《ガーリックバター》

■2017年6月25日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
皆さんが食べておられるバター、100g(4oz)作るためにどのぐらい?
原料の牛乳が必要か、ご存知ですか?
100gのバターを作るのに、4.8リットルの牛乳を分離させて取れる乳脂肪を練り、
固めて作られます。
一口にバターと言いますが、発酵させたもの、させてないバター、
食塩を加えたもの、加えてないものがあり、一般的に使われているのは、
発酵させていない、食塩を加えたもの、加えてないものです。
バターは冷蔵庫に入れると固くなり、室温で柔らかくなり、熱を加えると溶けます。
レシピブックによく出てきますね!
溶かしバター、室温で柔らかくしたバター、冷蔵庫で冷やしたバター、
作るものによって上手に使い分けてください。
日本でのバター不足はもう解決しましたか?
KZOOラジオの長寿番組”電話応答”で日本へのお土産は冷凍したバターを…と
リスナーさんが日本のバター不足の話をしておられました。

今日はトースト、魚・肉料理に使える”ガーリックバター”の作り方をご紹介します。

材料
バター(室温に戻しておきます) 8oz 200g
にんにく                1個
パセリのみじん切り        適宜

作り方
1. にんにくは皮をむき、おろすか、みじん切りにします。
(みじん切りの場合、フライパンで透明になるまでいためてもいいです)
2. 小さめのボールにニンニクをいれ、ラップでしっかりカバーをして、
マイクウェーブオーブンで30秒COOKし冷ましておきます。
3. ボールにバター・にんにく・パセリのみじん切りを入れて良く混ぜ、
広げたラップに出し、ゴムへらで細長い形にまとめ、ラップで包み、
両端をねじって形を整えます。
4. 冷蔵庫で固めます。
5. 必要なだけ、切り使います。

*焼きたて、茹でたてのじゃがいもに、ガーリックトーストに、
ステーキに、魚料理に使えます。
*すぐ使わない時は、冷凍してください。