Monthly Archive for 3月, 2020

20200329豚の挽き肉

《豚の挽き肉》
牛の区の約8倍、鶏肉の約6倍のビタミンB1が豊富に含まれている豚肉、ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きがあります。そして、イライラや肩こり解消にも良い上に安い!主婦の味方と言ってもよい食材ではないでしょうか?
今日は豚肉の挽き肉を使った”肉味噌”を紹介します。作って冷まし、密封できる袋に平らに入れて空気を抜き冷凍しておくと、色々な料理に使えます、是非お試しください。

*肉味噌*
材料(4人分)
豚ひき肉        1/2LB      230g
青ねぎ         1本
生姜の薄切り      3~4枚
日本酒         4TBS      大さじ4杯
醤油          3TBS      大さじ3杯          
みりん         2TBS      大さじ2杯
砂糖          2tsp      小さじ2杯
豆板醤         1tsp      小さじ1杯

作り方
1. 鍋にひき肉・水4CUP(5カップ)日本酒、青ねぎをきれいに洗ったもの1本そのまま、生姜の薄切りを入れて火にかけ、煮立ってきたらアクを丁寧に摂りながら、ひき肉をほぐしながら1~2分ゆでます。
2. ボールにざるをのせ①を漉します。ボールに残った茹で汁は捨てないで、捨てないでスープを作りましょう!
3. フライパンに日本酒・醤油・みりん・砂糖・豆板醤を入れて火にかけ、煮立ってきたらひき肉を加え味をつけて出来上がりです。
*そぼろご飯、卵焼き、コロッケほか応用が沢山出来ます。

20200322サーモン

サーモン、鮭はサーモンピンクと言われるように赤身の魚と思われがちですが、実は脂の乗った美味しい白身魚です。老化を防ぐアンチエイジング・フードとして注目されています。美味しくて、低カロリー、美肌効果も高い”アスタキサンチン”を多く含んでいます。アスタキサンチンはビタミンCと一緒に食べると効果があるので、サーモンの料理にレモンを添えるのは理にかなっていますね。今日は ”サーモンフライ”をご紹介します。

*サーモンフライ*
材料(4人分)
生鮭の切り身       4切れ
塩・コショー
日本酒          2TBS  大さじ2杯
とき卵・小麦粉・パン粉
揚げ油

タルタルソース
レモン

作り方
1. 切り身を2~3つに切り、塩・コショー・日本酒をふり軽くもみ、しばらくおいて置きます。
2. 出てきた水分をペーパータオルでふき取り、小麦粉、とき卵、パン粉の順につけ、中温の油できつね色になるまで揚げます。
3. 皿にレタス、トマトなど彩りよく盛りつけ、タルタルソース、レモンを添えてお召し上がりください。

20200315水菜

《水菜》
あまり日持ちしない野菜、水菜。スーパーマーケットであのシャキッとした緑色の葉と、真っ白な茎を見るとつい買ってしまいます。そして沢山食べられるように鍋料理の食材にしがちですが、炒めても美味しい食材です!カロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウム、食物繊維の豊富な水菜と相性のよい豚肉の炒め物をご紹介します。

材料(4人分)
水菜      1束
豚肉薄切り   1/2LB       220g
サラダオイル
生姜薄切り   2~3枚
日本酒     2TBS      大さじ2杯
塩       1tsp      小さじ1杯
コショー    少々

作り方
1. 水菜はきれいに洗ってから根元を切り、食べやすい長さに切ります。
2. 豚肉は千切りにします。
3. 大き目のフライパンにサラダオイル、生姜をいれ、中火にかけ、生姜の香りが出てきたら生姜を取り出し、豚肉をきつね色になるまでしっかり炒めます。
4. 火を強火にし、水菜を加えて炒め、日本酒・しお・コショーで味付けして出来上がりです。
*水菜を加えてからは、強火でさっと仕上げないと、水菜から水分が出て、しゃきしゃき感がなくなります。
*お好みで食べる前にポン酢を少しかけても美味しいです。

