20200209コンニャク

《コンニャク》
小さい頃から大好きなコンニャク、でもハワイに住むようになって、コンニャクがデビルズタン(悪魔の舌)と呼ばれていると知り、びっくり!見た目が悪い、得たいが知れない、味が…とハワイ生まれ、ハワイ育ちの人に言われた時は、カロリーはない、食物繊維が豊富に含まれていて、日本では”体の砂おろし”と言われているのに… 便秘にも聞くのに…と心の中で叫んでいました、英語で説明できなかったので
コンニャクイモのでんぷん質の根を茹で、凝固剤を加えて作られるコンニャク、おでん・豚汁・田楽・すき焼きと大活躍してくれます。
今日は”おでん”をご紹介します。

*おでん*関西風
材料(4人分)
コンニャク・大根・がんもどき・ゆで卵・ちくわ・練り物ほかお好みのおでんの具

出汁      4&4/5CUP       6カップ
しょうゆ    2tsp           小さじ2杯
塩       2tsp           小さじ2杯
砂糖      1&1/3TBS        大さじ1と1/3杯
日本酒     4TBS           大さじ4杯

作り方
1. おでんの材料を切り、コンニャク・大根は下茹でし、がんもどき・厚揚げなどの揚げ物は、熱湯をかけて油抜きしておきます。
2. 出汁・しょうゆ・塩・砂糖・日本酒を鍋に入れ中火にかけ、コンニャク、大根を入れ、煮立ってきたら弱火にして、他の具材を加える。