Monthly Archive for 1月, 2020

20200126スパイシー・ツナ丼

《スパイシーツナ丼》
前回、”UDON”の話をしましたが、今日は”DON”の話をしたいと思います。
親子丼、天丼の丼、”DON” 有名な牛丼の店がアメリカに進出し、ビーフボールは一躍有名になりましたが、ここハワイではDONで通じます!。DONを有名にしたのはPOKE・DON!いまや、スーパーマーケットのポケ売り場にランチタイムに行くと、しょうゆポケ丼、スパイシーポケ丼、ハーフ&ハーフ(しょうゆポケとスパイシーポケ半分ずつ)など次々と目の前で作ってもらい、プラスチック・フォークや割り箸などをもらって、レジに向かう人を沢山見かけます。今日はスパイシーポケ丼の作り方をご紹介します。

材料(4人分)
刺し身まぐろ(赤身)   1&1/3LB    600g
玉ねぎみじん切り     少々
豆板醤          1TBS      大さじ1杯
しょうゆ         1TBS      大さじ1杯
ごま油          1TBS      大さじ1杯
塩            少々
*お好みでマヨネーズ   1TBS      大さじ1杯

作り方
1. まぐろを角切りにします。
2. ボールに豆板醤・しょうゆ・ごま油・塩・好みでマヨネーズを入れまぐろを入れ良く混ぜしばらくおいて味をなじませ、玉ねぎを混ぜます。
3. ご飯にのせ、お好みで青ねぎの小口切りをのせ出来上がりです。

20200119うどん

《うどん》
日本にいる頃、安くて、美味しくて…特に高校生の時は定期的に食べていた記憶のあるのが ”うどん” 。
小麦粉で作られている麺でハワイに住みはじめて、ジャパニーズ・ヌードル食べる?ときかれた時、一瞬、何?と戸惑った事があります。うどん、そば、そーめんなど日本には美味しい麺が沢山あります。広島から福岡に引越し、「博多うどん」に出会い、「丸天(フィッシュ・ケーキ)うどん」「ごぼ天うどん」をよく食べました。最近美味しい「冷凍うどん」がハワイでいつも買えるようになったので、家でだしを作り食べています。ワイキキのうどん屋さんの前には毎日長い行列ができていますし、”UDON”は日本人だけでなく世界中の人に愛されていると感じています。ただし、ハワイでは“安くて”ではなく、“高くて”美味しい…

今日は関西風のうどん鍋をご紹介します。

*うどん鍋*
材料(4人分)
うどん    4玉
鶏もも肉   2/3LB     300g
かまぼこ・白菜・海老・水菜・しいたけ・えのき他お好みの鍋の材料

・合わせ出汁・
だし汁     4CUP   5カップ
しょうゆ    2/5CUP   1/2カップ
みりん     1/5CUP   1/5カップ
砂糖      3TBS   大さじ3杯

作り方
1. 鍋に合わせ出汁の材料を煮立てて、食べやすい大きさに切った具材を煮ながら、煮汁と一緒に頂きます。
2. 合わせ出汁は煮詰まると味が濃くなるので、だし汁を用意しておき、調節してください。
*お好みで、一味、七味、ゆず胡椒を

20200105鶏のミンチ

《鶏のミンチ》
おせち料理は作られましたか?買われましたか?11月に日本に行った時、おせち料理のカタログをあちこちで目にしました。お値段もリーズナブルなものから、お高いものまでいろいろ… 昔ながらの数の子、煮しめ、黒豆、きんとん、昆布巻きの他に、伊勢えび、ローストビーフほか高価な料理のお重もあり、全部手作りしていた母が生きていたら、腰を抜かすだろうな…と思いました。
ハワイで放送しているクッキングショーでは、12月に入ってから、毎週お正月料理のレシピをご紹介、一つでも二つでも手作りして、買ってきたものと一緒に、彩りよく盛り付けましょうと一言添えました。
今日は、おせち料理にそろそろ飽きてきたご家族がいるのではないかな?と ”鶏の団子鍋”をご紹介します。

*鶏の団子鍋*
材料(4人分)
(団子)
鶏の挽き肉       2/3LB    300g
青ねぎの白い部分みじん切り   3~5本分
生姜みじん切り         1かけ分
醤油          1TBS    大さじ1杯
日本酒         1TBS    大さじ1杯
とき卵         1個分
片栗粉         1TBS    大さじ1杯

白菜、しいたけ、えのきだけ、水菜ほか

(煮汁)
だし汁         4&4/5CUP  6カップ
醤油          4TBS    大さじ4杯
みりん         3TBS    大さじ3杯
塩            少々

