Monthly Archive for 3月, 2019

《ベーキングソーダ~湯豆腐》

■2019年3月24日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

前回ベーキングパウダーのお話しましたが、今日はベーキングソーダの
お話です。
ベーキングパウダーもベーキングソーダもお菓子の材料に良く使われ、
両方生地を膨らませる働きをします。
ではどこが違うのでしょうか?
ベーキングソーダは酸性の液体と混ぜると炭酸ガスが出て、生地が膨らみます。
ベーキングパウダーは酸性の液体を使わなくても、
ベーキングパウダーの中に酸が加えられているので生地が膨らみます。
使う材料で使い分けて下さい。
酸の強い材料を使う時にベーキングパウダーを使うと酸味が残ってしまいます。
酸の強い食材、例えば果物、レモンジュース、ヨーグルト、ハチミツがあります。
また、焼き色をつけたいクッキー、パンケーキにはベーキングソーダを、
焼き色をあまりつけたくないスポンジケーキなどには、ベーキングパウダーを
使います。
ベーキングソーダーは料理以外に脱臭、洗濯、掃除にも使えるので、
我が家では、いつも買い置きしています。
今日はベーキングソーダがたんぱく質を分解する働きを利用した、
湯豆腐をご紹介します。

*湯豆腐*
材料
豆腐
水          4CUP        5カップ
ベーキングソーダ   1tsp       小さじ1杯

青ねぎ小口切り
生姜のおろしたもの
ポン酢ほか…

作り方
1. 鍋に水を入れ火にかけ沸騰したら火からおろし、ベーキングソーダ、
一口大に切った豆腐を入れ、弱火で10分煮て出来上がり。
2. 器に取り、好みの薬味をのせ、ポン酢などで食べます。

*水を出汁にかえて、豆腐、油揚げ、湯葉、白菜などを煮て同じように
食べても美味しいです。

《サバの竜田揚げ》

■2019年3月17日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

青魚の代表、サバ!焼いても、煮ても、生でも美味しいサバ!
福岡では新鮮なサバが手に入るので、握り寿司や胡麻サバでよく食べますね。
うらやましいです。
サバには脳や神経の働きを良くするDHAが多く含まれていることで有名ですが、
血液をサラサラにする、血管を柔らかくする、カルシウムの吸収をサポートする、
ビタミンB12,ビタミンDも多く含まれていることも忘れてはいけませんね! 
女性に多い肩こりをやわらげてくれるのがB12です。
サバは美味しいのですが、アレルギー反応を起こす人もいます。
私もその一人ですが、生のサバでアレルギーを起こします。
サバに含まれるヒシチジンという物質が時間が経つとヒスタミンに変り、
アレルギーを引き起こします。
先ほどうらやましい…と言ったのは、新鮮なサバが手に入ってうらやましい、
食べられる人がうらやましい…からです。
火を通したサバは食べられます。
今日はサバの竜田揚げをご紹介します。

*サバの竜田揚げ*
材料(4人分)
サバ切り身              8切れ
生姜の絞り汁            1TBS         大さじ1杯
醤油                  4TBS        大さじ4杯
日本酒                4TBS        大さじ4杯
砂糖                  1&1/2TBS    大さじ1杯半

片栗粉・揚げ油

作り方
1. サバは軽く水洗いし、ペーパータオルで水気をふき取り、
大きければ半分に切り、皮目にXの切込みを入れます。
2. 生姜の絞り汁・醤油・日本酒・砂糖を良く混ぜ、ZIPロックに入れてサバを入れ、
良くもみ、空気を抜いて口を閉め、冷蔵庫で30分ほど味をつけます。
3. サバをざるに上げ、片栗粉を全体にまぶし、中温の油できつね色になるまで
揚げて出来上がりです。

*下ごしらえの時、サバの骨を丁寧に抜いてあげると、お年寄りや
子供さんにも安心して食べてもらえます。

《ベーキングパウダー~ビーフカレー》

■2019年3月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

イーストのように、温度、時間を心配しなくて良い膨らし粉、
ベーキングパイダーは、お菓子作りには欠かせない食材です。
お菓子の材料や、焼き上げる時間が短い場合はベーキングソーダが
使われますが、焼き上げる時間が長い時、食材に含まれる成分によっては
ベーキングパウダーが使われます。
今日はベーキングパウダーの膨らませる、と言う働きではなく
肉のたんぱく質を分解して柔らかくする働きを使ったビーフカレーを
ご紹介します。

