《ごぼう~変わり柳川鍋》

■2017年12月31日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
日本人が食べるようになったのは、江戸時代から明治時代といわれている
ごぼう。
代表的な食べ方はきんぴらごぼうですが、煮物・揚げ物・和え物・酢の物の
材料として、大活躍しています。何時の頃からか?デパートの地下、
お惣菜売り場でおしゃれに盛られた
ごぼうサラダも良く見かけるようになりました。

太平洋戦争のときに、木の根を食べるよう強要され虐待された!
と裁判になった事は、良く知られています。
ごぼうは食物繊維がたくさん含まれ、腸を活性化させたり、
コレステロール値を下げると言われています。
ただし、乾燥して、固くなると味も落ち、
消化しにくくなりますので気をつけましょう。

今日はごぼうをたっぷり使った、変り柳川鍋をご紹介します。

*変り柳川鍋*

材料(4人分)
ごぼうのささがき      1/3LB      150g
豚肉薄切り         2/3LB      300g
しょうがの千切り      1かけ分
青ねぎ           2~3本
だし汁           3&1/5CUP   4カップ
醤油            5TBS      大さじ5杯
砂糖            5TBS      大さじ5杯
みりん           2TBS      大さじ2杯
卵             4個

作り方
1.ごぼうのささがきは 水につけてあく抜きをしっかりして、
水気をきっておきます
2.豚肉は食べやすい大きさに切り、青ねぎは斜め切りにします。
3.浅めの鍋に、ごぼう・しょうが・だし汁・調味料を入れ、
上に豚肉をのせ、中火で2分、弱火にして5分、アクを取りながら煮ます。
4.豚肉とごぼうに火が通ったら、青ねぎを散らし、とき卵を流し入れ、
半熟になったら出来上がりです。