TOP < 個別記事

4回目は那珂川市のとどろきの岡、安徳台を歩きます。
2018年10月27日

とどろきの岡、安徳台は9万年前の阿蘇の大噴火の灰が積もってできた台地であるということでした。広さは福岡ドームの1.5倍もある台地です。
人は住んでいません。みかん畑が一面に広がっています。
ここには弥生時代のものから室町時代のものまで埋もれているそうです。
弥生時代のものとしては甕棺が10基出土しています。
中でも注目されるのは男女の甕棺。女性の甕棺の被葬者は年令が20代、身長が157センチ、男性の被葬者は50代で身長は167センチ、右腕に43個のゴホウラ貝をつけていました。
ゴホウラ貝は南洋の海でしかとれない貴重な貝です。ですから、当時すでに南方の地域との交流があったのではないかと見られています。
そして、歴史ガイドボランティアなかがわの白水さんの話では、その貝はひょっとすると呪力を高めるためのものだったのではないかと考えれば、ここは昔から神と交信する場所であったのではないだろうか。
そうすれば神功皇后が岩を砕くために神に祈った場所として納得いく、ということでした。

kodaifukuokareport
那珂川市の「裂田溝ライトアップ」が、11月7日(土)に行われます。
全長5.5kmのうち、山田区伏見神社~安徳区カワセミ公園までの1.5kmが、竹灯籠に紙灯籠、さらにイルミネーションやオブジェなどで彩られます。
8回目を迎えるこの催し、新旧住民や地元企業、市内の小中学生の参加で支えられ、広がっているのです。
史跡でありながら現役の灌漑用水路である裂田溝を催しに活かすことに動いた地元の方々の思い、ライトアップがあるからこそ育まれる地元の歴史への理解などについても、実行委員長の岩崎愈さん、那珂川市教育文化振興財団文化振興課の松永克代子さんに伺いました。
ライトアップの詳細はミリカローデン那珂川(092-954-2211)にお問い合わせください。

181027-002
放送内容を聴く(MP3)

トップ