*ビーフカレー*
材料《4人分)
牛肉角切り       1&1/3LB        600g
ベーキングパウダー   2TBS          大さじ2杯
サラダオイル      2TBS          大さじ2杯
塩・コショー      少々

玉ねぎ・にんじん・なす・カボチャ・じゃがいも・
キャベツ他お好みの野菜
トマトジュース     1CUP          1&1/4カップ
水           1CUP          1&1/4カップ
市販のカレールー    4人分

作り方
1. ボールにベーキングパウダー・サラダオイル・塩・コショーを入れて
良く混ぜた中に、牛肉を入れてよく揉み、ラップをかけて約1時間冷蔵庫に
入れておきます。
2. 野菜は食べやすい大きさに切ります。
3. 鍋を火にかけ、牛肉を炒め、色が変ったら、固い野菜から
順番に炒めます。
4. トマトジュースと水を加え、煮立ったら野菜が柔らかくなるまで
弱火で約10分煮ます。
5. 市販のカレールーを加えてかレールーが溶け、ひと煮立ちしたら
出来上がりです。

*味を見て、お好みで牛乳を少し加えたり、塩・コショーで味を
整えてください。
*煮ている間に水分が蒸発しますので、必要なら水を加えてください。

《牛肉と野菜のオイスターソース炒め》

■2019年3月3日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

一度買うとなかなかな減らないオイスターソース!
以前この時間でオイスターソースが出来るまでのお話しましたが、
今日は第2弾、牡蠣を原料とするオイスターソースを使った、
簡単で美味しい炒め物をご紹介します。
応用がききますので色々な野菜で試してください。

*牛肉と野菜のオイスターソース炒め*
材料(4人分)
牛薄切り       2/3LB         300g
・牛肉下味・
塩     少々
日本酒   2tsp   小さじ2杯
片栗粉   1TBS     大さじ1杯

ピーマン       1個
パプリカ       1個
玉ねぎ        1/2個
生姜薄切り      1かけ分
にんにく薄切り    1かけ分
・ソース・
オイスターソース   2TBS      大さじ2杯
醤油         1TBS      大さじ1杯
日本酒        1TBS      大さじ1杯
砂糖         1tsp     小さじ1杯
片栗粉        1tsp     小さじ1杯

サラダオイル・ごま油

作り方
1. 牛肉は食べやすい大きさに切り、ボールにいいれ、塩・日本酒をかけ、
良くもみ、片栗粉をまぶしておきます。
2. 野菜は牛肉の大きさに合わせて切ります。
3. ソースの材量を良く混ぜておきます。
4. フライパンにサラダオイルを熱し、牛肉を手早く炒め、色が変ったら
皿に取り出し、フライパンを一度水洗いし、ペーパータオルでふき取り
火にかけます。
5. フライパンにサラダオイルをいれ、にんにくと生姜の薄切りを加え
香りが出てきたら玉ねぎ・ピーマン・パプリカを炒め、玉ねぎに火が通ったら、
牛肉を戻し、ソースを加え全体に味をいきわたらせ、仕上げにごま油を
ふって混ぜ、出来上がりです。

《こんにゃくつくね》

■2019年2月24日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

こんにゃくは水分が約97%でカロリーと栄養はほとんどなく、
グルコマンナンと言う食物繊維を含んでいる事は良く知られています。
昔の人は、こんにゃくをお腹の砂おろしと言っていたそうです。
こんにゃくに含まれる食物繊維が体の中のいらないものを、
掃除してくれる…という意味ですが、最近ではこんにゃくに含まれる
食物繊維、こんにゃくマンナンが小腸・肝臓の有害物質を吸着し便と供に
排出してくれるとの研究がされているようです。
カロリーがほとんどないので、しらたきを小さく切り、お米と一緒に炊き、
満足感はあるがカロリーは下げられる…。
こんにゃくのレシピー本も出ていますね。
そしてうれしい事に値段も手ごろ!!!
こんにゃくを上手に取り入れて、健康になれる、一石二鳥の食材と
言えるのではないでしょうか?
こんにゃくを上手に料理するコツは、合わせる食材を旨みのあるものにする、
しっかり味をつけることです。
下ごしらえは皆さんご存知だと思います。
塩もみし。水洗い、熱湯で2~3分ゆでる、これだけです。
今日は”こんにゃくつくね”をご紹介します。

