TOP < 個別記事

2回目も那珂川市を歩きます
2018年10月13日

シーズン4は奴国から歩いています。2回目は那珂川市の伏見神社へやってきました。
神社の横を那珂川が流れています。
この神社はナマズと関係の深い神社です。ここにも神功皇后伝説が残っていました。
神功皇后は新羅に出兵しますが、その時皇后の船を助けたのがナマズだといわれます。
このためこの地域ではナマズは一切食べなかったといわれます。
そこで、神社の近くにある池ではナマズが繁殖し、戦後近くを通りかかった米軍の兵士がこれをバーベキューして腹を太らせたという話が残っていました。
また、神社の境内の銀杏の古木には、凱旋貝といわれるこれも神功皇后朝鮮出兵の折皇后の船を助けたという二枚貝が入っていました。
神功皇后ゆかりの神社にある古木には何故か不思議なことに二枚貝がいるのです。

kodaifukuokareport
嘉穂郡桂川町の装飾古墳「王塚古墳」の秋の公開が10月21・22日に行われます。
「装飾古墳として国の特別史跡になっているのは奈良の高松塚古墳とキトラ古墳、そして王塚古墳の三つだけです」。
また「保存上、暗いのですが、5つの色、そして馬や人、なじみのない文様をを見てください」と、桂川町文化財振興係学芸員の長安慧さん。
先に王塚装飾古墳館で予習しておいた方がよさそうです。
また、結構待ち時間があるそうですが、その間は桂川町のみなさんがおもてなしをしてくださる「王塚古墳まつり」で楽しみましょう。
今年新登場の企画として、王塚古墳に描かれた文様を模した素焼きのおはじきに色つけをする体験なども準備されています。
いろんな古代体験や弥生猪がゆなども提供される予定です。
桂川町役場企画広報課の八児卓さんが笑顔で教えてくださいました。

181013-002 181013-003
王塚古墳 → http://www.town.keisen.fukuoka.jp/ouzuka/index.html

放送内容を聴く(MP3)

トップ