20191110 サバ

今度生まれてくる時は…容姿、性格ほか希望は沢山あります。
必ず付け加えたいのは、生サバアレルギーのない体で生まれたいです。
博多に住んでいた頃、友達や家族が美味しそうに食べる、胡麻サバをいつも横目でみていました。
秋茄子と同じように、秋サバは嫁に食わすな…といわれるのは、秋の終りから2月ごろまでのサバは脂がのって美味しいからです。
サバには多価不飽和脂肪酸が多く含まれ、悪玉コレステロールを、中性脂肪を減らし、
善玉コレステロールを増やす働き、動脈硬化の予防、高血圧などの病気から体を守ってくれます。
この他ビタミンB12,ビタミンDも多く含まれています。
今日は火を通したサバは食べられる、私の大好きな”サバの竜田揚げ”をご紹介します。

材料(4人分)
サバを3枚におろしたもの    1尾分
生姜の絞り汁          1TBS      大さじ1杯
醤油              4TBS      大さじ4杯
日本酒             1TBS      大さじ1杯

片栗粉
揚げ油

作り方
1. サバは厚めのそぎぎりにします。
2. ボールにサバ、生姜の絞り汁、醤油、日本酒をいれ、混ぜてラップをし、30分~つけておきます。
3. 揚げ油を中温に熱します。
4. サバを漬け汁から出し、ペーパータオルで水分をふき取り、片栗粉を薄くまぶし。きつね色になるまで揚げます。
*レンコン・カボチャ・さつまいもの素揚げを添えると豪華になります。