《ちくわ》

■2018年7月15日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

魚のすり身を竹の串にぬり、焼いたり蒸したりしたものが”ちくわ”
小学校の給食に”ちくわ”の磯部焼きが出ていたこと話し、
歳がわかりますね、と同年代の方と笑った事があります。
ハワイに移住して、スーパーマーケットで”ちくわ”を見つけ、
急に磯辺揚げが食べたくなり、作り始めたら、油の中で”ちくわ”が
3倍ぐらいの大きさに膨れ上がり、びっくりしました!
おでんを作った時も、丸天・ごぼう天が膨らみ、びっくりしました。
その後”ちくわ”、丸天・ごぼう天を作る時は冷凍ですが、日本のものを
買うようになりました。
今日は、”ちくわ”を使った、かき揚げをご紹介します。

*”ちくわ”のかき揚げ*

材料(4人分)
ちくわ(小)    4本
コーン・枝豆・キャベツ・玉ねぎ・茹でたこ・チーズ他好みの具財
卵         1個’
小麦粉
サラダオイル

作り方

1. とき卵を計量カップにいれ冷たい水を4/5CUP(1カップ)に
なるまで加えます。
2. ボールに小麦粉4/5CUP(1カップ)を入れ、①の卵液を加えながら、
粉ぽさが残るように、軽く混ぜます。
3. ”ちくわ”は一緒に揚げたい好みの具に合わせ切ります。
4. ”ちくわ”と具に軽く小麦粉を振り、衣に混ぜます。
5. 中温の油で、好みの大きさ(スプーンで落としたり、木杓子を使って)
油の中に滑り込ませます。
6. からりとしたら、油をきり、出来上がりです。

*茹でたタコなど使う時は、衣に青海苔を混ぜても美味しいです。