*こんにゃくつくね*
材料(4人分)
こんにゃく        1枚
鶏挽き肉         1LB       450g
ねぎのみじん切り     1/2本分
生姜の絞り汁       1かけ分
卵            1個
片栗粉          1TBS       大さじ1杯
塩            少々
・ソース・
しょうゆ         3TBS       大さじ3杯
みりん          2TBS       大さじ2杯
日本酒          2TBS       大さじ2杯
砂糖           1TBS       大さじ1杯
片栗粉          1tsp     小さじ1杯

サラダオイル

作り方
1. 下ごしらえしたこんにゃくをみじん切りにします。
2. ボールに挽き肉・ねぎ・生姜汁・卵・片栗粉・塩を加え良く混ぜ、
コンニャクのみじん切りを加えてさらに混ぜ8等分し好みの形にまとめます。
3. ソースの材料を良く混ぜておきます。
4. フライパンにサラダオイルを熱し、つくねの両面にきつね色の焼き色が
つくまで焼きます。
5. 一度皿に出し、ペーパータオルでフライパンをきれいにふき、
ソースの材料を入れ煮立ったら、つくねを戻し、弱火で照りがつくまで
両面を焼いて出来上がりです。

《チキンスープカレー》

■2019年2月17日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

私と友人の会話、今日のランチ何食べる? スープか汁物食べたい!
何日かに一度、スープか汁物が食べたくなる私…。
結局スープのある店か、フォー・サイミン・お蕎麦を食べに行く事に
なります。
タイレストランのイエロー・グリーン・レッドカレーも好きです。
とろみのあまりない、スープカレー、先日家族のリクエストで、
ココナツミルクの入らないスープカレーを作りました。
今日はその”チキンスープカレー”をご紹介します。

*チキンスープカレー*
材料(4人分)
鶏もも肉       2/3LB     300g
パプリカ(赤・黄色) 各1個
オクラ        8本
カレー粉       2TBS     大さじ2杯
トマトケチャップ   4TBS     大さじ4杯
水          3&1/5CUP  800cc
塩・コショー・サラダオイル

作り方
1. 鶏肉は大きめに切り、サラダオイルを熱したフライパンで
両面にきつね色の焼き色がつくまで焼きます・
2. パプリカはヘタと種を取り、乱切りにします。
3. オクラはヘタとがくを包丁で切り、まな板の上にのせ、塩を振り、
手で転がし、サッと水洗いします。
4. 鍋にカレー粉・トマトケチャップ・水を入れて良く混ぜ、中火にかけ、
煮立ってきたら、鶏肉・パプリカを加えて鶏肉が煮えるまで煮て、
オクラを加え、鮮やかな緑色になったら、塩・コショーで味を整え、
出来上がりです。

*隠し味におしょうゆを少々加えても美味しいです。

《牛肉のしぐれ煮》

■2019年2月10日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

お弁当には家で作るもの、お金を出して買うお弁当と2種類ありますが、
ハワイに来て姪が学校に持っていくお弁当を見てびっくり!
食パンにピーナツバターとイチゴジャムをはさんだサンドイッチと
りんごかバナナ…。 又はスパムむすびをラップで包んだもの…。
日本のお弁当も昔はご飯に梅干と質素だったようですが、いつの頃からか
肉・魚・野菜などで作られたおかずが入るようになってきたようです。
私の記憶の中で、初めて食べたお弁当は”駅弁”でした。
駅で母が買ってくれる”駅弁”幕の内弁当で、蓋を開けると卵焼き・焼き魚・
高野豆腐ほか沢山入っていて、どれから食べようか?
と迷っていた記憶があります。
幼稚園に入ってからは、運動会・お花見ほか行事のたびに、
母が美味しいお弁当を作ってくれました。
ここハワイでも近年お弁当屋さんんが沢山できて、
ローカルの人が”Bentou”を食べている姿も良く見ます。
今日は母がお弁当に良く入れてくれていた”牛肉のしぐれ煮”を
ご紹介します。

