《牛肉の粕付け》

■2017年11月26日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

酒粕はお酒を造るときに圧力を加えて、搾り出した残りの粕です。

搾り粕ですが、炭水化物、たんぱく質、脂質、アミノ酸、ビタミン、
酵母など栄養素がたくさん含まれ、食用はもちろんですが、
飼料、肥料としても良く使われています。

酒粕は、そのままオーブントースターで焼いたりしたり、
甘みを押さえたり、余りを加えて甘酒にしたりし、
ペースト状にして肉類、魚、野菜を漬けたり、
汁物を作ったりします。

酒粕には、エタノールが含まれているので、
腐りにくいのが特徴です。
最近では健康食品として、便秘改善、成人病の予防、
美肌効果があるとテレビで放送されたことがあります。
今日は「牛肉の粕付け」をご紹介しまs。

*材料(4人分)
牛肉バター焼き用      1LB           450g
*粕床*
酒かす           1LB           450g
みりん           2TBS           大さじ2杯
酒             2TBS           大さじ’2杯  
砂糖            1TBS           大さじ1杯
塩             少々

作り方
1. 粕床の材料を全部合わせて、蓋のできるバットに
粕床の半分を敷き、牛肉を並べ、残りの半量をかぶせ、蓋をして
冷蔵庫で1~2日漬けます。
2. 両面をサッと焼いて、出来上がりです。 
(フライパンでも網で焼いてもOKです)