《冷凍かぼちゃのバター焼き》

■2018年1月21日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

先週に続き、野菜の冷凍のお話です。

冷凍の仕方は、野菜を良く洗い、水気をペーパータオルでふき取り、
作る料理を考えながら切り、冷凍用の袋に入れ、空気を抜いて口を閉じて、
冷凍します。
あくまで短期保存と考えて、2~3週間のうちには使ってください。

玉ねぎをみじん切りにしたり、好みの形に切って冷凍しておくと、
早く火が通り、甘みが早く出ますので、
オニオンスープやミートソースを作る時、短い時間であめ色になり、
きつね色になります。

冷凍する前に洗って…と言いましたが、例外もあります。
しいたけ・えのき・まいたけ・しめじなどのきのこ類は洗わず、
根元の部分を切ってばらし、冷凍します。
汁物、鍋物・炊き込みご飯、ソースつくりに便利です。
どうしても残ってしまう、パプリカ・べルペッパー(ピーマン)もヘタと種を取り、
いろいろな大きさに切っておき、日曜日の朝のオムレツの具に、酢豚にと使います。

薄切りにして冷凍したかぼちゃを使ったバター焼きをご紹介します。

*かぼちゃのバター焼き*

材料
冷凍したかぼちゃ凍ったまま     1/3LB      150g
バター               2~3TBS    大さじ2~3杯
ブラウンシュガー          1~2TBS    大さじ1~2杯
作り方

1. フライパンにバターを熱し、凍ったままの薄切りのかぼちゃを入れ、
弱火で3~4分、上下を返してさらに3~4分焼きます。
2. ブラウンシュガーを上から振り、全体を軽く混ぜます。

*ブラウンシュガーを醤油に変えても…