド推進室の木内博文さんの案内で、歴史や機械の資料、稼働している工場をじっくり見学。
20181222-018 20181222-019

20181222-020 20181222-021

20181222-022 20181222-023
そして!生きてるお蚕さんに触らせてもらいました!これが…つやつや×なめらか!気持ちいいんです…。おどろき~。
20181222-024
お土産コーナーには、繭から糸を取った後に残される蚕のさなぎを佃煮にした一品が…。
味は甘じょっぱい佃煮の味なんですけどねえ。
さなぎ本体はねえ。安藤さんの表情からご想像下さい(笑)。
20181222-025
また、今回は日本酒とワインを堪能した旅でした。
初日、到着してすぐのランチは、塩尻市のサンサンワイナリーのレストランで。
醸造家の戸川英夫さん自ら、ワインをサーブしてくださいました。
20181222-026 20181222-027
乾杯に薦めて下さったのは5種類のりんごを使ったシードル。華やかな香りですが、味はすっきり!
20181222-028 20181222-029
前菜~サラダ~海老とホタテのパスタに合わせてご提案頂いたのは、シャルドネのネイキッド。
その名の通り無垢なワインで、樽熟成も何もしないタイプ。
グリーンシーイエローという青緑を含んだ黄色です。
白ワインなのにグラスに液筋?が残ってて、グリセリンの量が多い事がわかります。
これ、「玄界灘の魚にも合う」と、戸川さんの太鼓判。
20181222-030 20181222-031

20181222-032 20181222-033
そしてチョコレートとデザートワインの幸せなマリアージュ!
20181222-034
また、今年のサンサンワイナリーのぶどうたちは、糖度も高く、非常にいいできだったそう。
健全で酸味も残っていて「グレートヴィンテージだと思ってる」と、戸川さん。
仕込中のワインが出来上がるのは、来年の初夏くらいになりそうです。楽しみ!
20181222-035 20181222-036

(放送を聞く)

□ 諏訪大社 → 
http://suwataisha.or.jp/
□ 諏訪湖エリアまちなか観光案内人 → 
http://suwako-kankouguide.com/
□ 諏訪市観光ガイド → 
https://www.suwakanko.jp/
□ 信州諏訪観光ナビ → 
https://www.suwa-tourism.jp/
□ 岡谷蚕糸博物館 → 
http://silkfact.jp/
□ 岡谷市観光協会 → 
http://www.kanko-okaya.jp/
□ 長野県観光機構 → 
https://www.nagano-tabi.net/
□ サンサンワイナリー → 
https://e-sunlife.or.jp/sunsunwinery/
□ 塩尻市観光協会 → 
https://tokimeguri.jp/
□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

大町市で雪遊び

大町市で雪遊び!今回はスノーシューでなく、「かんじき」を履かせてもらいました。かんじきは軽いっ!スノーシューより動きやすい感じです。
案内してくださった、青木湖アドベンチャークラブのガイドを務める北アルプス山麓地域案内人の梅田敏男さんによると、「スノーシューは、ふかふかの雪がたくさん積もった時に使うのがいい」とのこと。沈まないんですって。
20181215-001 20181215-002
足の裏で柔らかい雪が感じられて楽しい道中。10分ほど斜面を登ると、眼下に青木湖が見えてきます。
ここは、元青木湖スキー場。
遠くに目を向けると、山々が連なってます。戸隠連峰が見え、黒姫山や妙高山など、新潟との境目の山々まで。
20181215-003 20181215-004
そして、ここでお茶タイム~!雪面をテーブルに見立て、そのそばの雪を板でゴリゴリ掘っていきます。
かんじきが収まるくらいの広さに。掘った雪は積み上げて板をのせて…はい、イス代わり。
20181215-005 20181215-006
ここで梅田さんが、コーヒーか日本茶を入れてくれます。
おおお、なごむ~。きれいな空気と雪のなかのシチュエーションで、おいしさも倍増です。
20181215-007
さらに雪に練乳をかけた雪デザート!うまいっ!
20181215-008
散策中、動物たちの足跡もたくさん見つけられました。ウサギの足跡を見て、進行方向を考えたり、「この足跡はキツネのものかタヌキのものか?」を考えたり…。
高級ようじに使われるクロモジを見付けたり、わくわくがいっぱいです。
20181215-009 20181215-010
下りでは、斜面を滑り台に見立てて、しゅーっとお尻で滑ります。これがまた楽しくて、やっぱりスノーウォーキングは最高ですねえ。
梅田さん曰く「夜もやってるんだけど、満月の夜なんてね、北アルプスが白く輝くというか、浮かび上がるんよ」と。
お茶タイムもキャンドル付きになって、星の説明もしてもらえて…。これまたロマンチックでいいなあ。
やっぱり信州は冬が最高!
20181215-011

