TOP < 個別記事

16回目は沖の島遙拝についてお送りします。
2019年1月19日

190119-001

神宿る島・宗像沖の島とその関連遺産群は世界文化遺産に登録されましたが、その時評価されたのが古代から現代に続く信仰でした。
その遙拝を調べてみました。
実は、沖の島を遙拝する信仰が残っているのは、漁師さんの世界ばかりでなく、農村にもあるのです。
その内の一つが福津市手光(てびか)というところに残る「沖の島ごもり」又は「万年願」ともいうものです。
ここでは、毎年5月の田植え前に苗代ごもりという行事と共に沖の島を祈る「沖の島ごもり」が行われています。
場所は手光公民館の目の前にある須賀神社の境内です。
ここから沖の島の方向を向いて祭壇を作り、神職に祝詞(のりと)をあげてもらいながら沖の島をひたすら祈るのです。
この沖の島ごもりが行われるようになったのは明治時代、赤痢が大流行して手光地区の人たちも大きな被害が出ました。このことから沖の島の遙拝が始まったそうです。
そして、その場所は戦前までは沖の島が見える竹の山で行われていました。
しかし、残念ながら今ではその場所は全く分からなくなっていました。
そこで、昨年12月地元の人21名でその場所探しが行われたのでした。
果たして、その場所は分かったんでしょうか...

kodaifukuokareport
「海の道むなかた館」では、2月17日まで特別展「漫画×考古学『宗像教授帰省録』」が開催されています。
星野之宣さんが描いた伝奇ミステリー漫画「宗像教授シリーズ」に登場する考古学的な遺物と宗像市で出た遺物をコラボレーションさせて、先生の漫画を背景にして、その前に本物がある…というのがコンセプトになっています。
宗像だけでなく北九州市や八女市からの出土品との組み合わせもあって、どれもおもしろい!
「先生の原画を間近に見られるチャンスでもありますよ」と、案内してくださった宗像市郷土文化課の坂本雄介さんがおっしゃってました。

190119-002 190119-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