作り方
1. ボールに団子の材料を入れて、粘りが出るまで良く混ぜます。
2. 好みの野菜は食べやすい大きさに切ります。
3. 鍋に煮汁の材料を入れて火にかけ、煮立ったらスプーン2本で団子の種をすくって落として行きます。
4. 団子が浮いてきたらアクを取り、野菜を入れて火が通ったら出来上がりです。

20200112キムチ

《キムチ》
11月に行った宮崎のホテルの朝食で食べた、干し大根の味噌漬けたくあんが美味しくて、まとめ買いをしてしまいましたが。ここハワイにも移民してきて来られた先輩方がふるさとを思い出しながら作られたであろう漬物のレシピが沢山あります。韓国からの移民の方が作られるキムチも美味しく、家庭、メーカーによって味も違います。美味しいキムチが手に入ると必ず作る、”キムチ鍋”をご紹介します。

*キムチ鍋*
材料(4人分)
白菜キムチ       1/3LB       150g
豚肉薄切り       2/3LB       300g
白菜・しいたけ・えのきだけ・春菊・水菜・豆腐ほか

おろしにんにく     1かけぶん
みそ          4TBS       大さじ4杯
しょうゆ        1TBS       大さじ1杯
だし汁         1&4/5CUP     6カップ

作り方
1. 豚肉、野菜は食べやすい大きさに切ります。
2. 鍋にだし汁を入れ火にかけ煮立ってきたら、小さなボールにみそ、しょうゆ、にんにく(好みで量を減らしてください)をいれ少量のだしで良くといて鍋に入れます。
3. 白菜キムチ、豚肉、野菜他を煮ながら食べます。
*煮汁にキムチの漬け汁を加えても美味しいです。
*味が濃い場合は、だし汁を足してください。
*具を食べた後の煮汁で雑炊を作り、卵を割りいれたり、麺を入れて煮ても美味しいです

20191229カレー粉

《カレー粉》
カレー粉は昔インドからイギリスに伝わり、商品化され、明治時代にイギリスのカレーが日本に伝わったそうですが、日本の代表的な家庭料理の一つになり、美味しいカレールーも沢山売られています。カレールーが売り出されるまでは、炒めた小麦粉とカレー粉を使ってカレーを作っていました。
カレー粉はカイエンペッパー、コショー、にんにく、生姜、クミン、コリアンダー、クローブ、シナモン、ターメリック、サフランほかたくさんのスパイスを焙煎し、粉にし、熟成させたものです。湿気や空気に触れると香りがなくなるので、蓋を開けたら早く使い切る事、保存はガラス瓶に移し、しっかり蓋をして、冷蔵庫で保存してください。 今日はカレー粉を使った”キーマカレー”をご紹介します。

*キーマカレー*
材料(4人分)
合いびき肉    1LB  450g
玉ねぎみじん切り  1個分
にんにくみじん切り 1かけ分
サラダオイル    1TBS    大さじ1杯
カレー粉      2TBS    大さじ2杯
トマトケチャップ  4TBS    大さじ4杯
ウスターソース   2TBS    大さじ2杯
水         4/5Cup    1カップ

ご飯

作り方
1. フライパンにサラダオイルをいれ、にんにくを加え、火にかけます。香りが経ってきたら玉ねぎを加え、きつね色になるまで良くいためます。
2. ①にひき肉を加え、色が変り、火が通るまで炒め、カレー粉を加え全体に行きわたるようにしっかり炒めます。ケチャップ、ウスターソースを加えさらに炒め、水を加え、水分がほとんどなくなるまで、混ぜながら弱火で煮詰めて出来上がりです。
*ご飯に添えたり、のせたりしてお召し上がりください。
*ゆで卵、ポーチドエッグをのせると美味しいです。

20191222トマト

《トマト》
以前、このコーナーで取り上げた”トマト” 生で食べても焼いても、煮ても美味しく、世界中で使われています。トマトジュース、トマトケチャップ、ピューレ、ソース、ピザソース、ドライトマト他に加工され、野菜の中で年間消費量は、世界で一番とのこと、オリンピックで言えば、金メダル保持者ですね。栄養素については以前の話しましたがビタミン。リコピンが多く含まれています。今日は新鮮なトマトを使った、火を使わないトマトソースの作り方をご紹介します。

*フレッシュトマトソース*
材料
トマト    1&1/3LB   600g
玉ねぎのすりおろし    3TBS   大さじ3杯
にんにくのすりおろし   1/2tsp
オリーブオイル      2TBS   大さじ2杯
塩・コショー

