20191013 コチュジャン

韓国料理を食べる時、良く使うのが”コチュジャン、クッキングショーを聞いてくださっているリスナーさん’から「コチュジャンがなかなか減らず使い方がわかりません」とSOSが入りました。
コチュジャンを辛し味噌と呼ぶ人もいますが、もち米麹、粉唐辛子、塩、醤油、場所によっては大豆、小麦、麦などを使った、発酵調味料です。
本来はもち米麹の甘みですが、日本製は水あめ、砂糖を加えてあると聞きました。
良く知られているのはビビンバですが、日本の味噌と同じように、煮物・炒め物・和え物・鍋物・そのまま野菜につけて食べても美味しいです。
今日はスープをご紹介します。

*牛肉と野菜のスープ*
材料(4人分)
牛肉        2/3LB     300g
もやし       1つかみ
にら        1/2束
ねぎ        1本
水         7CUP     9カップ弱
鶏ガラスープの素  2TBS     大さじ2杯
ごま油       2TBS     大さじ2杯
とき卵       2個分
コチュジャン    1&1/2TBS   大さじ1杯半
粉唐辛子      1/2tsp     小さじ1/2杯
砂糖        少々

作り方’
1. 牛肉をひとくち大に切ります。
2. もやしはサッとゆでておきます。
3. にら。ねぎは食べやすい長さに切ります。
4. 鍋にごま油を熱し、牛肉・もやしの順に炒めます。
5. 水を加え煮たってきたらアクを取り、鶏がらの素、コチュジャン、粉唐辛子、砂糖を加え弱火でコトコト煮て、にらとねぎを加え、味を見て塩少々加え、とき卵を流し入れ、火を止めて出来上がりです。
*水煮のぜんまい・豆腐・春雨を加えても美味しいです。
*お好みでコチュジャンを増やしてください。