TOP < 個別記事

13回目は日田市で見つかった鉄鏡について
2019年12月29日

現在太宰府の国立博物館では三国志展を開催中ですが、同時に展示されているのが日田市で見つかった「金銀錯嵌珠竜文鉄鏡」という鏡です。
これは曹操の墓から見つかった鉄鏡と大変似ているということで話題になっている
鏡です。鏡の大きさは曹操の鏡と同じ21センチ、厚さもほぼ同じ2.5センチです。
鏡には龍の文様に金や銀が施されています。鏡の製作年代は曹操墓の鏡とほぼ同時代と見られるのです。
この鏡は曹操墓の鏡の鑑定に当たった中国の研究者が大変似ていると発言しています。
しかし、この日田の鏡の出土状況がよくわからない点が多々あるのです。
日田から見つかった鏡は昭和8年に京都大学の先生が古物商から買い、発見者にその時の状況を聞きに行ってレポートを発表したといわれます。
曹操墓から出た鏡は位の高い人の所持品だといわれます。一体どのような経路で日田へ持ち込まれたか謎です。
kodaifukuokareport
令和最初のお正月。宗像大社で初もうではいかがでしょう。
宗像大社・広報担当で権禰宜の黒神直豊さんは「新たな気持ちで神様に誓いを立ててください」と、笑顔でおっしゃいました。
お守りやお札もいろいろありますが、高宮斎場でいただける割符守もおすすめです。
ノンアルコール甘酒の御神酒や、縁起物が当たる福みくじも楽しみです。

191229-002 191229-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