しょうゆ「関西風うどんだし」

■2015年10月4日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

食生活が欧米化されてきても、家庭で一番多く使われる調味料は西洋料理の塩・コショーに匹敵する、しょうゆではないでしょうか?製法と品質の違いで濃口(こいくち)しょうゆ、淡口(薄口:うすくち)しょうゆ、溜まりしょうゆほか、沢山の種類がありますね!
淡口しょうゆは色がつくのをなるべく少なくするように製造されたもので、製造中に食塩を多くして、原料の熟成をゆるやかにしたり、大豆の蒸し具合を控えめにしたりして造られます。淡口しょうゆのほうが食塩が多く、エキス分は少なくなっています。色が薄く、くせがないので、調理する時材料の持ち味を生かすことができます。

《関西風うどんだし》
材料(4人分)
出汁(鰹節、昆布、あご、いりこほかお好みのものをお使い下さい)
4Cup     5カップ
淡口しょうゆ      2/5Cup    ½カップ
みりん          2TBS     大さじ2杯

作り方
1.鍋にだしを煮立てて、淡口しょうゆ、みりんを加えて煮立ったら出来上がりです。

*寄せ鍋の煮汁に、雑炊に、お雑煮にお使い下さい。中の食材の色が引き立ちます。
*年越しそばにも使えます。