《タバスコソースを使ったカクテルソース》

■2017年6月18日放送■ <ペコのいきいきハワイアンライフ>
メキシコタバスコ州のタバスコペッパーをすりつぶし樽に入れて塩をのせ、
3年熟成させ、酢を加えさらに1ヶ月寝かせて完成させる…。
製造し始めた時から今まで、製造法はほとんど変わっていないそうです。
アメリカでは、ステーキを食べる時にステーキソースに混ぜたり、
生牡蠣を食べる時に良く使います。
日本では、ピザ・スパゲティーにかけている人を良く見かけます。
アメリカではピザには乾燥させた唐辛子を砕いたものを振りかけて食べます。
今日はタバスコソースを使った、蒸したり、ゆでたりした海老、ロブスター、
生牡蠣などに良く合う”カクテルソース”をご紹介します。

カクテルグラスのまわりに、ゆで海老をきれいに並べ、
真ん中にカクテルソースを入れ、レモン、レタスなどをアレンジすると
おしゃれな前菜が出来上がります。

材料
ケチャップ      4TBS  大さじ4杯
レモンの絞る汁   2TBS  大さじ2杯
タバスコソース    少しずつ加えながら好みの辛さに調節します。

作り方
材料を混ぜるだけです!
*アメリカでよく食べるもう一つのカクテルソースには、
ホースラディシュ(西洋わさび)を使います、