Monthly Archive for 5月, 2018

《鶏のから揚げ》

■2018年1月28日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
お惣菜用の肉として多く使われている、牛肉・豚肉、そして鶏肉。
今日は鶏肉についてお話します。
肉につやがあり、皮に張りがあり、毛穴が盛り上がって、
皮下脂肪が適当についているものが上質、と私は習いました。

ハワイに移住して、スキンレス・ボンレスとしてスーパーに並んでいる
鶏肉を買っている人を見て、どうやって、新しいものかどうか?
選ぶのだろうかと疑問に思った事もありました。

買って来てすぐ使う時は別として、すう使わない時は、日本酒を少し振り、
ラップで空気が入らないように包み、冷蔵庫に入れておくと、味が落ちません。
良く冷凍する方がいます。
私もしますが、冷凍されてお店に届いたものが解凍され、売り場に並んだものは、
再冷凍する事になりますのでお勧めしません。
ゆでたり、蒸したりしてから冷凍してください。
ただし、1週間ぐらいで食べ切ることをお勧めします。

*鶏のから揚げ*

材料(4人分)
鶏肉骨付きのぶつ切り     2LB       900g
日本酒            1TBS      大さじ1杯
醤油             2TBS      大さじ2杯
コショー
揚げ油

作り方
①鶏肉をボールに入れ、日本酒・醤油・コショーを加え、手でよく揉みます。
途中1~2回揉み、30分漬け込みます。
②揚げ油を中温に熱し、ペーパータオルで水分を拭いた①を5個ぐらいずつ入れ、
きつね色になるまでゆっくり揚げます。

*下味がついているので、焦げやすいです、火加減に気をつけてください。
*一度に揚げず、5個ずつ…揚げ油の温度を下げないようにしましょう。

《冷凍かぼちゃのバター焼き》

■2018年1月21日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

先週に続き、野菜の冷凍のお話です。

冷凍の仕方は、野菜を良く洗い、水気をペーパータオルでふき取り、
作る料理を考えながら切り、冷凍用の袋に入れ、空気を抜いて口を閉じて、
冷凍します。
あくまで短期保存と考えて、2~3週間のうちには使ってください。

玉ねぎをみじん切りにしたり、好みの形に切って冷凍しておくと、
早く火が通り、甘みが早く出ますので、
オニオンスープやミートソースを作る時、短い時間であめ色になり、
きつね色になります。

冷凍する前に洗って…と言いましたが、例外もあります。
しいたけ・えのき・まいたけ・しめじなどのきのこ類は洗わず、
根元の部分を切ってばらし、冷凍します。
汁物、鍋物・炊き込みご飯、ソースつくりに便利です。
どうしても残ってしまう、パプリカ・べルペッパー(ピーマン)もヘタと種を取り、
いろいろな大きさに切っておき、日曜日の朝のオムレツの具に、酢豚にと使います。

薄切りにして冷凍したかぼちゃを使ったバター焼きをご紹介します。

*かぼちゃのバター焼き*

材料
冷凍したかぼちゃ凍ったまま     1/3LB      150g
バター               2~3TBS    大さじ2~3杯
ブラウンシュガー          1~2TBS    大さじ1~2杯
作り方

1. フライパンにバターを熱し、凍ったままの薄切りのかぼちゃを入れ、
弱火で3~4分、上下を返してさらに3~4分焼きます。
2. ブラウンシュガーを上から振り、全体を軽く混ぜます。

*ブラウンシュガーを醤油に変えても…

《冷凍大根と油揚げの煮物》

■2018年1月14日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

皆さんは、野菜を冷凍する時、茹でますか? 生のままですか?

冷凍にむかない野菜、茹でたら冷凍できる野菜、
生で冷凍したほうが美味しくなる野菜があります。
今日は野菜の冷凍についてお話します。

生での冷凍にむかない野菜の代表はレタスとれんこん。
レタスは解凍したあとべたっとして使い物にならなくなり、
れんこんは食感がまったくなくなります。
ゆでてから冷凍したほうが良いのは、ほうれん草・ブロッコリー・里芋です。

では、生で冷凍したほうが美味しくなる野菜の代表は何でしょうか? 
私は大根を上げたいと思います。
おろしても、千切りにしても、輪切りにしても上手に冷凍できますし、
解凍してサラダに、煮物に味噌汁の具に重宝します。
冷凍する事によって水分が抜けるので、味が良くしみこみます。
キャベツ・白菜は大きめに切り冷凍すると柔らかくなり甘みも増し、
生でも加熱しても美味しくいただけます。

もちろん新鮮な野菜を、新鮮な時に食べるのが一番ですが、
残ったら、次に使う時の事を考えながら上手に冷凍してください。

*冷凍大根と油揚げの煮物*

材料(4人分)
いちょう切りにして冷凍した大根  1LB   450g
油揚げ              1枚
出汁               2/5CUP  1/2カップ
醤油               3TBS   大さじ3杯
みりん              3TBS   大さじ3杯
日本酒              3TBS   大さじ3杯

作り方
1. 油揚げを大根の大きさに合わせて切り、凍ったままの大根、出汁、
調味料を鍋に入れ火にかけ、蓋をして中火で10分弱煮て出来上がりです。

*油揚げの代わりに、厚揚げ、さつま揚げなど使っても…

《高野豆腐の含め煮》

■2018年1月7日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ハワイに移住してから食に関する失敗談、悲しかった事、びっくりした事、
うれしかった事色々ありますが、悲しかった事の一つに、
高野豆腐ストーリーがあります。
ホームシックにかかり、母の手料理をお思いだし、
急に食べたくなったのが高野豆腐の含め煮….
オリエンタルマーケットに買出しに行き、張り切って作りました。
夕食に出しましたが、誰も食べてくれなかったのです。
これ何? と聞く人もいませんでした。

何日かして、どうして?食べなかったの? と聞いて帰ってきた答えは、
変なスポンジみたいで、味の想像が出来なかったから…。
美味しそうに見えなかったから…。
確かに地味ですが高野豆腐には脂質の代謝を促すダイスサポニン、
老化を予防するビタミンE、骨がすかすかになるのを予防するイソフラボンほか、
カルシュウム、マグネシュウム、鉄、食物繊維などたっぷり含まれているのに…。
と心の中で叫びました。
今でも、高野豆腐を見ると、あの時のことを思い出します。
今日は高野豆腐の含め煮をご紹介します。

*高野豆腐の含め煮*

材料(4人分)
高野豆腐     4~6枚
だし汁      3&1/5CUP     4カップ
薄口醤油     2tsp      小さじ2杯
砂糖       10TBS      大さじ10杯
塩        2&1/2tsp   小さじ2&1/2杯
日本酒      1TBS       大さじ1杯

作り方
1. 高野豆腐は熱湯につけ落し蓋をして戻します。
2. 鍋にだし汁と調味料を加え、良く絞った高野豆腐を入れ、
落し蓋をして中火で5分、弱火でコトコト20分煮て、
煮汁につけたまま冷まします。
3. 冷ましたら、軽く絞って食べやすい大きさに切って盛り付けます。