0908茶碗蒸し

プルプルした食感、出汁の旨み「茶碗蒸し」
寒い時の一品と思っておられる方も多いようですが、暑い時にふうふうしながら食べる「茶碗蒸し」も美味しいものです。出汁によっていろいろ味わえます。
あっさり昆布だし、かつおと昆布で取る一番だし、あごだし、いりこだし…お好みのだしを使い、お好みの具を入れて作ってみませんか?
今日は茶碗蒸しの作り方をご紹介します。

材料(4人分)
卵 4個
海老 4尾
鶏もも肉  ひとくち大4個
生しいたけ(小) 4枚
枝豆むきみ  8個(あれば銀杏の水煮)
三つ葉  少々
だし  2&2/5CUP/600cc
淡口しょうゆ 1TBS+2TSP/大さじ1杯+小さじ2杯
日本酒    1TSP/小さじ1杯

作り方
1海老の頭と殻、背ワタをとります。
2しいたけの軸を取り、三つ葉は食べやすい長さに切ります。
3皿に海老と鶏肉をのせ、淡口しょうゆ1tspをもみこみ、余分な水分はペーパータオルでふきとります。
4ボールにだし淡口しょうゆ、日本酒を加えて混ぜます。
5別のボールに卵を割りいいれ、泡立てないようにときほぐします。
6だしの中に卵液を入れ、泡立てないように混ぜ、一度漉します。
7器に鶏肉・海老・しいたけ・枝豆または銀杏を入れて卵液の1/4の量を静かに流し入れ、
上に三つ葉をのせます。
8強火にかけていた蒸し器の火を一度止め、フキンを敷いた鍋に器を並べ、蓋の内側に
フキンをかけ、蓋をし、弱火で10分蒸し、竹串を刺してにごった卵液が出てきたら、時間をのばし、透明なだしが出たら出来上がりです。