TOP < 個別記事

24回目は神功皇后が福津市に残した足跡を辿ります。
2020年3月15日

神功皇后は朝鮮出兵の前に福津市を歩いています。その足跡辿りました。
まず、宮地嶽神社のすぐ横にある山、宮地山に登りました。
山の高さは180メートル程ですので散歩がてらぶらぶら登れる山です。
入り口には宮地嶽神社の奥宮不動神社があります。
ここは横穴式石室をもつ古墳で石室の長さが22メートルもあります。
ここで神官のお祓いを受けて登っていきます。
頂上には小さな鳥居があり、鳥居の横には人が腰掛ける程の石が一つあります。
ここで神功皇后は朝鮮出兵が成功するよう祈ったといわれます。
頂上は今は高い木が邪魔ですが、かつてははるかに朝鮮半島の方向が見えたと思われました。

kodaifukuokareport
JR福間駅から徒歩5分ほどのところに、福津市おみやげアンテナショップ「手みやげ屋ふくつ本舗」があります。
スタッフの新開奈津子さんに聞いたベスト3は…①ふくつ観光協会と山口油屋福太郎の共同開発「ふくつめんべい鯛茶漬味」、②御神酒のようなビジュアルの透明ジンジャエール「宮地嶽神社エール」、③あっさり旨い「鯛塩ラーメン」。
そして注目の逸品として、インスタ映えすると女性に大人気の「海の琥珀糖」。砂糖と寒天で作られる“食べる宝石”のようなお菓子です。
色々組み合わせてラッピングもしてくださるそうですよ~。

200315-002 200315-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