20191208アボカド

《アボカド》
日本にいた時はほとんど食べなかったのに、ハワイに住むようになって良く食べるものTOP3に入るのが、アボカド… 今でこそおしゃれなカフェ、サラダバー、そしてご家庭でも良く食べられていますね!私の父は一時アボカドにはまり、毎朝アボカド半分にポン酢をかけて食べていました。森のバターと呼ばれるように、脂肪分が豊富でカロリーの高い果実と言う事は良く知られており、アボカドの脂肪分は善玉脂質、フ飽和脂肪酸なので、コレステロールを増加させる心配も少なく、ビタミンEも多く含まれています。
ハワイでは庭にアボカドの木がある家が少なくなく、我が家にはありませんが、お隣から頂くので、買ったことはあまりまりません。ちなみにお隣のアボカドの木は、食べたアボカドの種を水栽培で育て、庭に植えたらどんどん増えたそうです。
今日はアボカドを使った ”ポキ丼”をご紹介します。

材料(4人分)
アボカド     1個(小さければ2個)
まぐろ(刺し身用)   1LB    450g
醤油          4TBS    大さじ4杯
日本酒         4TBS    大さじ4杯
みりん         2TBS    大さじ2杯
わさび         適宜
ご飯          どんぶりに軽く4杯
白煎りごま       適宜
青ねぎの小口切り    適宜

作り方
1. 鍋に日本酒とみりんを入れて火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばし、醤油を加え、ひと煮立ちしたら火を止め冷ましておきます。
2. まぐろを1cm角に切り、冷めた①に20~30分漬け込みます。
3. アボカドは種と皮を取り、まぐろと同じぐらいの角切りにします。
4. ②の中にアボカドを加え、全体を軽く混ぜて、どんぶりによそったご飯の上に、まぐろとアボカドをのせ、漬け汁をかけ、青ねぎ、白胡麻、わさびを添えて出来上がりです。