2020301じゃがいも

夕食の買出しに毎日行き、新鮮なものを家族に食べさせたい!と言っていた友人が新型コロナウイルスの影響で、毎日の買い物が週一回になったよ、と嘆いています。
週一回の買出しになると、日持ちするお野菜を買う事が多くなると思いますが、こんなときこそ、お母さんが美味しい食事を作ってあげてください。
今日は”じゃがいも”を使ったレシピをご紹介します。主成分はでんぷんですが、カロリーはお米の半分、ビタミンCはトマトより多く含まれています。そして嬉しいのは熱に弱いビタミンCはでんぷんに包まれているので、火を通しても損失が少ないのです。体内の余分な塩分を排出する働きのある’カリウムも多く含まれています。

*焼きコロッケ*
材料(4人分)
じゃがいも      4個
ツナ缶        1缶(水分をきっておきます)
バター        1TBS     大さじ1杯
塩          1/2tsp     小さじ1/2杯
コショー
小麦粉        4TBS     大さじ4杯
サラダオイル

作り方
1. じゃがいもは皮をむき、大きめに切り、茹でて、竹串がスーッと入るようになったら茹で汁を捨て、蓋をして鍋をゆすり、粉ふきいもを作り、ボールに入れ、熱いうちにつぶします。
2. ①の中にツナ・バター・塩・コショーを加えて混ぜ、お好みの大きさに丸め、手で軽く押さえて形作り、小麦粉を薄くまぶします。
3. フライパンにサラダオイルを熱し、②を両面にきつね色の焼き色がつくまで焼いて、出来上がりです。
*トマトケチャップ、とんかつソース、ウスターソースほかお好みのソースでお召し上がりください。
*みじん切りの玉ねぎをコーンビーフと一緒に炒め、ツナの代わりに使っても美味しいです。