TOP < 個別記事

9回目は神功皇后に関連する神社を紹介していきます。
2018年12月1日

神功皇后と夫の仲哀天皇は下関から香椎へとやってきます。そして、香椎宮を拠点とするのです。ところが、ここで仲哀天皇が急死してしまいます。
仲哀天皇の死については、「新羅を攻めよ」という、神がかりした神功皇后のおつげを聞かなかったために亡くなったのだ、という説と敵の矢に当たって亡くなったという説があります。
各地の神社に残る伝承も様々です。そこで今週は神功皇后の伝承が残る神社を尋ねます。
まず、紹介するのは敵の矢に当たって亡くなったという伝承のある小郡市の御勢大霊石神社から。
ここの神社の拝殿の前には御本体所という仲哀天皇の剣と衣を納めたという場所があります。
話は「神功皇后伝承を歩く」の著者、綾杉るなさんに伺っています。
綾杉さんの話では矢を射られた敵は熊襲ではなく、熊鷲ではなかったかということです。

kodaifukuokareport
朝倉エリアで最近注目を集める伝統食「蒸し雑煮」。
地域全戸ではありませんが、朝倉のお正月のお雑煮は「餅入りの茶わん蒸し」なんだそう。しかも丼サイズ。
蒸し雑煮誕生の背景には、享保の大飢饉や福岡藩の長崎警備任務などがあると、朝倉市役所観光振興係長・隈部敏明さんが教えてくれました。
今年は21の飲食店が通年、または期間限定で提供していて、お出かけ時に食べられますし、お土産用のレトルト「蒸し雑煮」も朝倉市観光協会ほとめき館などで販売しています。

181201-002
放送内容を聴く(MP3)

トップ