(放送を聞く)


□ 青木湖アドベンチャークラブ → 
http://www.avis.ne.jp/~aokiko/
□ 信州大町なび → 
http://www.kanko-omachi.gr.jp/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

岡谷蚕糸博物館~シルクファクトおかや

歴史が好きで、工場見学が大好きな中島のハートを鷲づかみにしたのが、諏訪湖畔・岡谷市にある「岡谷蚕糸博物館」です。
絹糸・製糸業に関するミュージアム部分と、実際に稼働している製糸工場・宮坂製糸所が一緒になった、ハイブリッドな博物館なんです~(喜!)。
岡谷市ブランド推進室の木内博文さんに案内していただきました。
まずはリアルなお蚕様。生まれて一週間くらいだと長さ1cm・太さ1mmくらいですが、四週間になると長さ7~8cm・太さ1cmくらいにまで急成長。
この子たちの命が絹糸のベースだから「お」と「様」を付けて「お蚕様」と呼ばれているそう。
漢字で書いても「天の虫」。
20181218-001 20181218-002

ミュージアム部分では、絹糸の歴史を学び、製糸機械の変遷が学べます。
ヨーロッパ式のものをもとに諏訪式に作り直したら、金属製の骨組みは木製になり、立って作業するのから座って作業するタイプに変更されています。
サイズも日本人向けに小型化してる感じがします。
「ただマネするだけでない、よりいいものをより安く作る、日本のものづくりの精神があらわれている気がします」という木内さんの言葉に大きくうなずいちゃいました。
(写真:左=ヨーロッパ式。右=諏訪式)
20181218-003 20181218-004
製糸工場は、手作業エリアと全自動と両方稼働しています。
工場内に入ると、しっとりほかほか…。原因は繭が浸かっているお湯!なんと7~80℃もあるんだそう。
水で手を冷やしながら作業をなさるそうですが、手荒れしてる様子はなし。どうやら繭の成分がお肌にいいようです。
ゆえに、生糸のシルクパウダーから作られた石鹸も、開発・販売されてましたよ~。
しかも、これ、長野県産の繭だけを使ってるというから、すごい。お土産に購入確定~!
20181218-005 20181218-006
映画「ああ野麦峠」で、女工さん達が働いていた製糸工場は、この岡谷にあった工場なのですが、ドラマになった悲惨な部分だけでなく、「女性の職場」としての製糸工場も知ることができる場所として、蚕糸博物館や周辺の産業遺産を訪ねるのをおすすめします。
なお、宮坂製糸所では遺伝子組み換えの繭で、暗い所で光る糸…なんてのも製造されてましたよ~。
「安藤さんと行く信州たび」でも訪れます。
20181218-007 20181218-008

(放送を聞く)


□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ 岡谷蚕糸博物館 → 
http://silkfact.jp/
□ 岡谷市観光協会 → 
http://www.kanko-okaya.jp/
□ 信州諏訪観光ナビ → 
https://www.suwa-tourism.jp/
□ 長野県観光機構 → 
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

諏訪五蔵・酒蔵めぐり

JR上諏訪駅から歩いて10分くらいの国道沿い、200mほどの間に5つの酒蔵が並んでいます。
八ヶ岳からのおいしい水で醸された日本酒の蔵は「舞姫」「麗人」「本金」「横笛」「真澄」。
それぞれに違う味わいを、試飲で楽しめるプランが「諏訪五蔵 いつでもごくらく 酒蔵めぐり」。
まずは、試飲用の“ごくらくセット”(グラス・クーポン・手提げ)をゲット。1800円也。どの蔵でも販売しています。
めぐるのはどこからでも、どの順番でも、また何日かに分けてもOKです。
181201-001 181201-002
“ごくらく”めぐりのネーミングについて、「真澄」を作っている宮坂酒造㈱ショップディレクターの宮坂公美さんは「5つの蔵がある=5蔵=ごくらく。
そして、とても気持ちがよくなるということで極楽。みなさん、とっても気持ちよさそうな顔をなさってますよ」と、笑っておっしゃいます。
またごくらく満喫ポイントとして「お話をすること、だと思います。
無人で“どうぞ勝手に飲んでください”ではなく、そのお酒がどんなお米で、どんな気持ちで作られているのかというのを聞きながら歩くのがいいと思います。
同じお水で作っているのに、米が違う、作る人が違うことで、こんなにお酒の味が違うんだなというのが楽しんでいただけます。
飲み屋さんだと、1~2種類しか飲めないけど、これならちょっとずついろんな味を楽しめます」とも。
181201-003 181201-004
まずは、宮坂さんの案内で7号酵母誕生の蔵「真澄」から!香り豊かで、華やか系からふくよか系まで豊富なラインナップが楽しい!
181201-005 181201-006
また、こだわりのおいしいものや小物・雑貨類が並んだショップがおしゃれで、わくわくしちゃう店内です。
181201-007 181201-008

