《ゼラチンを使ったミルクプリン》

■2017年6月4日放送■ <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ゼラチンは、主に牛や豚の皮や骨などのコラーゲン(たんぱく質の一種)に
熱を加え、抽出して作られ、無味無臭です。
熱を加える事により液体になり、冷やすと固まる性質を持っていることは、
皆さんも良くご存知ですね?
柔らかく、ぷるんとした食感、口溶けがよいと言う特長を生かし、
ゼリー、マシュマロ、グミを作るときに使われる事は良く知られていますが、
お菓子だけではなく市販のタレ、ハムなどの原材料の中に含まれていることが
よくあります。
ゼラチンはアレルギーを起こす事があるので、ゼラチンを使った食品には、
必ずゼラチンを含んでいることを表記することが、義務つ’けられています。

食べ物のほか、化粧品・シャンプー・コンデショナー・接着剤他の材料としても
多く使われているんですよ!

今日はゼラチンを使った”ミルクプリン”をご紹介します。

材料(4人分)
ゼラチン     2tsp    6g
水(ゼラチンをふやかす)    2TBS
牛乳        4/5CUP    400cc
砂糖        5TBS    大さじ5杯
卵          2個    
バニラエッセンス 少々

作り方
1. 小さなカップに水を入れ、粉ゼラチンを振りいれて
ふやかしておきます。
2. 鍋に牛乳を入れ火にかけ、温まったら砂糖を加えて
沸騰させないように気をつけ、混ぜながらとかします。
砂糖が溶けたら、ふやかしておいたゼラチンを加えて、良く混ぜます。
3. ボールに卵を割りいれ、バニラエッセンスを加え、
良く混ぜます。
4. 3.に牛乳を少しずつ加えて、良く混ぜ、一度漉します。
5. 好みの器に流し入れ、荒熱が取れたら、ラップをかぶせて、
冷蔵庫で冷やし固めます。

*季節のフルーツ、カラメルソース、フルーツソース、ホイップクリームを
添えてお召し上がり下さい。