TOP < 個別記事

25回目は神功皇后の田油津姫討伐の後の足跡を神社から辿ります。
2019年3月23日

神功皇后伝承を歩くの著者、綾杉るなさんの話では神功皇后は田油津姫討伐の後佐賀へでています。
杵島郡石崎という所に古代の港がありここへ皇后軍が着岸したらしいということです。
ここには山惣という武内宿禰の居城があるとか。
ここでは大鷹・小鷹に占拠されていたため戦になったそうです。
この後、神功皇后は玉島川でアユ釣りで占いをし、見事アユを釣りあげることになります。
そして、糸島半島を巡幸することになります。
糸島市二丈にあるのが鎮懐石八幡宮。ここには神功皇后が新羅へ出兵するときに立ち寄り、石をふところにいれ出産が遅れることを祈願しています。
神社の近くにはこぶし大の石ころが今でもたくさんあります。
綾杉さんの話は今回はここで終わり、続きは10月からのシーズン5で、となります。
ご期待下さい。

kodaifukuokareport
「福岡県の古代をテーマにした観光VR映像」が完成、公開されています。
ぐるり360度が見えるバーチャルリアリティ映像は、「世界遺産を巡る旅」「アクティビティで楽しむ古代遺跡」など、5パターン。
いずれも3分弱なので、繰り返しかつ何度でも楽しみたい!担当した福岡県観光推進課の森薫子さんがおっしゃるとおり「写真や平面映像では伝わりづらい空気感も肌で感じることができる」楽しさです。
You Tubeで『福岡の古代ロマンを堪能』で検索するか福岡県の観光ウェブサイト『クロスロード福岡』からだと、自分のスマートフォンやタブレットから、いつでもどこでも楽しめます。
また、県庁最上階の「ふくおかよかもん広場」や宗像市の「海の道むなかた館」では、ゴーグル付きで、より没入感いっぱいの映像体験ができますよ~。

190323-002 190323-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