RKBラジオトップページ

明日への一言

2021年2月21日(日) 「 自分の道 」

人生を送る上で 自分が進む道は 幾通りもある どの道を選ぶのかは 我が決めるしかない

しかし殆どは 流れに身を委(ゆだ)ねて 本意とは異なる道を 歩みがちだ

それでも 何処かで期するところがあれば 思い切って 進路を転じよう

生ある限り遣り直しは 何度でも利く

 

 

自分なりに選択した道も 時が過ぎ状況が変われば 軌道修正が求められる

我が変わらずとも 周囲が激変すれば 今まで通りには行(ゆ)かぬ

最終的には 自分に正直な答えを 出すがいい

他ならぬ我が道であるならば 腹を決めて 新たな道に踏み込んでみよう

2021年2月14日(日) 「 自省 」

他人(ひと)のことを兎(と)や角(か)く言う前に 自分は如何(どう)であるのかを確かめたい

殆どが大同小異 そう変わらぬはずだ 己が思う程動いてはいないし 貢献もしちない事に気づく

思い込みと思い上がりは 愚の骨頂である

余計な事を考える前に 己の役割を果たそう

 

少しばかり周りに寄与しても 好(い)い気になってはならぬ

して遣ったのではなく したいからとの気持ちを 大切にしたい

己自身が 多くの人に支えて貰っていれば 当然の成行(なりゆ)きである

館さhの念は 身を以(も)って行動で示そう

2021年2月7日(日) 「 言葉 」

言葉一つで 人の生き方は 著(いちじる)しく変わる

それ位 言葉が持つ力は大きくて重い 出来ることなら 有効に活用するべきだ

心が和んで 穏やかな気分に包まれる人がいれば

元気を取り戻し 遣る気を起(おこ)す者もいる

自分の周りの近しい人に 心を籠(こ)めて言葉を送ろう

 

 

人の身体の滋(じ)養分は 食べる物を口から取り入れて補(おぎな)う

命脈を保つ大本は 食物に他ならぬ 同様に大切なのは 心の栄養分だ

目や耳から摂取するが 取分け大切なのは言葉に尽きる

生きた言葉を 可能な限り吸収して 人としての心を培(つちか)おう

 

☆本日のお客様☆

2月14日は、バレンタインデー

2021年1月31日(日) 「 いい人 」

人に嫌われるよりは 好かれた方がいいが 無理に好かれる必要もない

どう思われようと 自分流を通すのが何よりだ

周りを気にせずに 万事思う儘(まま)に行動しよう

但し 他人(ひと)様に迷惑を掛けないと 公の定めは破らぬ

この二つは守るべし  それだけでも いい人の条件は揃っている

 

単にいい人と呼ばれて喜ぶのは 止めた方がいい

相手にとっては 都合がいいだけの場合もある

良かろうと悪かろうと 我関せずだ

己が決めることに非ず 人の目を気にしないで 自分に正直に生きて行こう

本当にいい人は 万事大らかである

 

2020年1月24日(日) 「 これから先 」

それぞれにとって これから先は勿論大事だが 最も貴重なのはたった今だ

この先を徒(いたずら)に心配するよりも 今を如何に生きるかに 力を込めたい

現状と向かい合い 乗り切ってこその これから先だと思う

 

 

これから先を考える前に 優先すべきは 日々の積み重ねだ

種を蒔(ま)き水を与え 時を掛けて生を出す

継続と努力があってこそ 実は成り花が咲く

今流す汗が これから先の基盤となることを 改めて思い知ろう

2020年1月17日(日) 「 ピンチはチャンス 」

人は生きて行く過程で 様々な経験を積む ピンチに遭遇するのも その一つだ

心すべきは ピンチが訪れても 決して弱腰にならぬこと

腹を据えて 確(しっか)りと向き合いたい

善後策を講じた上で 速やかに対処して ピンチをチャンスに転じよう

 

 

ピンチに陥った時に肝心なのは 現実を受け止めること

留意点として 言訳や他人(ひと)の所為は禁物だ

解決するには 自力で事に当たるしかない

物は考えようである ピンチの時には 成功の種が沢山あることを

常に意識しておこう

2021年1月10日(日) 「 言葉 」

普段は気付かぬが 言葉が持つ力は とても大きい

一つの言葉には 深い意味が含まれている

どう解釈するかは人それぞれだが 生かすも流すも 己の心得次第

気持ちを静めて じょっくりと感じ取ろう

 

 

言葉一つで 人の心は大きく動く 言葉は心の薬でもある

貰う場合が殆どだが 外ばかりは限らぬ 己が作って 与えるものでもある

人生の結晶たる 独自の言葉を生み出してみよう

2021年1月3日(日) 「 これから先 」

心の持ち方一つで 人生はよりいいものになる

徒(いたずら)に心配するよりは 楽しい明日を思い浮かべたい

不安を打ち消して 前へ進む気概を押し出すべきだ

気分次第で 考え方は転ずるし 視界も広がる

これから先への希望を糧(かて)にして 頑張ってみよう

 

生きている限り これから先はずっとある

その気になれば 自分なりに遣れることや遣りたいことは 一杯あるはずだ

大らかに構えて 少しだけを念頭に 行動移したい

人生を面白くするもしないも 全ては己の気持ち次第

思う存分味わおう

 

 

2020年12月27日(日) 「 省みる 」

善し悪しはさておき どうにか年の瀬を迎えることは有難い

思うに任せることが多くても それが人生だ

そのような中で 自分は何を為(な)したかを 省みたい

無理はせずとも 少しだけの進歩を 改めて心に刻み付けよう

 

 

今年を省みれば 殆どの人が 戸惑いを覚えたはずだ

当たり前が当たり前でなくなった時 人は途方に暮れる

しかし嘆いてばかりでは どうにもならぬ

辛くて苦しい折に 何(どれ)だけ踏ん張るかが 腕の見せ所

自分なりの意気地(いきじ)を示そう

 

2020年12月20日(日) 「 明日への思い 」

明日があるからこそ 人は元気に生きて行ける 明日があることは それだけで有難い

どのように活用するかは すべて自分の才量次第 今日の反省を頭に浮かべて

明日の行動を組み立ててみよう 明日がある限り 人生はどうにでもなる

 

 

良し悪しはさておき 一日に区切りがあることは いいことだ

今日は一つの終わりを告げるが 明日への始まりも示す

生ある限り 明日はずっと続く

小さな区切りを 如何に生かすかは それぞれの課題でもある

前向きに積み上げつつ いい明日を目指そう

ご注文・お問い合わせ

NPO博多の風 出版事業部
〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町8-16-302
TEL&FAX(092)263-7188
mail: info@hakatanokaze.jp
▼公式サイトはこちら
▼「明日への一言」 取扱書店・販売店
ジュンク堂本店、丸善博多駅ビル
紀伊國屋福岡本店、BOOKSあんとく荒尾店
紀伊國屋ゆめタウン博多店
紀伊國屋久留米店、積分館書店新天町本店
福岡金文堂本店、フタバ書店テラ東福岡店
福岡金文堂大橋店、インキューブ
RKBストアほか

パーソナリティ

大庭宗一(おおば そういち)
1950年10月19日生まれ
てんびん座 O型
・エッセイスト
・NPO「博多の風」理事長
・博多祇園山笠 土居流 下土居町 総代
・博多警察署 少年指導委員
▼メールお待ちしています。

アーカイブ

▼過去の「明日への一言」はこちらから