《チヂミの作り方》

■2019年7月28日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

常備野菜の代表の一つ、じゃがいも、保存がきくので、年中出回り、
昔から煮たり、焼いたり、蒸したり、揚げたりといろいろな方法で
調理されてきました。

あまり知られていないのですが、ナス科、多年草の植物で、
原産は南アメリカアンデス山脈とのこと、後にヨーロッパ大陸に伝わり、
オランダ人によって日本に持ち込まれれたようです。
種類も豊富で、私たちが良く食べるのはほくほくしている男爵いも、
粘り気のあるメークイーンなどですが、ホクホクした品種、
荷崩れしにくい品種、両方の特徴を持った品種など全国各地で開発された、
珍しい品種も出ています。
珍しい名前のじゃがいもを見つけたら、まず蒸して、
バターや塩でシンプルに食べてみると良い!
と昔ある料理研究家の人がテレビでコメントされていて、
なるほど…と思いました。

今日はじゃがいもに含まれるでんぷんを利用した、
チヂミの作り方をご紹介します。

*チチ’ミ*
材料(4人分)
じゃがいも       2個
卵           2個
小麦粉         8TBS   大さじ8杯

ごま油

・たれ・
醤油      2TBS   大さじ2杯
酢       1TBS   大さじ1杯
ごま油     少々

*この生地ににら・青ねぎ・干し海老・イカ・玉ねぎ・
にんじんなどを加えます。

作り方

1. じゃがいもは皮をむいておろし金でおろし水分もそのまま、
卵と小麦粉を加えて好みの具を加えて良く混ぜます。
2. ごま油を熱し、好みの大きさに流し、両面きつね色になるまで
しっかり焼き、たれをつけて食べます。