《サバ》

■2018年4月8日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

世界中で食用にされる魚、サバ、日本でも古くから食用とされていたようですね。
縄文時代の遺跡から、サバの骨が出土したと言う説もあるようです。
昔、秋サバは嫁に食わすな、と言われていたようですが、こちらは嫁いびりで、
こんなに美味しいものを嫁に食べさせなくても良いと解釈するか?
油が多いので、嫁さんの体を気使って、体によくないから食べないほうが良いよ!
と言う事か?
言い出した人にどちらが正しいか? 聞いてみたいものです。
もし、お姑さんが私に、生サバは食べないほうが良いよ! と言われたら、
後者、アレルギーの私を気使っていってくださった、とすぐわかるのですが…。

今日は、お姑さんから美味しいと褒めてもらった、サバのから揚げをご紹介します。

<サバのから揚げ>

*材料(4人分)*
サバ       大1尾

*漬け汁*
しょうゆ    3TBS    大さじ3杯
日本酒     1TBS    大さじ1杯
しょうがしぼりじる  1かけ分

片栗粉
揚げ油   

作り方

1. サバは水洗いして三枚におろし、脇骨をそぎとり、
小骨も丁寧に骨抜きで取ります
2. 少し厚めのそぎ切りにして、ボールにいいれ、漬け汁を加え、
全体を混ぜて10分漬けておきます。
3. 水気をきり、片栗粉をまぶし、1~2分置いておきます。
4. 中温の油でからりと揚げて出来上がりです。