TOP < 個別記事

6回目も奴国の中心地春日市を歩きます。
2018年11月10日

181110-001

※写真は王墓の上石
奴国の丘歴史資料館の展示館を出ますとすぐ横の小高い丘は歴史公園になっています。
歴史公園にはすぐ近くにある王墓の上石が置いてあります。
この王墓の甕棺墓からは30面の中国の前漢鏡や銅剣、銅矛、銅戈などが出土しています。
ここに眠っていたのは、志賀の島から見つかった金印~漢の倭の那の国王~の王よりも50年ほど前の王だとか。
ふた石は重さが4トンもある重いものです。
ここには甕棺が発掘当時のまま展示してある二つのドームがあります。
王墓はここから歩いて5分程北へ行ったところにあります。
王墓の近くにはあちこち空き地がありますが、これが王族の方の王墓があるところだとか。そのほんの先には武器などを作った巨大工場があった場所があります。
この辺を歩くだけでも古代都市奴国を実感できます。

kodaifukuokareport
奴国の真ん中、春日市須玖交差点に『奴国の友』『弥生の輪』という表示が!これは古代史ファンとしては見逃せない。
そこは「うさぎや」という菓子処。実は、12年前と11年前に、須玖小学校の4年生たちが総合学習で取り組んだ結果生まれたお菓子なんです。
地域の事を学び、自分達のクラスのことを考え抜いて、中身、パッケージ、しおり、ネーミングなど、子供達全員で参加して作ったそうです。
「うさぎや」のご主人と先生方も全力で取り組んでの完成から12年、今も作り続ける理由は「子供達の成人式までは作る!」と、ご主人の宮崎忠義さん。
背景には教育への深い思いがありました。
通年販売の黒餡とチョコレートを挟んだ創作もなか『奴国の友』に加え、これから気温が下がると、『弥生の輪』と『ふれあいの丘』のシーズンに入ります。

181110-002 181110-003
放送内容を聴く(MP3)

トップ