トマトが赤くなると医者が青くなる?「丸ごとトマトのサラダ」

■2015年6月7日放送■  <ペコのいきいきハワイアンライフ>

トマトが赤くなると、医者が青くなると言うことわざが欧米にあります。トマトが赤く熟す頃、沢山食べると健康体になり、病院に行かなくてもよい、お医者様が儲からないと言う意味があるそうです。
体に溜まると、生活習慣病になると言われている“活性酸素”を赤いトマトに含まれる“リコピン”が取り除いてくれるからとか。今日はハワイのレストランのメニューにもある、丸ごとトマトのサラダの作り方を紹介します。

《丸ごとトマトのサラダ》
材料(4人分)
赤いトマト(大)       1個
塩・コショー         少々
砂糖             少々
(ドレッシング)
 生クリーム         3TBS      大さじ3杯
 マヨネーズ         2TBS      大さじ2杯
 オリーブオイル       1TBS      大さじ1杯
レモンの絞り汁       ¼個分

作り方
1. トマトは芯の部分を取り除き、4等分します。一切れずつ、包丁で2~3箇所切り込みを入れ、砂糖、塩、コショー少々ふり、冷蔵庫で冷やしておきます。
2. ボールに生クリームをいれ、泡立て器でとろみがつくまで良く混ぜ、残りの材料を入れて混ぜます。
3. 皿にドレッシングを敷き、①のトマトを元の丸い形に整え、盛り付けます。
4. 彩りに、パセリ、キュウリ他添えてください。