TOP < 個別記事

24回目は神功皇后の足跡を辿ります。
2019年3月16日

今週は「神功皇后の謎を解く」の著者、河村哲夫さんの話です。
神功皇后は秋月を拠点にした羽白熊鷲を討伐し、宝満川を下り、こんどは田油津姫を討伐に行きます。
田油津姫はみやま市の女山を拠点にしていました。神功皇后一行は宝満川から筑後川へ出てさらに南下して矢部川へ出ます。そして鷹尾神社付近に拠点を設け本格的な軍事行動を開始します。
そして、女山付近で田油津姫を討伐。伝承では蜘蛛塚が田油津姫の墓だといわれているそうです。
この後佐賀駅の裏にある堀江神社付近に上陸し、今度は嘉瀬川を上っていきます。
そして途中から玉島川を下り唐津の方へとぬけていきます。
その後は呼子まで行って香椎宮へと引き返すのです。
kodaifukuokareport
3月23日(土)に、調査状況の現地説明会が行われる「新原奴山古墳群15号墳」について、福津市文化財課史跡整備係長・井浦一さんに伺ってきました。
保存・修理のため、古墳の正確な規模や形状を調査する中で、今残っている20m弱の円墳状の大きさよりふた回りくらい大きい25m位の大きさだった可能性があるそうです。
そして…15号墳は円墳じゃなく前方後円墳の可能性が!周溝の周りかたや出土の埴輪…。詳しくは放送内容を聞くか、現地説明会へ!問合せは、福津市文化財課まで。

190316-002 190316-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