TOP < 個別記事

18回目は神功皇后羽白熊鷲討伐で香椎を出発
2020年2月2日

下関から香椎へ到着した仲哀天皇と神功皇后でしたが、仲哀天皇は急死。
神功皇后は一人秋月付近に拠点のある羽白熊鷲討伐へ出発します。
まず、朝倉へと軍を進めますが、途中立ち寄ったのは大野城市の中という場所にある御陵宝満宮。神社の言い伝えに「かつて玉依姫がこの神社においでになった。
よって御陵を築いた」とあるそうです。
玉依姫は豊玉姫の妹に当たります。豊玉姫はワタツミ国から日向の火遠理命に嫁ぎ。
子供を産みますが、その時生まれた子供がウガヤフキアエズの命。
豊玉姫は帰国に際し妹の玉依姫に子供の養育を頼みます。
この後、玉依姫は生長したウガヤフキアエズノミコトと結婚。生まれたのが初代神天皇の神武天皇です。
玉依姫はこの時代の重要な人物なのです。その玉依姫を祀った神社に最初に神功皇后が立ち寄って祈ったことは意味があることとみられます。
そして、この付近は綿津見国と称していたのだろうか、というのが河村さんの見解。

kodaifukuokareport
2月末まで「道の駅むなかた」で開催されている『第3回むなかた干物まつり』。
干物に付いているキャラクター「ひものん」のシールを8枚集めると300円分のお買物券をGETできます。
20を超える加工出品者のこだわりの技で仕上がった、様々な干物が並ぶ売り場はうまさのパラダイス~!定番干物はもちろん、いりこ漁をやってる時期限定の「かたくちいわし」の干物や「ふぐ」の干物や味噌漬け、「あなごみりん」なんてのもあります。
水産・加工課係長の伊藤美幸さんにおすすめ情報を教えていただきました。
ちなみに、新発売の『大島産天然わかめ使用“わかめドレッシング”』は、あごたんの落ちるくらいの旨さでした~。

200202-002 200202-003

放送内容を聴く(MP3)

トップ