オクラの話「味噌漬け」

■2015年9月6日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

我が家では昔から食べていたので、調べてみるまで日本の野菜と思っていましたが、日本で全国的に食べられるようになったのは、昭和50年ごろ!とのこと。
アメリカにも、西アフリカからの奴隷が移住した時に、入ってきたそうです。エジプトでは紀元前に栽培されていたそうです。
オクラを日本で始めて食べた人、レシピを作ってくれた人に感謝します。
オクラにはカロテン、食物繊維、「ねばねば」成分が豊富に含まれています。この「ねばねば」の正体は、ペクチンという食物繊維や、ムチンという糖たんぱく質などで、たんぱく質の吸収を助け、整腸作用があります。
表面の産毛がしっかり生えているものが新鮮です。あまり大きいものは固いので気をつけてください。生、サッと茹でて和え物、酢の物、炒め物、煮込み料理、天ぷらほか、世界中で食べられているオクラ、今日は味噌漬けを紹介します。

《オクラの味噌漬け》
*材料*
オクラ          8本
みそ           2/3LB       300g
さとう          5TBS       大さじ5杯
みりん          3TBS       大さじ3杯
塩            少々

作り方
1.オクラはヘタを薄くそぎ、塩少々でもんで、水洗いし、ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。
2.みそ、さとう、みりんを良く混ぜ、①のオクラに塗りつけ,ジップロックに入れて空気を抜き、冷蔵庫で一晩漬け込みます。
3.次の日、周りのみそを手で丁寧にそぎ取り、水洗いして、出来上がりです。

*合せみそは2~3回使えます。
*次の日が美味しいので、食べる分だけつけてください…