《カルァピッグ》

■2017年2月19日日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>
ハワイの代表的な料理の一つ、カルァピッグ.
豚肉にハワイアンソルトをすり込み、バナナの葉、
ティーリーフで包んで丸焼きにしたものです。
食べられた事はありますか?
そのまま食べても美味しいのですが、キャベツと炒めたり、
溶けるチーズと一緒にグリルサンドイッチを作ると、
BROAK THE MOUTH!
口が壊れる?日本式に言うと、ほっぺたが落ちる!
本当に美味しいです。
現代の住宅事情で、家庭で豚の丸焼きを作る事は不可能ですが、
時間はかかりますが、これを数滴使えばあら不思議!オーブンで焼いても、
スロークッカーでクックしても出来上がりは、
屋外で丸焼きしたような味わいになるのが、リキッドスモークです。

今日はリキッドスモークを使った、カルァピッグを紹介します。

豚肉塊             4LB     1.8KG
ハワイアンソルト又は自然塩   3TBS    大さじ3杯
リキッドスモーク        2TBS    大さじ2杯

作り方
1 オーブンを340度(摂氏170度)にあたためておきます。
2 豚肉の塊に塩をすり込み、リキッドスモークをすり込みます。
3 バナナの葉、ティーリーフで包み、さらに大判のアルミフォイルで
しっかり包みます。
バナナの葉、ティーリーフが手に入らない時は、アルミフォイルだけで
2~3回しっかり包みます。
4 天板に入れ、水を4cm高さまで入れて、オーブンに入れ一時間COOKし、
オーブンの温度を320度(摂氏160度)に下げて
3時間半豚肉が柔らかくなるまでCOOKします。
5 アルミフォイルをとり、豚肉をほぐして出来上がりです。