《出汁醤油》

■2017年11月12日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

昔から、日本人は塩分を取り過ぎる…と言われてきました。
世界保健機関、WHOは一日の塩分摂取量を5gとしていますが、
日本の目標は7~8gになっています。
しかし、実際の塩分摂取量は一日平均10gと言われています。
世界平均の倍摂取している事になりますね。

高血圧の予防について調べると、必ず出てくる言葉が ”減塩” 
塩分を減らす事が高血圧、むくみの予防になる!と書かれています。

日本人が昔から食べてきた、醤油・味噌・漬物ほか、
塩分の多い食べ物はたくさんありますし、
健康に気をつけてサラダをたくさん食べよう!
上にかけるドレッシングにも、塩分がたくさん含まれています。

塩分を摂り過ぎると血液中のナトリウムが増えます。
これを一定の濃度にするために、周りの水分が血管内に入り込み、
血液の量が増えて、この圧力から血圧が上がります。

減塩する事で、血圧を下げる事ができるのです。
動脈硬化、内臓脂肪他、生活習慣病の予防にもなるのです。

知らないうちに食べているものの中にも、
塩分は含まれているのです。
成分表をチェックしてみると、ェッ、こんなものにも?
と言うものもあります。
ナッツ、クラッカーは食塩を使っていないものを食べる。
食卓に醤油・ソース・、食塩を置かないなどの工夫で、
ずいぶん減塩する事ができます。
もし、ご家族の中に高血圧の方がいらっしゃったら、
手つくり出汁醤油を作ってみませんか?

*出汁醤油*

出汁(必ず昆布・かつお節で取る)    5/4CUP       1/2カップ

醤油                  5&1/2TBS     大さじ5&1/2杯

作り方

1. 出汁と醤油を混ぜて密封容器に入れ、冷蔵庫で保存し、
1週間で使い切ります。
*ゆでた野菜、お豆腐、焼き魚ほか、お醤油の代わりに使います。
*美味しい出汁を使う事で塩分を減らしても、美味しく感じます。