TOP < 個別記事

26回目はシーズン4の最終回となります。
2019年3月30日

190330-001
※写真は15号墳の発掘調査。溝の部分は土の色が変化しています
最終回は宗像市と福津市の世界遺産「神宿る島・宗像・沖ノ島と関連遺産群」の現状と今後について、担当者から話を伺いました。
注目される古墳がありました。それは関連遺産群の一つ新原・奴山古墳です。
ここでは15号墳と隣の19号墳の発掘調査が行われています。15号墳は円墳とみられてきましたが、墳丘の回りの溝の発掘調査で分かったのは溝が円形になっておらず、途中で切れているということです。
つまり、これは円墳ではなくひょっとすると前方後円墳ではないかと推定されることです。
古墳の序列からいきますと、円墳より前方後円墳の方が上となります。従って被葬者の身分も高くなるのでは、と考えられます。
今回がシーズン4の最終回です。次は10月からのシーズン5をお楽しみに。

kodaifukuokareport

 
福岡市東区の志賀海神社では、4月15日、春の「山ほめ祭」が行われます。
正しくは山誉種蒔漁猟祭=やまほめたねまきかりすなどりのまつり。
神功皇后がこの神事はたいそう面白いので「志賀の浜に打ち寄せる波が途絶えるまで伝えよ」と、おっしゃったお祭りなのですよ~。
志賀海神社の御祭神は海の神様・綿津見命。
ですが、「ああら、よい山、繁った山」と、山を誉めたたえるのです。さらに鹿を打ち、鯛の漁に出たところで君が代の歌詞も登場します。
お話して下さったのは、志賀海神社権禰宜の平沢憲子さん。
当日は、志賀島の産直市も開催されます。いちごや甘夏酒、志賀島地区の“ハレの日”食である鰆ごはんも登場します。

190330-002 190330-003

放送内容を聴く(MP3)

トップ