作り方
1. トマトの半量はヘタをとり、荒くみじん切りにします(水分は捨てないで下さい)
2. 残りの半量はすりおろします。
3. ボールの中に①と②玉ねぎ、にんにく、オリーブオイルを加え混ぜて、塩・コショーで味を整えます。
*そのままソースとして、冷製パスタを作ったり、魚のフライ、ムニエルにかけたり、鶏のから揚げに添えたり、モッチェラチーズ、バジルとあわせても美味しいです。
*冷凍すると2週間持ちますので、火を通し、ミートソースに使っても便利です。

20191215麺つゆ

《麺つゆ》
夏に大活躍した麺つゆ、使いかけのもの残っていませんか?いろいろなメーカーから、無添加のもの、美味しいものが沢山出ていて、日本に行くと必ずスーパーマーケットの売り場を何回か行ったり来たり、雑誌、テレビで取り上げられていると、必ずメモして行き、探してしまいます。
この話を友人にすると、家の冷蔵庫の中、使いかけが沢山残っているよ!夏は大活躍したけど…とのこと、もったいないですよね!麺つゆは働くお母さんの心強い味方です。もちろん、時間があれば自分で作るのが一番です。
麺・鍋物・どんぶりもの以外に私が良く作る”おろし煮”を今日はご紹介します。以前この時間で、揚げびたし、焼きびたしを紹介しましたが、今日の”おろし煮”も是非作ってみて下さい。

*鶏肉のおろし煮*
材料(4人分)
骨なし鶏もも肉      1LB   450g
ベルペッパー(ピーマン) 2個
大根おろし
おろししょうが
青ねぎ小口切り
麺つゆ(メーカーによって濃さが違いますので説明を読み、麺の漬け汁の濃さにして下さい)1&3/5Cup    2カップ
片栗粉
サラダオイル

作り方
1. 鶏肉はひとくち大に切り、ピーマンはヘタを取り、種を取り、鶏肉より少し大きめに切ります。
2. 大根おろしはざるに上げて、軽く水気をきります。
3. 鶏肉、ピーマンに薄く片栗粉をまぶします。
4. フライパンにサラダオイルを多めに入れ、中温に熱し、鶏肉を並べ両面がきつね色になるまで焼きます。鶏肉に火が通ったら、皿に取り出し、ピーマンを焼きます。
5. 鍋に麺つゆを薄めたものを入れ火にかけ煮立ったら、鶏肉、ピーマン、おろししょうが、大根おろし(盛り付けように少し残しておく)を加え、再度煮立ったら火を止め、全体を混ぜ、器に盛り、残しておいた大根おろし、青ねぎをのせて出来上がりです。
*ピーマンだけでなく、生しいたけ、カボチャ、なすを使っても美味しいです。
*大根おろしの水分により味が薄くなる事があります、味見をして薄ければ麺つゆをたしてください。

20191208アボカド

《アボカド》
日本にいた時はほとんど食べなかったのに、ハワイに住むようになって良く食べるものTOP3に入るのが、アボカド… 今でこそおしゃれなカフェ、サラダバー、そしてご家庭でも良く食べられていますね!私の父は一時アボカドにはまり、毎朝アボカド半分にポン酢をかけて食べていました。森のバターと呼ばれるように、脂肪分が豊富でカロリーの高い果実と言う事は良く知られており、アボカドの脂肪分は善玉脂質、フ飽和脂肪酸なので、コレステロールを増加させる心配も少なく、ビタミンEも多く含まれています。
ハワイでは庭にアボカドの木がある家が少なくなく、我が家にはありませんが、お隣から頂くので、買ったことはあまりまりません。ちなみにお隣のアボカドの木は、食べたアボカドの種を水栽培で育て、庭に植えたらどんどん増えたそうです。
今日はアボカドを使った ”ポキ丼”をご紹介します。

材料(4人分)
アボカド     1個(小さければ2個)
まぐろ(刺し身用)   1LB    450g
醤油          4TBS    大さじ4杯
日本酒         4TBS    大さじ4杯
みりん         2TBS    大さじ2杯
わさび         適宜
ご飯          どんぶりに軽く4杯
白煎りごま       適宜
青ねぎの小口切り    適宜

作り方
1. 鍋に日本酒とみりんを入れて火にかけ、沸騰させてアルコールを飛ばし、醤油を加え、ひと煮立ちしたら火を止め冷ましておきます。
2. まぐろを1cm角に切り、冷めた①に20~30分漬け込みます。
3. アボカドは種と皮を取り、まぐろと同じぐらいの角切りにします。
4. ②の中にアボカドを加え、全体を軽く混ぜて、どんぶりによそったご飯の上に、まぐろとアボカドをのせ、漬け汁をかけ、青ねぎ、白胡麻、わさびを添えて出来上がりです。