*牛肉のしぐれ煮*
材料
牛肉薄切り      2/3LB     300g
玉ねぎ(中)     1/2個
生姜千切り      1かけ分
しょうゆ       3TBS     大さじ3杯
砂糖         1&1/2TBS   大さじ1杯半
水          5TBS     大さじ5杯
サラダオイル

作り方
1. 牛肉を食べやすい大きさに切ります。
2. 玉ねぎは薄切りにします。
3. 生姜の千切り・しょうゆ・砂糖・水を小さなボールにいいれ、
良く混ぜておきます。
4. フライパンにサラダオイルを熱し、牛肉・玉ねぎを良く炒めます。
5. あわせておいた生姜と調味料を加え、煮汁が半量になるまで炒めます。
6. 煮汁につけたままおいておくと、味が良くしみます。

《ゆで卵のオードブル》

■2019年2月3日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

日常の会話の中で、鶏が先か?卵が先か?と言う例えを使いますが、
本当はどちらなんでしょう?
でも、卵の中には生まれてくるひよこの為に必要な栄養素が詰め込まれている、
と言う事はわかります。
たんぱく質・ビタミン・ミネラルほか含まれていますが、よく言われるのは、
たんぱく質の中に含まれるアミノ酸が優れていると言う事ですね!
人が体の中で作ることの出来ない、でも体に必要なアミノ酸がバランス良く
含まれています。
卵1個の中にたんぱく質・ほかビタミンン類・ナトリウム・カリウム・りん・
鉄を含む卵を食生活に上手に取り入れましょう・
ハワイでは朝ごはんをレストランで食べる人も多く、卵の消費量は多いと思います。
卵も目玉焼き・炒り卵とリクエストでき、ご飯に卵料理、
スパム・ポチギースソーセージ・ハム・ベーコン他を
チョイス+トーストもついてきます・
今日はパーティーの前菜に良く作る、”ゆで卵のオードブル”をご紹介します。

*ゆで卵のオードブル*
材料
ゆで卵       12個
マヨネーズ
又は
お好みのサラダドレッシング
飾り(オリーブ・ハム・パセリ・プチトマト・キューリ他)

作り方
1. ゆで卵を半分に切ります(縦でも横でもチューリップ型でもOKです。
(出来上がりをイメージしながら切って下さい)
2. 黄身を取り出し、裏ごしにし、マヨネーズ又はドレッシングで絞り
袋から絞りだせるぐらいの固さにゆるめます。
3. 白身に黄身を絞りだします。
4. 好みの具材でデコレーションします。

*ハローウインに血走った目のデコレーションをしたり、クリスマスには赤と緑で
デコレーションンしたりしてくださいね。
*絞り袋を使わず、スプーン2本で詰めると、もっと手軽に作ることが出来ます。

《ゼラチンを使ったデザート》

■2019年1月27日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

コラーゲンに美肌効果・骨を丈夫にする・関節の痛みの緩和・血管を
丈夫にするほかの働きがあることは良く知られていますし、
よく取り上げられています。
では、どんな食品にコラーゲンが沢山含まれているか、ご存知でしょうか?
博多名物、豚骨ラーメン、豚・鶏・牛の骨をコトコト長時間煮込みスープを
作りますが、このスープの中にはコラーゲンがたっぷり含まれています。
玄界灘で取れる新鮮な魚にも、コラーゲンが沢山含まれています。
私たちの肌はコラーゲンから作られており、骨・軟骨ほかコラーゲン抜きには
成り立たない。だからコラーゲンのことを細胞の接着剤と呼ぶのですね。
細胞と細胞をくっつける働きをしてくれるのです。
コラーゲンはゼラチンにも多く含まれています。
今日はゼラチンを使った、デザートをご紹介します。