181201-009 181201-010
もうひとつおじゃましたのが「本金」を作っている、酒ぬのや本金酒造㈱。宮坂ちとせさんに試飲の案内をいただきました。
やっぱり「蔵の人と話をするのが楽しいと思いますよ」と、おっしゃいます。各種「本金」もおいしいけど、今回一番心をつかまれたのが「太一」。
すーっときて「とん」と治まる…気持ちのいいおいしさ!これ、食事とも合いますよ~。
めちゃうま。「米も酵母も全部諏訪産のお酒が、年末には出せると思います」と、おっしゃってましたので、12月16日~18日の『安藤さんと行く信州たび』ではいただけるかも! 楽しみです。
181201-011 181201-012
ほかの3蔵は、次の諏訪旅で訪れることにいたします。これも楽しみです。
181201-013 181201-014

(放送を聞く)


□ 西日本新聞旅行 → 
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ 真澄 → 
https://www.masumi.co.jp/
□ 本金 → 
http://honkin.net/
□ 諏訪市観光ガイド → 
https://www.suwakanko.jp/
□ 信州諏訪観光ナビ → 
https://www.suwa-tourism.jp/
□ 長野県観光機構 → 
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/

諏訪湖エリア~諏訪大社・下社

西日本新聞旅行とのコラボレーション企画、12月16~18日にお出かけする「安藤豊さんといく信州たび」で、四社すべて、しっかり参拝・見学する諏訪大社。
ツアーの時も、取材に同行して下さった、諏訪湖エリアまちなか観光案内人の宮坂源重さんに案内していただく予定です。
諏訪湖を挟んで北=下諏訪町にある下社・春宮と秋宮、7年に一度の御柱祭で立てられる四本の柱に囲まれた建物の中に本殿はありません。
両宮とも本殿を持たない諏訪造りと言われる独特の造りです。
春宮の御神体は杉の古木、秋宮の御神体はイチイの木なんです。また、お宮が春宮と秋宮という名前であることについて、「年に2回、2月1日から8月1日までは神様が春宮にいっちゃうんです。
でまた8月に戻ってくる。ここは神様が年に2回移動してる。2月1日、春に遷って、8月1日までの農作業を神様が見て、秋に秋宮に戻りたいと言って、戻ってきてるという」と、宮坂さん。
20181124-001
この二つのお宮の建物=社殿は、パッと見よく似ています。
実は同じ図面で作られているのだそう。下の写真、左は春宮、右は秋宮です。
20181124-002 20181124-003
「同じ図面で、まず秋宮=立川流が建て始めた。大隅流はもともとからの宮大工。で、大隅流が「春宮建てさせてくれ」と。
1年遅れて作って、早く春宮ができた。あまりお金かけず、でも“ほんとの宮大工は大隅流”ってことで。
立川流は桶職人さんが、勉強して宮大工になってった家なんですね」と、宮坂さん。
1年早く完成した春宮は屋根が片側だけのデザインになってたり、春宮と秋宮では彫刻が違ってたり、欄間の細工が違ってたり…下の写真は左が春宮、右が秋宮。
20181124-004 20181124-005
見れば見るほどおもしろいんです。個人的には春宮の巨大なお賽銭箱がツボ!床面全体が投入口なんですよねえ。
20181124-006
また、春宮の近くには、『芸術は爆発だ!』でおなじみの芸術家・岡本太郎さんが世に知らしめた「万治の石仏」があります。
見れば見るほど味わい深い…。ぜひぜひ、安藤さんと私と一緒に訪ねて行きましょう。
20181124-007
放送を聞く


□ 西日本新聞旅行 →
http://www.nnpryoko.co.jp/
□ 諏訪大社 →
http://suwataisha.or.jp/
□ 諏訪湖エリアまちなか観光案内人 →
http://suwako-kankouguide.com/
□ 諏訪市観光ガイド →
https://www.suwakanko.jp/
□ 信州諏訪観光ナビ →
https://www.suwa-tourism.jp/
□ 長野県観光機構 →
https://www.nagano-tabi.net/
□ FDA フジドリームエアラインズ →
http://www.fujidream.co.jp/