20200308ごぼう

《ごぼう》
福岡在住の知り合いのFacebookに「今日のランチはこれ!バリうま!」と登場するのがごぼ天うどん… 福岡のうどんは出汁が美味しいのです。、
お店それぞれごぼ天の形、大きさが違いますが、ごぼ天の話をし始め、途中で話がかみ合わなくなったことが昔、ありました。私はごぼうを揚げた「ごぼうのてんぷら」の話をしているのに、相手は魚のすり身に味付けをしてごぼうを真ん中に巻き揚げたもの、おでんの具にする「ごぼう天」の話をしていました。花の様に揚げられた、ごぼ天うどん食べたくなりました。ごぼうは食物繊維が豊富に含まれていて、大腸がんの予防、糖尿病の予防ほか、善玉菌を増やすオリゴ糖も含まれています。

*ごぼうと鶏肉のから揚げ*
材料(4人分)
鶏もも肉      1枚(小さければ2枚)
・おろしにんにく   1かけぶん
・おろししょうが   1かけ分
・しょうゆ      2TBS   大さじ2杯
・みりん       2TBS   大さじ2杯
・ごま油       1tsp   小さじ1杯

卵          1個
ごぼう        1/2本
もち粉又は小麦粉   8TBS   大さじ8杯
揚げ油

作り方
1. ごぼうはささがきにして、水につけ、ざるにあげ、水気をペーパータオルでしっかり取っておきます。
2. 鶏肉を大きめに切り、ジップロックに入れ、しょうが・にんにく・しょうゆ・みりん・ごま油、ごぼうを入れ、よく揉み、口を閉めて30分以上漬け込みます。
3. ②をボールに移し、とき卵、もち粉又は小麦粉を加えてよく混ぜます。
4. フライパンに1インチ(約2.5cm)ぐらいまで油を入れ、中温よりやや低めの温度になったら鶏肉にごぼうを絡ませながら入れ、上下を返しながら、きつね色になるまで揚げ、油をしっかりきります。
*下味が付いているので、油の温度が高いと、周りがすぐこげ、中まで火が通りません。

2020301じゃがいも

夕食の買出しに毎日行き、新鮮なものを家族に食べさせたい!と言っていた友人が新型コロナウイルスの影響で、毎日の買い物が週一回になったよ、と嘆いています。
週一回の買出しになると、日持ちするお野菜を買う事が多くなると思いますが、こんなときこそ、お母さんが美味しい食事を作ってあげてください。
今日は”じゃがいも”を使ったレシピをご紹介します。主成分はでんぷんですが、カロリーはお米の半分、ビタミンCはトマトより多く含まれています。そして嬉しいのは熱に弱いビタミンCはでんぷんに包まれているので、火を通しても損失が少ないのです。体内の余分な塩分を排出する働きのある’カリウムも多く含まれています。

*焼きコロッケ*
材料(4人分)
じゃがいも      4個
ツナ缶        1缶(水分をきっておきます)
バター        1TBS     大さじ1杯
塩          1/2tsp     小さじ1/2杯
コショー
小麦粉        4TBS     大さじ4杯
サラダオイル

作り方
1. じゃがいもは皮をむき、大きめに切り、茹でて、竹串がスーッと入るようになったら茹で汁を捨て、蓋をして鍋をゆすり、粉ふきいもを作り、ボールに入れ、熱いうちにつぶします。
2. ①の中にツナ・バター・塩・コショーを加えて混ぜ、お好みの大きさに丸め、手で軽く押さえて形作り、小麦粉を薄くまぶします。
3. フライパンにサラダオイルを熱し、②を両面にきつね色の焼き色がつくまで焼いて、出来上がりです。
*トマトケチャップ、とんかつソース、ウスターソースほかお好みのソースでお召し上がりください。
*みじん切りの玉ねぎをコーンビーフと一緒に炒め、ツナの代わりに使っても美味しいです。