*ミルクゼリー*
材料(4人分)
牛乳      1&3/5CUP      2カップ
砂糖      3TBS         大さじ3杯
粉ゼラチン   1&1/2tsp           5g

作り方
1. 牛乳を沸騰させないように温め、砂糖を加え、砂糖が溶けたら
ゼラチンを振り入れ溶かし、漉します。
2. 型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

*お好みの果物を添えたり、ソースをかけたり…豆乳を使い、
きな粉をかけても美味しいです。

《レンコンと鶏肉の揚げ漬け》

■2019年1月20日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

お正月料理のがめ煮用のレンコン残っていませんんか?
皆さんご存知のようにはすの地下茎が大きくなったものです。 
レンコンは調理の仕方によって、しゃきしゃき、ホクホク、おろして使えば
美味しいつなぎにも変身、私の大好きな野菜のTop5に入ります。
今日はレンコンと鶏肉の揚げ漬けをご紹介します。

*レンコンと鶏肉の揚げ漬け*
材料(4人分)
レンコン         4/5LB          360g
鶏もも肉        4/5LB          360g

漬け汁
出汁           3/5CUP         150cc
酢             4TBS          大さじ4杯
醤油            4TBS          大さじ4杯
砂糖            1TBS          大さじ1杯
塩              1/2tsp       小さじ1/2杯

揚げ油
小麦粉

作り方
1. レンコンは皮をむき、たっぷりの水に漬けて、あくを抜きます。
2. 漬け汁の材料を合わせて一度煮立てておきます。
3. レンコンの水気をふき取り、太ければ半分に切ってから、
細ければそのまま、好みの厚さに切ります。
4. 鶏もも肉はそぎぎりにします。
5. 揚げ油を中温に熱し、レンコンに薄く小麦粉をまぶし、きつね色に
なるまで揚げます、ペーパータオルの上に置き余分な油を取ります。
6. 鶏肉も同じように小麦粉をまぶし、きつね色に揚げます。
7. 深鉢にレンコンと鶏肉を入れ、漬け汁を上からかけます。

*青ねぎの小口切りを散らしたり、しし唐を素揚げしたものを
加えても美味しいです。

《サーモンピカタ》

■2019年1月13日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

イタリアンレストランのメニューにバター焼きし、レモンジュースをかけた肉料理
として載っていますが、私が小学校の家庭科の時間に習った”ピカタ”は
塩コショーした牛肉か豚肉に小麦粉をまぶし、とき卵をからませてソテーしたもの
だったような記憶があります。
アメリカで食べた”ピカタ”はとき卵が絡ませてなく、
イタリアンに近いバター・レモンの味で、ケッパーも入っていました。
韓国料理のミートジャンも味をしっかりつけたバター焼き用のお肉に、
小麦粉をまぶし、とき卵を絡ませて焼いたもの…。
世界中に似たような調理法が沢山あると言う事でしょうか?
美味しく作る為に、みんな同じような事を考えると言う事にして、
今日は”サーモンピカタ”をご紹介します。

*サーモンピカタ*
材料(4人分)
生鮭の切り身      4枚
塩・コショー      少々
小麦粉         適宜
とき卵         4個分
バター         2TBS       大さじ2杯
サラダオイル      1TBS       大さじ1杯

付け合せ
ほうれん草のソテー
ミックスマッシュルームのソテー
トマト
クレソンなど彩りよく…
ソース
タルタルソース
バターレモンソース

作り方
1. 生鮭の皮と骨を丁寧に取り除き、塩・コショーし、5分ほど置き、
ペーパータオルで水気をふき取り、小麦粉を薄く、まんんべんなくまぶします。
2. フライパンにバターとサラダオイルを溶かし、小麦粉をまぶした鮭を
とき卵にくぐらせ、中火で焼き、火が通ったら裏返し、残りのとき卵を加え、
両面に絡ませて、焦げ色をつけないように焼きます。
3. さらに盛り、付け合せの野菜を彩りよく盛り、好みのソースで頂きます。